topimage

2017-08

寝巻き - 2014.05.02 Fri

日記の方で子ども時代のパジャマについて考えていたら、スネイプ先生が最後にパジャマ(寝巻き)を着たのはいつだろう?という疑問が出てきました。

スネイプ先生の寝巻き(nightshirt)を拝めるのは、4巻で、ムーディに「パジャマパーティかね?」と言われた時です。
あの時は、長い灰色の寝巻きを着ていたスネイプ先生ですが、きっと他の日も就寝時は同じスタイルだったのではないかと想像しています。

まだ結末を知らなかった頃、黒尽くめのスネイプ先生が灰色を身につけていたことを、「戒めを解くみたいなイメージ」と書いたことがありますが、やはりあれは、スネイプ先生の最も心安らぐ時間を演出する重要な小道具だったのだろうと思います。
スネイプ先生が一時でも安らぎの時間を持っていたこと、今になると奇跡のようにも思えます。

スネイプ先生がホグワーツを追い出されたのは深夜でした。
逃亡を続けていたハリーたちがホグズミードのアバーフォースに助けられてホグワーツに忍び込んだのは5月1日の晩でした。
マクゴナガル先生と城の中を歩いていた時に遭遇したスネイプ先生は寝巻き姿ではなく、マント姿でした。マクゴナガル先生は古いタータンチェックの部屋着、フリットウィック先生もスプラウト先生も寝巻き、スラグホーン先生はエメラルド色の絹のパジャマを着ていましたが。
スネイプ先生が寝間着姿でなかったのは、分霊箱がハリーによって破壊され始めていることに気付いたヴォルデモートが、レイブンクローの塔にハリーが忍び込むかもしれないと警告してあったからかもしれません。

でも、もしその警告が発せられていなかったら、スネイプ先生は寝巻きを着ていたでしょうか?
ヴォルデモートがニワトコの杖を手に入れようとホグワーツを訪れたのは、おそらく3月で早朝のことでしたが、マント姿のスネイプ先生が迎えています。
死食い人二人が教師として城内に入り、ヴォルデモートからいつお呼びがかかるかわからない状態では、スネイプ先生が安らかに眠れる日などもうなかったのではないかと考えています。
それを言うなら、6巻で死食い人が城内に入ってきた時も、フリットウィック先生が呼びに来てすぐに出てきたスネイプ先生はちゃんといつもの黒いローブ姿でした(6巻29章p.457)

ヴォルデモート復活後、学校の中すら不穏な状態になってきた頃から、スネイプ先生は寝巻きを着なくなったのではないかと思っています。もしかしたら、二重スパイの役目を負った時から、既にいつでも飛びだせるような姿だったのかもしれません。
心休まる日など、もう何年もなかったかもしれないと思うと痛ましいです。

16年前の今日の夜明け前に息絶えたスネイプ先生。
どうか今は安らかに眠っていてほしいです。

● COMMENT ●

パジャマ

こんにちは。二尋さんのパジャマに関する考察を切ない思いで読みました。ホグワーツは古くからの強力な魔法とダンブルドアの守りがあったので、5巻までは、眠るときにパジャマを着てゆっくり休めていたのではないかと思います。
 でもダンブルドアの余命宣告をしたあたりからは、安心できる日はなく、自らが校長になり城の内部にも死喰い人が入りこんでからは、ローブのまま少しベットの上に横たわるような睡眠だったのでは。もしかしたら、強壮ドリンク剤的な魔法薬を調合して服用していたかもしれません・・・。
 映画のアランさんが、「25個ものボタンを一つずつかけていくような人というのは、それだけでその人がどういう人物であるか想像できるだろう。彼は自分自身を閉じ込めているんだ」と、映画の服について説明をしていました。まさに、そのボタンを外すのは戒めを解くことだ思います。もっとも、先生は露出の少ない服を選んでいたと思いますが、ボタンは少なかったと思います・・・服に時間はかけないタイプと見ました。
 ちなみに、マクゴナガル先生が戒めを解くのは、「髪を下すとき」というイメージです。先生方のプライベートを見るとドキドキしますね。

プライベート

えすさん、コメントありがとうございます!

物語が進むにつれて、スネイプ先生が安眠できる日は少なくなっていったように思えて仕方ありません。
いつからとは断言できないのですが、ダンブルドア亡き後、校長となってからは特に、ゆっくり眠るどころではなかったような気がします。
強壮ドリンク的な、ドーピング的なことはあったかもしれませんね。不健康な疲労回復の手段で乗りきったイメージは確かにあります。

ボタンについてのアランさんのイメージはとても興味深いと私も思っていました。そして同様に、実際はボタンの少ない服を着ていたと私も思います。着替えに時間はかけないタイプ、戒めを解くのは服の色がせいぜい、というイメージです。
マクゴナガル先生の戒めを解くのが「髪を下ろすとき」というのも納得です!きっちり髷を結っているし、ダンスパーティの時にもそんなことを言ってましたもんね。
本当に、先生のプライベートを見るとドキドキします。稀ではあっても先生のパジャマ姿や部屋着姿を見られるのは全寮制の学校ならではですね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/618-7bc66a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大鍋4(6/2追記) «  | BLOG TOP |  » スピナーズ・エンドの場所2

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード