topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こんなにはっきりしたのははじめてだ」 - 2005.11.28 Mon

魔法薬学の授業中、スネイプを尋ねてきたカルカロフ。興奮した様子で「話がある」と言い出します。「授業が終わってから話そう」というスネイプに「いま話したい。セブルス、君が逃げられないときに。君はわたしを避け続けている」と続けます。そして、アルマジロの胆汁を拭き取るふりをして隠れているハリーには気付かず、腕をスネイプに見せるのでした。(4巻27章p.244~245)

授業中に押しかけてくるとは、カルカロフの様子も相当切迫しているようです。
クリスマスの時に不安そうにスネイプに相談していたカルカロフ。今回は少なくとも3月にはなっているので(4巻27章p.232参照)その間2ヶ月あまりの間、ずっとスネイプに避けられていたのかもしれません。
クリスマスの時点で、この数ヶ月の間にはっきりしてきたという何か(闇の印と思われますが)。ここにきてさらにはっきりしたようで、「こんなにはっきりしたのははじめてだ。」と言っています。少しずつ鮮明になってきた闇の印が急に濃くなり、居ても立ってもいられず、授業中に飛び込んできたのでしょう。
カルカロフが言っているように、スネイプ先生も気付いていたと思います。
カルカロフは神経質に度々腕の印を確認していそうです。スネイプ先生も着替えるときなど(灰色の寝巻きに!)ちらっと見ていたのではないでしょうか。表情ひとつ変えずに。

スネイプ先生はこの授業で真実薬を持ち出してまで、ハリーが研究室に忍び込んだか確認しようとしています。堂々と嘘をつくハリーが憎いだけのようにも見えるし、教育者として盗みを咎めているようにも見えるし、研究室に何かを隠していて神経質になっているようにも見えます。確かに、鰓昆布を盗まれて、その直後の第二の課題で、ハリーが使用している動かぬ証拠を見たからには、白状させてやろうと意気込んでもおかしくありません。
でも、闇の印がはっきりしてきてヴォルデモートの復活が疑われるこの時期のことです。私は、夜中に出歩くハリーの身の安全にスネイプ先生が危機感を持っているのではないかと考えました。
階段でムーディと対峙した時の「ポッターがまた夜遅く徘徊しているなら、(中略)やめさせなければならんと思っただけだ。あの子の、あの子自身の――安全のためにだ」(4巻25章p.178)という言葉そのままに。
だから、闇の印がいつになくはっきり浮かびあがった直後の授業に、真実薬を持ち出したのではないでしょうか。研究室に侵入者があった直後(1月半ば頃?)ではなく。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/76-87a68527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

七年生より多くの呪い  «  | BLOG TOP |  » 真実薬 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。