topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンブルドアの介入 - 2005.09.22 Thu

学期最後の日に試験結果の発表があり、ハリーは全科目合格しました。
ハリー自身、魔法薬学をパスしたことに驚いていまが、「ダンブルドアが中に入って、スネイプが故意にハリーを落第させようとしたのを止めたのではないかとハリーはピンときた」(3巻22章p.561)とあります。

魔法薬学の試験を、ハリーは完璧な大失敗と感じていました。
試験中「混乱薬」は濃くならず、スネイプはゼロのような数字をノートに書いていた様子です。
テストで大失敗をし、普段の授業でもミスが目立ち、授業をろくに聞いてもいない(2巻9章参照)という授業態度で合格点をつけるのは難しいと思います。別に故意に落第させようとしたわけではないと思いますが。
スネイプは1巻で魔法薬学についてその美学を大演説しましたが、芸術のようにさえ捉えている学問をいいかげんに扱った生徒に、やはり合格点を与えることはできないでしょう。
むしろ、校長が教授に采配を任せないということの方が、故意に合格させた=贔屓した感じで気になります。
また、ブラックの逃亡についてもダンブルドアの助言があったからこそ成し遂げられたものであり、そのことはスネイプも感じているようです。学生時代の恨みがあるブラックやルーピン、ジェームズの息子ハリーにばかり重きをおき、スネイプは軽んじられ過ぎているようにも見受けられます。
ブラックが無実であったのは事実だとしても、過去にわだかまりのあるスネイプに対してダンブルドアはちゃんとフォローしたのでしょうか。中途半端な介入に終わっていないでしょうか。
ダンブルドアがハリーを特別かわいがっていることは後に5巻で判明しますが、スネイプとの関係をこじらす一因を自ら作っているようで気になりました。

実際、ハリーに対するスネイプの嫌悪感も増したようです。
ハリーを見るたび唇の端の筋肉が痙攣しています。口の周りの筋肉をコントロールできていないためと思われます。固く口を結ぶことも何か言葉を発することもできず、唇を震わせている様子に胸が痛みました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/58-d84a4e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ムーディへの態度 «  | BLOG TOP |  » ついうっかり

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。