topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボガートスネイプ先生 - 2013.03.10 Sun

以前からの疑問なのに、一度もブログに書いてないことがありました。

ボガートを退治する方法について、ルーピン先生は「リディクラス」を使うように教えました。ボガートを笑える姿に変えて退治する呪文です。
ハリーのボガートはディメンターの姿を取りました。
ハリーはこの偽ディメンターを使ってパトローナスの呪文を練習しましたが、これはどういうことでしょう?

ボガートである以上、やはりリディクラスでしか退治できないように思うのですが、偽物であってもディメンターはパトローナスチャームで追い払うことができました。
また、練習中ハリーは体が冷えたり、母親の悲鳴や父親の叫び声を耳にしています。
つまり、ボガートディメンターはちゃんとディメンターの性質を持っていた、ということだと思います。
ボガートが姿を変えた対象が本物の性質をそのまま持っているのだとしたら、ネビルのボガートスネイプ先生はどうなるのでしょう?

やっぱりスネイプ先生としての性質をそのまま持っていたということでしょうか!スネイプ先生のコピー?
いや、ネビルの恐怖の対象としてのスネイプ先生だから、ネビルフィルターのかかったスネイプ先生像が再現されて、意地悪さが増幅されたスネイプ先生だったのでしょうか。
それとも、ボガートに出来るのは、あくまで「人間」「ディメンター」「蜘蛛」という大きな括りでの再現でしょうか。つまり、ディメンターの性質は再現できていたけれど、ディメンター内での個体差まで再現できていなかったという具合に。
でも、ハリーが恐れていたのはあくまで「ディメンター」がもたらす恐怖そのものだったから「ディメンターA」と「ディメンターB」を区別する必要は元々なかったわけです。
そうなるとやっぱり「スネイプ先生」が怖いネビルのボガートスネイプ先生は、ネビルの知っている(ネビルが怖いと思う)スネイプ先生の特徴が強く出ているにしても、スネイプ先生の性質はある程度再現されていたような気がします。

ネビルのばあちゃんの服を着せられて生徒に笑われて、途方に暮れたように立っていたボガートスネイプ先生。
それは恐怖を笑いに変えられて戸惑うボガートの姿だとずっと思ってきましたが、もしかしたら同じことが本物のスネイプ先生の身に起こっても同じ反応が見られるということかもしれません。
そうだとしたら、突然女装させられて生徒の前に立たせられたスネイプ先生も、途方に暮れたように立ちつくすのでしょう。気持ちは十分理解できますが、美味しい状況であることには変わりません。
通常なら有り得ない状況で、有り得ないスネイプ先生の反応を見せてくれたネビルにもルーピン先生にも、本当に感謝しています。

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さった方へ

はじめまして!
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
パソコンに無縁だった方がいらして下さっているということがとても嬉しいです。

私も英語力はないので、色々な人にアドバイスいただきつつ、イメージをまとめています。
本当に、今でもスネイプ先生はたくさんの人に愛されています!
お誕生日会は大きな問題がなければまた来年も企画するつもりです。
本のスネイプ先生が大好きいな私が主催するので、読書会という形になりますが。
日記の方のブログで募集しますから、良かったらご参加ください!

コメントありがとうございました。
またいつでもいらしてください。
多分、ほとんど同じくらいの年齢だと思われる二尋よりi-278

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さった方へ

きっかけは、リチャード・グリフィス氏の訃報でしたか!
初めて読んだブログが私のところだったとは光栄です。
私もかつてよそ様で初コメントした時は、とても心躍りました。
馴れ馴れしいなどとは微塵も感じませんでしたし、何も気になさることはありませんよ~
ワクワクしながら読んで下さっている、ということを知らせていただけるのはとっても嬉しいことなんです。
書いていて反応がなければ、つまらないこと書いたかな、とどうしても思ってしまうので。

これからも、ちょくちょくお言葉いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/462-d5b94111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

授業準備 «  | BLOG TOP |  » 閉心術中

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。