topimage

2017-05

「いつもと変わりない」 再考  - 2005.10.22 Sat

今までスネイプ先生の各場面での行動や思考、感情などについて考えてきました。スネイプ先生の本心を知るのは原作者のローリングさんしかいませんから、謎に満ちたスネイプ先生の言動の解釈も人それぞれなのは当然ですが、私自身の考えがまとまらないことが何度かありました。
色々な選択肢があるとした上で、自分はこう思うという意見が書ける時と、どれなのか自分でもよくわからない時とがあるのです。
「いつもと変わりない」と言ったのも、どういうつもりなのかわかりませんでした。

私が書いたものに対していただいたコメントなどからもう一度考えてみたところ、今の時点での考えがまとまりました。
前回は「いつもと変わりない」との発言が、ハーマイオニーを傷つけることを目的としたのか、マルフォイを庇うつもりでいったのか決めかねていました。
今は、後者の方に意見が固まっています。
以下はkmyさんのサイトの記事「4巻再読 スネイプ先生とハーマイオニー」に投稿したものに少し手を加えたものです。

今回、私はあくまで「加害者はハリーであるとしたかった」のではないかと考えました。
ハリーとマルフォイの諍いを遠巻きに見ていた生徒達は皆目撃者です。そして被害者が二人。ここでハーマイオニーの被害を認めれば、マルフォイも罰しなければなりません。なのでハーマイオニーは被害を受けていないという意味で「いつもと変わりがない」と言ったのではないかと思います。
そもそも始めにマルフォイに説明させた時点で、ハリーのみを減点する方向に持っていこうと考えていたと思います。目撃者の前でハリーだけを責めるにはマルフォイの呪いは見て見ぬ振りをするしかないかと思うのです。
結果的にハーマイオニーは傷ついてしまいましたが、そこを狙ってはいないと思います。
ただ、マルフォイを庇うつもりで言った言葉がハーマイオニーを傷つけてしまい、その結果ハリーが先生を罵ったことで、減点するチャンスができたのは大喜びだったに違いないありません。呪いをかけたことに対してではなく、先生を罵ったことに対して減点することで、さらにマルフォイの無関係を強調できたのですから。

依然、ハーマイオニーに対する気持ちはわからないままですが、今回はあまりハーマイオニーは眼中になかったかな、と思います。

コメントを下さった方々、どうもありがとうございました。

● COMMENT ●

はじめまして

はじめまして。ビンと申します。
スネイプ先生愛に溢れる二尋さんのブログを拝見できて幸せです!

いきなり昔の記事にコメントをして申し訳ありません(汗)
かなり時間が経っているので、今はこの記事とは違う意見を
持っていらっしゃるかもしれませんが…


私はこの巻を初めて読んだ時点ですでにスネイプ先生ファンでした。
そのせいか、この「いつもと変わりない」発言はナチュラルに
『ハーマイオニーを庇うため』のものと思っていました。

この場面で「どうしたグレンジャー、その歯は!」などと言えば逆に
他の生徒の好奇の的になってしてしまう。それはハーマイオニーも望んでいない。
なので他の生徒たちに騒ぐなという意味で、ハーマイオニーには落ち着けという意味で「いつもと変わりない」と冷たく(冷静に)言ったのかな、と。
医務室に行くのを黙認もしていたし。
だが不器用ゆえに言葉選びが悪かった…

私の中でこの場面のスネイプ先生はこんなイメージです。
良いように考えすぎでしょうか(笑)
長文失礼しました!



Re: はじめまして

ビンさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

おお!随分昔の記事にコメントくださいましたね!
自分でも何を書いたのか忘れていて、まるで他人が書いた文章を読むように読み返しました。
そして、自分の書いた文章に納得してしまいました!!

これを書いてからもう9年も経ったのですね。
この間私は、色々な状態を通ってきました。
スネイプ先生を正当化してすごく弁護したり、逆にちょっと厳しい目で見たり、夢を見たり現実を見たり。
まだまだ変化の途中にありますが、現時点では、出来る限り正確な目で見たいと思っているので、かつて書いたことに納得できます(他人事みたいですね)
でも、ビンさんのおっしゃることもすごくよくわかります!
スリザリン生の好奇の目から逃れるように歯を隠すハーマイオニーに、更に注目を集めないようにする配慮、素敵です。
「ハーマイオニーに冷たい目を向けた」という表現もハリーの目を通して見るからで、冷静にしようと努めていたのかもしれないし、どんな状態かよく見ようと目を細めただけだったとか、咄嗟に状況を読んでいるとか、なんとでも考えられますよね。
スネイプ先生は未熟な部分が多々見られる男性ですが、「人間としてどうなの?」というところは無い、と私も思っています(思いたいです)

返信ありがとうございます!

成程。昔と考えが変わったところや
反対に揺るがない部分などありますよね。
二尋さんのブログでは長い年月をかけたスネイプ先生への
想い、考察を伺えるのがとても魅力的だと思います!

私のスネイプ先生像も聞いてくださってありがとうございました!
失礼します~

>ビンさん

こちあこそ、再度コメントありがとうございます。
長い年月がいつのまにか経っていて、考えが変わったりまた戻ったりぐるぐるしています。
揺るがないのは、スネイプ先生のことが大好きだということ。
変わったのは、カッコ良くなくても良い人でなくても愛せる、というところでしょうか。

同じようにスネイプ先生を愛している方でもスネイプ先生像はさまざまあるということを最近また実感しました。
色々なスネイプ先生像を伺うことは私の大きな楽しみの一つです。聞かせてくださってありがとうございました!
また良かったらいらしてくださいね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/66-c3c0aba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寝巻きとこめかみ  «  | BLOG TOP |  » ホグワーツに残る

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード