topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルシッサへの態度 - 2006.06.11 Sun

6巻では、色々スネイプ先生の新しい面を見ることができて、何かと興味深かったのですが、2章ではなんといっても、プライベートな時間を大人の女性と過ごす場面に興奮させられました。会話の内容はまたじっくり考えるとして、女性の扱いというか、ナルシッサへの態度で気になったことを並べてみます。とりとめなく。

川辺に姿現しによって出現し、その後スピナーズエンドのスネイプ先生の家にまっすぐ向かうナルシッサ。ベラトリックスは「あいつは、ここに住んでいるのかい?」「我々のような身分の者で、こんなところに足を踏み入れるのは、私達が最初だろうよ」(6巻2章p.33)と言っています。まるで二人で初めてきたかのような口ぶりです。
しかし、何の迷いもなく突き進んでいるナルシッサは、既に何度かこの家を訪れたことがあるよう見受けられます。姿現しにしても、その場所を強く念じる必要があるようですが、地名だけでいいのでしょうか。やはり場所のイメージが必要な気がしますが(だとすると、初めて来たと思われるベラトリックスの説明がつきません。ナルシッサ自身を思い浮かべて追ってくることができるのかどうか…)
ルシウスが投獄される以前に夫婦で来たことがあったのでしょうか。
いえ、それよりずっと以前、スネイプ先生が死喰い人だった時代に来たことがあったのかもしれないと思いました。
今まで、あまり深くナルシッサのことを考えたことがなく、人物像が定まりません。ナルシッサとスネイプ先生は、ルシウスを介してだと思いますが、結構親しかったのでしょうか。ドラコへの贔屓も、気になりながらも放置してきてしまいましたが、マルフォイ一家とのかかわりが気になるところです。

この時の訪問時間ですが、2章最初の霧の描写から、1章でマグル首相と魔法省大臣が会っている時とほぼ同じ頃と考えると、真夜中の12時頃になります。
こんな時間の訪問者、戸を叩かれて、わずかにでもドアを開けるスネイプ先生が、無防備で心配です。寝巻き姿ではなかったようですが。
ナルシッサの姿を認めるとさらにわずかですが、ドアを広く開けたスネイプ先生。「これはなんと驚きましたな!」(6巻2章p.36)と言っています。ここは、原文は‘What a pleasant surprise!’(UK版p.28)となっていて、「ようこそ!」のように歓迎の意味が込められていると思われます。実際歓迎しているかどうかはともかく。
また、ナルシッサにソファを勧めたり、慇懃な物言いをしたり、女性に対する最低限のマナーは持ち合わせているよう感じました。でも、それ以上のものは感じ取れませんでした。
そして、胸元にしがみつく両手の手首をつかんだり、床にくず折れたナルシッサの腕をつかんで立たせソファに誘ったり、右手を握り合ったり、結構触れ合っているのが大変気になるところです(汗)
ただ、手首や腕を「つかむ」という表現は色気がないです。ちょっと物のような扱いとも感じます。必死の思いで縋るナルシッサから意識的に距離をとろうとしているのでしょうか。慰めるという動作には見えません。そういう感情は持ち合わせないのでしょうか。

「涙が見苦しいものであるかのように、ナルシッサの泣き顔から目を背けていた」(6巻2章p.53)というのも気になるところです。しばらく目を背けたまま話しています。女性の涙に弱いようにも見えます。
でも、私としては、ここは「泣く母」の図に弱いのではないかと考えたいところです。子どもにとっては母の涙ほど辛いものはないかと思うのですが、アイリーンの涙を思い出すから目を背けたのかと(妄想です)

2章のスネイプ先生は、普段より一層、何を考えているのかわからない印象が強かったのですが、この部分と、握り合った手をぴくりと動かした瞬間だけ、わずかに本心が見えたように思いました。
あ、あと、ベラトリックスへの苛立ちも本心か。

● COMMENT ●

策略で破れぬ誓いを結ばないでしょう

 ズバリ言いますが、ドラコはスネイプの息子でしょうね。2巻396ページのドラコに対する態度をはじめ、単純に策略でドラコを持ち上げてはいませんから。
 スネイプは、ドラコの生命を守るためにダンブルドアを殺したのだと思います。それにしても、それでもダンブルドアはスネイプを信じて死んでいった訳ですから、ダンブルドアって、やはり大人物ですね。

