topimage

2017-08

半純血のプリンス - 2006.06.01 Thu

原題のHalf-Blood Princeは日本語では「半純血のプリンス」と訳されました。
私は原書と邦訳の比較では、この言葉に一番違和感を覚えています。
というのは、Half-Bloodには半分純血(つまり魔法使いとマグルとの混血)以外の意味も含まれていると思うからです。

ハーマイオニーの言うように「半分プリンス」であることを誇りにしていたのは確かだと思います。
それについてハリーは「~ルシウス・マルフォイとか、ああいう連中に認められようとして、純血の血筋だけを誇張したんだろう・・・」とか「純血の血統が半分しかないのを恥じて」(6巻30章p.483)などと言っています。
ですが私は、純血の血筋を誇張するためだけに「半分プリンス」と名乗っていたわけではないような気がしています。
ここは言葉通り、半分プリンスであること自体(純血であることではなく)を誇りに思っているように思えて仕方ありません。つまり母方が純血だからというのではなく、純粋に母の血筋を誇る気持ちからくるものではないかと思うのです。

私はスネイプ先生は母親に愛されたと思っているのですが、彼自身もまた母親を愛していたのではないかと、そして父親に対しては憎しみの感情しかなかったと考えています。
父を憎んでいたのではと考える根拠は、5巻で垣間見た幼年期の記憶くらいしかありませんが。
両親と思われる二人と幼いセブルスが同時に見られるあの記憶です。
父親らしき男性が縮こまっている女性を怒鳴りつける傍らで泣いている少年の図は、虐げられる母を嘆く幼いセブルスの姿に見えます。
スネイプは父の姓ですから、自分の名の中の父を排除したくてプリンスを名乗ったのではないかと思うのです。

もう一つ、5巻でセブルス少年はリリーに対し、「穢れた血」と発言していますが、いわゆる純血主義から「穢れた血」を嫌ったのではなく、父親を憎む余りマグル全体を憎んでいたのではないかと想像しています。
マグルを蔑視するから父を嫌うのではなく、父を憎むから同類のマグルを嫌うのではないかと。

母への愛着と父への憎悪の混じったHalf-Bloodではないかと私は思っています。
そしてプリンス(Prince)も、王子を意味するからではなく母の姓であるから大事にしているように思えて仕方ありません。

● COMMENT ●

なるほど!!!…と思いました

たびたび、ほんとうに申し訳ありません。読んでいると何か書かずにはいられなくなってしまって…。

二尋さんの読みには度肝を抜かれることが多々ありますが、このコメントには衝撃と納得を覚えました。
「彼自身もまた母親を愛していたのではないか」
ここは、私は両親とも憎んでいたとなんとなく思っていたのですが、深く納得してしまいました。作中に母親まで憎んでいた根拠などないですし、あのシーンを母親が怒鳴られるのを悲しんでいたととれば、母親のことを愛していた可能性の方が強いと思います。
「自分の中の父を排除したくて」「父親を憎む余りマグル全体を憎んでいたのではないか…」なども、なるほどと思いました。

五巻の閉心術の授業でセブルスの記憶をハリーが垣間見たことがムダにならず、セブルスの謎のままになっている部分が解明されてくれないものかと願っています。

私のイメージ

鬼百合さん、コメントありがとうございます。
書かずにいられない時は、ぜひ、書いていってくださいね。

母親を愛していたと自覚しているかどうかはわからないのですが、プリンスと名乗ることに、そんなイメージを私は持ちました。
5巻の閉心術の授業は、大きなヒントだと思っています。
スネイプ先生の過去が、現在の先生の行動を決定付けていると思います。

Half-Blood Princeとは

こんばんは。
Half-Blood Prince、私も『半純血』という訳には違和感を覚えていたのですが、実は、イギリス人がこの言葉を使うとき、他の国で言ういわゆる『混血』とはニュアンスが違っていて、「高貴な血(王室とか貴族とかの)が、半分流れている」という意味なんですって。
これは、英語を使ってはいても、アメリカ人やオーストラリア人やその他イギリス以外の国の人たちにはわからないそうです。
(そりゃそうですね、アメリカにもオーストラリアにも王室なんかありませんもの)

というわけで、セブルス少年はお母さんの血筋を誇りにして「『半純血』のプリンス」を名乗っていたのでしょう。

高貴な血

obinさん、コメントありがとうございます!

Half-Blood Princeに、高貴な血が流れているという意味があるとは知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。
となると、お母さんの血筋を誇るスネイプ先生の気持ちには、やはり純血を誇る気持ち、純血を貴族のように捉える気持ちがあったということでしょうか。
私は仮にお母さんがマグルでお父さんが純血だったとしても、同じようにお母さんを誇る気持ちがあったと思ったのですが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/5-401183e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スピナーズ・エンド «  | BLOG TOP |  » 謎のプリンス

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード