topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネイプの傷 - 2005.08.25 Thu

ハリー、ロン、ハーマイオニーに武装解除されたスネイプは足元から吹っ飛んで壁に激突します(泣)ズルズルと床に滑り落ち、髪の下からは血が!!

痛い…痛い場面です。髪の下から血って、いったいどこを傷付けたのでしょう。後頭部?それとも側頭部?
どのような位置関係から3人は攻撃したのか考えてみます。

二階の部屋の構造ですが、まず、最初にドアを蹴り開けてハリー達が入ってきた時、天蓋ベッドのわきの床にロンが座っていました。ロンに駆け寄る2人。「ロンはハリーの肩越しに背後を見つめた。ハリーがくるりと振り向いた。――男が、二人の入ってきたドアをピシャリと閉めた」(3巻17章p.437~438)
この描写から、ベッドわきの背後にドアがあることになります。

その後少し移動がありましたが、スネイプが透明マントを使って入ってきた時、ルーピンはドアの外を確認するためドア近くに寄りました。ハリーはおそらくロンをベッドに押し戻した後なのでベッドわきにいると思われます。

その少し後、ルーピンの背後の壁あたりから声がして、スネイプが杖をルーピンに向け立っていました。やはりドア付近ではないかと思われます。

ルーピンを縛り、縄目の端を持ったスネイプは全員を連れて部屋を出ようとします。すかさず部屋を3歩で横切りドアの前に立ちふさがるハリー。
「どけ、ポッター」と言うスネイプはドアの前のハリーの前か斜め前にいると思われます。

そしてスネイプが1歩も踏み出さないうちに攻撃するハリー。(スネイプ先生ともあろう人が生徒に攻撃されるような隙をみせるなんてよほど逆上していたのでしょうか)
壁に激突し床に滑り落ちるスネイプ。「ハリーは振り返った。ロンとハーマイオニーも、ハリーとまったく同時にスネイプの武器を奪おうとしていたのだ。」(3巻19章p.468)
ロンもハーマイオニーもハリーの後ろか少なくとも横にいたことになります。
幾通りもの部屋を書いてみたのですが、あまり矛盾がなさそうなのが図1か2のような感じでした(二尋は絵が極めて下手です)もちろん、反転したタイプも同様です。
6c5e2044b8233653b579cfc2faf5318b.jpg



でも、3人とスネイプの微妙な位置関係でベクトルの向きも変わり、どの方向に飛ぶかは何通りもありそうですね。実際ベクトルも書いてみたのですが、PC上ではうまく書けなかったのでやめました…
図1ではほぼ真横(向かって左)に、図2では、向かって右斜め後ろに飛びます。
となると、体の向きにもよりますが、ハリーの方を見ているので図1では右側頭部を、図2では、後頭部を打つことになると思われます。

さて、その後の描写では、髪の下から血が流れているのがハリーに見えています。後頭部を切ったら、背中側に血が流れ、死角になって見えないのではないでしょうか。
また、ずっと後に、ファッジに「ひどい切り傷があるねえ……」と言われていますが、後頭部だと髪に隠れて一見わからないと思います。

以上のことから、スネイプは横に飛ばされ側頭部を打ち、傷ついたと考えます。

でも、横に飛ぶと肩を先に打ちそうですから、少し頭が先に飛ぶ斜め飛びだったか、ぐきっと首が曲がった状態で打ち付けられたということになるでしょう。
それって結構危険な状況では…


追記:投稿したあと、あまりの自分の絵の稚拙さにびっくりしてしまいました。どうか、拡大なさらず、絵は無視してご覧下さい(哀願)ほんと、誰か助けて。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/50-a85b0c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファッジへの態度 «  | BLOG TOP |  » 叫びの屋敷にて

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。