topimage

2017-09

二つの頷き - 2008.08.05 Tue

日本語訳を読んで、原書とのイメージの違いはいくつかあったのですが、その中で一番気になった部分は、実はとても意外な場所でした。
元々注目していた気になるセリフの訳語より、もっとずっと違和感のある場所があったのです。スネイプ先生の人物像にも影響を及ぼすのではないかと思うくらいの。

それは、33章のある二つの描写でした。
一つは、ヴォルデモートが近々学校を掌握するだろうことを踏まえて、ダンブルドアがスネイプ先生に生徒たちを守ることを確認する場面です。

「きみは、全力でホグワーツの生徒たちを守ると約束してくれるじゃろうな?」
スネイプは短く頷いた。(7巻33章p.443)

もう一つは、その直後、ダンブルドアが自分を殺すように言い含め、結局承知させる場面です。

ついにスネイプは、また短く頷いた。(7巻33章p.445)

ここが、まるで同列かのような「短く頷いた」と訳されたことにとても違和感を覚えました。
原文はこうです。

‘I have your word that you will do all in your power to protect the students of Hogwarts?’
Snape gave a stiff nod.(p.547)
(中略)
At last Snape gave another curt nod.(p.548)

nodは頷きの意味ですが、その前にある形容詞が違っています。
stiff(断固とした、意を決した)
curt(ぶっきらぼうな、そっけない)
私には、生徒を守ることに同意する頷きと、依頼された殺人を承知する頷きが同じ質のものだとは思えません。一般的な見方というより、スネイプ先生ならそうしないだろう、という思いです。
私は、生徒たちを守ってと言われたスネイプ先生は、信念を持って固く頷いたのだと考えています。ダンブルドアに頼まれたから生徒たちを全力で守ったのではなく、自分の意志で生徒を守ったのだと信じています。
また、ダンブルドアに「きみがわしを殺さねばならぬ」と言われたスネイプ先生は、自分の気持ちに反して不承不承頷いたのだと解釈しました。
だから、日本語訳で二つの頷きが同質のように表現されたことはとても心外です。
anotherには「もう一つの」という同列の言葉を示す時と、「別の」を示す時があって、それは文脈から判断すれば良いと聞きました。私は二つの頷きは違うもので、二度目の方は、「また」ではないと思っています。

この部分の頷きの意味をどう解釈するかは、それぞれの読者に委ねられると思いますが、せめて違う形容詞がついていたことがわかるような表現だったら良かったのに、と思います。
日本語訳のみの読者の方にも、是非、その違いは知って欲しいです。

2013年9/7追記
文中「固く」と書きましたが、今では「ぎこちなく」の方が近いかと思っています。
イギリス人の方にこの場面の頷きを再現していただいた時の様子はこちらの日記にあります。
「は、はい」というような感じでガクガクと頷く感じです。
全力でホグワーツの生徒たちを守ることを約束する、その責任の重さに緊張しながら頷いたのだと思います。
スネイプ先生の、ホグワーツの生徒たちに対する想いの現れている場面だと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/469-c0020fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一人称 «  | BLOG TOP |  » 7巻を読み終わって

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード