topimage

2017-08

大鍋 - 2013.04.10 Wed

ハリー・ポッターに出てくる大鍋(cauldron)って一体どれくらいの大きさなのでしょうか。
『大鍋』と日本語で書いても大きいとは限らないでしょうが、私は大きな鍋を想像していました。

日本語版のハリー・ポッターの表紙や扉絵を描いている方はイギリス人ですが、cauldronはかなり大きく描いています。
4915512576ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング J. K. Rowling
静山社 2006-05

by G-Tools
6巻上巻表紙の大鍋をかき混ぜるハーマイオニー(?)

和式の浴槽くらいありそうです。
で、私もこれくらいの大きさを想像していました。
映画やPottermoreではまあ普通の深鍋くらいの大きさで、授業中に扱うことを考えてもそれが妥当な線かな、という気はします。

じゃあ、なぜ私も、挿絵のダン・シュレシンジャーさんも、和式の浴槽くらいの大鍋を想像したんでしょう?
これは、昔からの魔女の鍋のイメージじゃないか、と思います。
cauldronで画像検索すると、6巻の表紙のようなサイズの鍋をかきまぜている魔女の絵がいくつも出てきますが、まさにそんなイメージ!童話に出てくる魔女の鍋のサイズが、私の大鍋のイメージでした。

マイクロソフトオフィス クリップアートの中にもこんな画像があります。
MH900116028.jpg
大鍋をかき混ぜる魔女

MH900090965.jpg
直火にかけた大鍋をかき混ぜる三人の魔女

まさに、私のイメージした大鍋のサイズです!
マジクエストの大鍋も浴槽ほどではありませんでしたが、結構大きなものでした。
DSC04213-1.jpg
マジクエストの大鍋とパペットスネイプ先生との比較
私一人なら入れそうな大きさです。

実際はローリングさん、どのくらいの大きさをイメージしながら書いていたんでしょう?
ハリーが1年生の時、ダイアゴン横町の鍋屋さんで買っていますが、その時の看板には「大小いろいろあります」と書かれていました。
ということは、本当に昔からの魔女のイメージのサイズの大鍋もあったかもしれません。
新入生の必要なもののリストの大鍋の欄には、「錫製、標準 2型」と書かれていました。
この標準2型が原文では satandard size 2となっているので、これが大きさを示しているのだと思いますが、それが実際どのくらいなのかはわかりません。
購入した鍋を持ち帰ったのなら、地下鉄に乗った時の“変な形の包み”の中にあったわけで、サイズ的にも入学の日に持っていた大きなトランクの中に納まる程度ではあったのではないかと思います。
また、後々魔法薬の授業で使う材料の量を見ても、浴槽サイズにしては少ないし、第一浴槽サイズではほとんどが無駄になってしまいそうだし、やっぱり映画に出てくるくらいなのでしょうか。

しかし、2巻の描写を読むと、また少し違った印象を持ちます。
ダイアゴン横町でウィーズリー家の人々やハーマイオニーと買い物をしていた時の描写です。
本屋でギルデロイ・ロックハートのサイン会があって、ハリーはその時彼の全著書をプレゼントされました。重みでよろけながら部屋の隅に逃れたハリーは、そこでジニーに会いました。
その時の描写がこれです。

そこにはジニーが買ってもらったばかりの大鍋のそばに立っていた。
「これあげる」
ハリーはジニーに向かってそうつぶやくと、本の山をジニーの鍋の中に入れた(2巻4章p.92)

ジニーが大鍋のそばに立つ(Ginny was standing next to her new cauldron.)
という表現は、鍋が見た目でジニーと同等に近いくらいの大きさをもっていそうに感じます。
また、本の山をジニーの鍋の中に入れた(~,tipping the books into the cauldron.)という表現は、鍋がそれだけの容積があることを示していると思います。(tipはごみを捨てる、中身をあける、という時に使われる単語のようです)少なくとも、映画でジニーが腕に下げていたサイズでは、ロックハートの全著書を捨てる入れることは出来ないでしょう。

さらに、ここにもう一つ重要な描写があるを忘れてはいけません。
5巻15章での占い学の授業中に、ハリーがロンに言ったセリフ―予兆的な夢の授業で、互いの夢を解釈し合うという場面で、ハリーがねつ造した夢の内容―です。

「えーと、僕の観た夢は……スネイプを僕の大鍋で溺れさせていた。うん、これでいこう……」(5巻15章p.492)

僕の大鍋で溺れさせる!?
やっぱりハリーの大鍋は浴槽サイズなのでしょうか??
大鍋の大きさ、謎です。
ハリー・ポッターと謎の大鍋…

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/620-4f379ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大鍋2 «  | BLOG TOP |  » 授業準備

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード