topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣室に入った目的 - 2005.10.02 Sun

炎のゴブレットに4人目の代表として選ばれたハリー。既に選ばれていた他の3人がいる隣室へ入ると間もなくバグマンが、その後少しして大勢の人が入ってきました。ダンブルドア、クラウチ、カルカロフ、マダム・マクシーム、マクゴナガル、スネイプ。

主催者の二人と各校の校長とハリーの寮監であり副校長でもあるマクゴナガル先生は当然としても、なぜスネイプ先生が?むしろセドリックの寮監のスプラウト先生が来るべきではなかったでしょうか。大広間の生徒達もスネイプ先生が残っていればワーワー騒ぐこともなかったと思うのですが。
そして、ハリーがゴブレットに選ばれたのは、規則を破るものと決めてかかっているハリー自身の責任だ、とする発言をします。これを言うためにやってきたのでしょうか。
闇の魔術に詳しいスネイプ先生、本当にハリーがゴブレットを欺いたり、年齢線を越えたりしたと思っているのでしょうか。

私はスネイプ先生が、強力な魔力をもつゴブレットを欺けるほどの実力をハリーは持っていない、と考えていると思います。つまり本当はハリーの責任ではないとわかっているのでは?
ハリーが規則を破ってやったことだから試合には出場させない、とすることで守ろうとしたのではないかと思うのですが。あるいは、責任を取らせて退校処分にでもすれば、この学校の生徒ではなくなり、魔法契約の拘束からも逃れられると考えたのかもしれません。
結局、ダンブルドアによって結果を受け入れるしかないという結論が導き出されましたが。
1巻での1年間、全力でハリーを守ろうとしたスネイプ先生。その1年でジェームズへの借りを返したとは思っていないのではないでしょうか。ハリーが在校する間はきっと全力で守ろうとしているのだと私は考えます。たとえハリーからその表情を底意地悪い目とか、毒々しく光る目などと思われようと。行動自体はハリーを守る目的で行われていると思います。

● COMMENT ●

過去のコメント


難しいですね (りま) 2005-10-02 19:30:59

二尋さん、こんばんわ。
多分、スネイプ氏はこの試合自体が罠だと知らなかったのだと思います。
だから、守るためでは無いんだと思うんだけどなぁ・・・。






そうですね (二尋) 2005-10-02 23:26:46

りまさん、コメントありがとうございます。

りまさんのおっしゃるとおり、罠だと知らなかったかもしれません。
ただ、思いがけない事態の発生で頭の回転の早い先生のことだから、何か良からぬ気配を察知したかなーと、ちょっと妄想してみました。
客観的にみれば、ただハリーの無謀を責めるだけに隣室に入っただけかもしれませんね。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/60-3b116ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつもと変わりない «  | BLOG TOP |  » ホームページ開設のお知らせ

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。