息子

たこぽんさん、コメントありがとうございます。
>ドラコはスネイプの息子
そういう考えもあるかもしれませんね。私は何か策略がある気がします。

ナルシッサへの態度

こんばんわ。

>ここは「泣く母」の図に弱いのではないかと考えたいところです。

私も、二尋さんと同じ意見です。5巻でのスネイプ先生の幼い頃の記憶も考えても、母を思い出すからではないのでしょうか。その時のなにかつらい記憶と一緒に。

ナルシッサの「セブルス、ここに来てはいけないことはわかっていますわ。」の台詞に、思わずルシウスに隠れて不倫をしていたのか!と(←昼ドラの見すぎかもしれません)と反応してしまいましたが(笑)、ルシウスとの関係から察するに、ナルシッサとはある程度交流があったのかもしれませんね。どの程度かはわかりませんが、ルシウスに自宅に招かれたりしたことがあったのではないでしょうか。ルシウスのことは、指揮を執るはずだったとスネイプ先生が言っているので、死喰い人のなかではかなり重要なポストのようでした。ダンブルドア先生側だとしたら、ヴォルが復活した時にスパイをする事に備えてルシウスの信頼を得るようにしていたのではと思います。ヴォルの信頼を得やすいように。また、動きがあるとすればルシウスが中心になると思い、マルフォイ家を注視していたのかもしれません。

「ドアを閉めながら、唇の薄いスネイプの口元に嘲るような笑いが」とありますが、ベラのことはあまりお気に召さない様子です。ヴォル側なら、自分を疑っているからなのか、たいしてヴォルの役に立っていないからなのか、ダンブルドア先生側なら、ヴォルに心酔し、ヴォルの恐怖に縛られ、骨の髄まで死喰い人のベラに何かよくない感情があるからなのでしょうか。

「その暗い目は、自分の手をつかんだままのナルシッサの涙に濡れた青い目を見据えていた。」の部分ですが、開心術でもつかっていたのでしょうか。(スネイプの手がナルシッサの手の中でピクリと動いたが、手を引っ込めはしなかった)の部分も、とても気になります。このピクリと動いた手が本心が思わず出た結果だとしたら、ダンブルドア先生側ではと望みをかけてしまいます。もし、ヴォル側なら、ダンブルドア先生を倒すというのはかなり難しいことなので、一瞬、怖気づきそうになったというところかもしれませんが、でも、ヴォル側なら別に、ピクリとならないとなんとなく思ってしまいます。死喰い人の中で最大の栄誉を得られるチャンスのはずですし。

2章はかなり重要なところだと思います。ハリー・ポッターシリーズを通して、ハリー視点で書かれていないところはわずかしかありませんし。
二尋さんの会話の内容の考察、楽しみにしております。


昼ドラ

ゆきのさん、コメントありがとうございます。

>隠れて不倫
本当!言われてみれば、まるでそんな感じのセリフで可笑しいですね。終始、ちょっと大人の雰囲気があってドキドキしてはいましたが。

ベラとは相性悪そうです(笑)
嘲るような笑い、とのことですから、ベラに見せるように笑っているのですよね?実際はどちら側かわかりませんが、ここはあくまでヴォル側として優位に立とうとしているような気がします。

先生が目を見据えるというと、開心術に思えますね。だとすると、破れぬ誓いの内容を読んでいたのでしょうか?

>ピクリと動いた手が本心が思わず出た結果だとしたら、ダンブルドア先生側ではと望みをかけてしまいます。
私もそう思いたいです。いずれにしても、一瞬の躊躇があったのですよね。

年齢

こんにちは、初めて書き込みいたします。スネイプ先生大好きです(リックマン氏の影響大です)
こちらは偶然見つけたサイトなのですが、二尋さんの鋭い考察に一気に魅かれ、半日かけて全部読ませていただき、それから、ちょこちょこのぞかせていただいてます。

さて、Lexiconをチェックしてきましたら、ルシウスはたぶん1954年ナルシッサは1955年生まれ、とのことです。ということは、年上で、ホグワーツ在籍時に少しかぶっているのですね。もちろんスリザリンで。当時、スネイプ先生が混血であることで彼らに軽蔑されないよう、純血を強調していたようですが、実際、ばれていたのかいなかったのか、どうなんでしょう。ドラコがスネイプ先生を慕っているのは、混血と知らないからだと思うので。(でも、誰が純血家柄出身者かそうでないか、を熟知していそうなものですが。)

混血

千穂さん、はじめまして。
半日で全部読まれたというのは、5巻までの記事全部を含めてということでしょうか。ありがとうございます!
ルシウスとナルシッサの年齢は、ブラック家の家系図に載っていたものですか。一度見た気がするのですが、どこで見たか分からなくなってしまって(汗)Lexiconにあったのですね。教えてくださってありがとうございます。
先生の生まれを1960年とするとナルシッサは5歳年上で、先生が1年生の時に6年生ということですね。2章のナルシッサ、先輩としての威厳はありませんでしたね。
>スネイプ先生が混血であることで彼らに軽蔑されないよう、純血を強調していたようですが
先生が当時、純血を強調していた場面ってどこかにあったでしょうか。よく覚えていないのですが(汗)6巻30章p.483でハリーが言ったセリフでしょうか。
ブラックの家系図に現スリザリン寮生の先祖または親戚と思われる名がいくつかありましたが、苗字だけで、純血の家系かそうでないか、わかりそうですよね。ルシウスは知っていたような気もします。
そもそもヴォルデモートが混血だということを死喰い人は知っているのでしたっけ?知っていたら、混血を軽んじることはできないですよね。スネイプ先生がどんな気持ちでルシウス達純血を付き合っていたのか、考えると辛いです。

コメントありがとうございました。またぜひ、いらしてくださいね。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

純血を強調というのは
「6巻30章p.483でハリーが言ったセリフ」と、「5巻28章p.357のリリーへのセリフ」や、現在スリザリンの寮監をしていても、親御さん、子息たちに疑問に思われない様子から推量しただけなので、根拠がなくて申し訳ありません・・・

純血でなくともスリザリンには入れますが、快く思わない家庭もあるのではないかと。スリザリン出身者の教師自体いないから文句のつけようもないのか。マルフォイ一家が容認(?)していることを非難してはいけない土壌ができあがっているのか・・・
ルシウスとの関係では、5巻24章p.162では、シリウスに、ルシウスのペット犬と言われてますね・・・。

「5巻28章p.357のリリーへのセリフ」は、てれ隠し(かばってもらって嬉しいという気持ちを出すまい)でもあったでしょうし、父親への憎悪もあったでしょう(別の日の二尋さんの考察に同感)

長くなりました、失礼します。

臆病者

こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。
二尋さんと皆さんの考察を読んで感心する事しきりです。私は、目を見据えているのは開心術では、ということや、「母の涙」に弱いのでは、などということは全く思い付きませんでした。
「きゃー、ナルシッサと手を取り見つめあってる!彼女は人妻ですよ!」とミーハーに興奮しまくり、挙句の果てには「スネイプ先生も美女の涙には弱いんだなあ」などとのんきな感想を抱いておりました。恥ずかしい。

誓いの最後に手がピクリと動いた、というのも、単純に、スネイプ先生が臆病だからじゃないのかと思ってました。
「臆病者」呼ばわりに対する反応から、「実際臆病なんじゃないの?この時逃げ出したいほど怖かったんじゃないの?」と考えて誓いの場面を読み返すと涙無しには読めません。ただの妄想ですが。

てれ隠し

千穂さん、再度コメントいただきありがとうございます。

スリザリン寮に振り分けられる純血の家系では、やはり純血を重んじる傾向があるようですよね。その中で尊敬を保ち続けるのには、純血だと思われる必要があったのでしょうか。もしそうだとしたら、どんな気持ちで純血を強調していたのでしょう。切ないです。
>ペット犬
ルシウスとの主従関係を表しているような印象です。少なくともシリウスの目にはそう映ったということなんですよね。立場が弱かったのでしょうか、先生。
>かばってもらって嬉しい
そういう照れの気持ちがあったとしたら、私は嬉しいです。とても少年らしくて。心底マグルを憎む気持ちからだと、冷え冷えした言葉になりますが。
人の情に心を動かされる少年時代であって欲しいと願っています。

臆病

はるさん、初書き込みありがとうございます。

>人妻
これは、私も思いました。あまりにもメロドラマチックで、興奮しますよね!美女の涙に弱い先生、かわいいです。
>臆病者
本当に臆病だからこそ、臆病者呼ばわりに激昂したとも思えます。そうじゃなかったら聞き流してもいいはずです。そういう視点で誓いの場面は読んでいませんでしたが。命を懸けるのが怖くなって、それでも手を引っ込めなかったとしたら・・・臆病を上回る強い意志を感じます。
>ただの妄想
考察と妄想の境界って曖昧だと思います。「母の涙」だって十分妄想のような気がしています(汗)
むしろ、妄想だと思って読んでいただいた方がいいと思い、タイトル下の説明文から「考察」の文字を抜きました。
コメントありがとうございました。またぜひ、いらしてくださいね。

遅まきながら

お久しぶりです(ご記憶でしょうか…)、鬼百合と申します。
二章は色々と気になることが多かったですが、二尋さんはやはり細かいところまで見ていらっしゃるのだな、と驚きながら読んでいました。

「我々のような身分の者で、こんなところに足を踏み入れるのは、私達が最初だろうよ」>
この台詞、読んでいて私は別の意味でひっかかったのですが…。
二人のような身分の者で(というのは身分が高いということだと思いますが)足を踏み入れるのはベラトリックスとナルシッサが「最初だろうよ」とベラトリックスは言っているわけなので、身分が高いにもかかわらずこんなところに住んでいるセブルスを嘲笑しているのか、それとも(セブルスが混血だと知った上で)混血が住めるのはせいぜいこれくらいのところだと言っているのか……と思ったのです。
ナルシッサとベラトリックスがどうやって来られたのかまでは全くアタマが回らぬ始末でした。
しかしやはり、ナルシッサは何度も来ているような印象を受けます。あれだけすいすい進むことは、やはり実際に訪れたことがないと不可能だと思います。
ベラトリックスの方は妹に「開心術」をかけて風景を覚え、その風景に向かって「姿現し」した可能性もあると思いました。

‘What a pleasant surprise!’>
辞書を引いてみたら「pleasant」は「楽しい、愉快な、気持ちのよい、快適な」という意味があるようなので、やはりただ単に「驚き」だけを表すのではないようです。

涙が見苦しいものであるかのように>
さして注目していた表現ではなかったのですが、な、なるほど、母の涙に弱い…!
私は自分がよく泣く子どもだったのを嫌悪していて、涙そのものが嫌いだったのかなあと思っていましたが、母の涙説はプッシュしたいところです。

このへんで失礼します。
長くなってしまい申し訳ありませんでした;;

こんなところ

鬼百合さん、こんにちは。もちろん、覚えていますとも!

>身分が高いにもかかわらずこんなところに住んでいるセブルスを嘲笑しているのか、それとも(セブルスが混血だと知った上で)混血が住めるのはせいぜいこれくらいのところだと言っているのか…
ああ、この点に関して私は何も触れていなかったですね!前者の「嘲笑」のように感じていましたが、そこから踏み込んでは考えていませんでした。
『こんなところに住む』スネイプ先生をベラトリックス達はどう思っているのか、気になってきました。

>「開心術」をかけて風景を覚え、その風景に向かって「姿現し」
なるほど、自分で実際見ていなくても開心術で見た風景に向かって「姿現し」できるかもしれないということですね。「姿現し」もよく考えるとその仕組みが難しそう。一度行ったことがある場所でも、風景が変わってしまったら行けなくなるのか、とか考えるときりがありませんね。

>母の涙説
どうも私の中のスネイプ先生は、少しマザコン傾向があるようです(笑)

長文大歓迎です~。またいらしてくださいね。

教師らしさ

今晩は。KUMORIです。
6巻の携帯版をかいました。改めて、スネイプ教授カッコいいな~と一人にやけて読んでます(←危ない…)
6巻は副題もありますが、スネイプ教授が沢山活躍するのと、魔法省の影が薄いのでお気に入りの巻のひとつです。

スピナーズ・エンドのこのシーン…。以前にも書かせて頂きましたが。このシーンでスネイプ教授にぞっこんになりました。今回、じっくりと読んで、「うわ~、根っからの教師だな~」と改めて感心しました。なんだか、姉妹喧嘩を諌める教師、みたいで。結構、スリザリンにも容赦ないな、という印象を受けたのもここでした(それまではハリーと同様、スリザリン贔屓だとおもってたんで…^^;)。意外にスネイプ教授って説教好きというか、ちゃんと聞くと諭しているな、と思いました。こう考えてみると、マクゴナガル教授以上に、ある意味公平な教師だったかもしれません。

と、結構過去の記事にコメントさせて頂きました。大丈夫かな、とちょっとドキドキしてます。ごめんなさい(>_<)。

再読

KUMORIさん、コメントありがとうございます!
どんな古い記事でも、コメント大歓迎です。
ただ、7巻を読む前に書いた文章は、今ではだいぶ考え方の違ってしまったものもあり、私自身「?」と思うものもありますが、それを踏まえてお返事しますね。


さて、このシーン、当時の私はあまり「教師らしさ」を感じないまま通り過ぎて行った気がします。
コメントをいただいたことで、あらためて読み返すと論理的に冷静に話を進め、まとめていくところがなるほど教師らしいな、と思いました。十数年の教師生活で培われた部分と持って生まれた才能の両方からでしょうか。

>結構、スリザリンにも容赦ないな、という印象
私は死喰い人に容赦ないな、という印象を持ちました。
今となっては死喰い人側ではなかったことが明らかですが、ヴォルデモートからは重宝がられている割に、死喰い人からは信用されていないのも気になります。やっかみもあるとは思いますが、スネイプ先生も死喰い人に対して媚びるところがなかったのだろうな、思っています。そこがなんともかっこいいです。

この、ナルシッサのヴォルデモートに対する裏切りとも言える行動が、ワームテールに知られないよう何気なく配慮しているところもすごく好きです。
本当にスネイプ先生、素敵♪
 
コメントをいただいたおかげで、読み返して新鮮な気持ちになりました。
ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/7-588ec361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワームテールと同居 «  | BLOG TOP |  » スピナーズ・エンド

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。