topimage

2017-08

有名人ハリー・ポッター - 2005.08.12 Fri

ホグズミードで、マルフォイに首を見られたハリー、あわてて学校に戻ったとたん、スネイプが近づいてきました!!

ここからの二人のやりとりが面白いです。ハリーはあくまで白を切るつもりのようで、なんにもしていませんという表情をしたり、驚いた顔をしたり、無邪気を装ったり、一点の罪の意識も恐れも顔に出さないようにしたり。
5巻を読んだ後で見ると、どうやらハリーの無駄な努力だったように思われます。ハリーの目を抉るように見るスネイプに対し、目を逸らすどころか瞬きをしないよう頑張っていますから、もう、バレバレだったのですね。
スネイプは柔らかな口調でたたみかけ、反応を楽しんでいたのでしょうか。

「(前略)一般の輩はハリー・ポッターの安全のために勝手に心配すればよい!有名人ハリー・ポッターは好きな所へ出かけて、その結果どうなるかなぞ、おかまいなしというわけだ」(3巻14章p.367)
先生、正しいです。でも、ハリーの心には全く届いていません。挑発としか、思っていないようで残念です。後のルーピンの言葉は深く心に沁みていくのに。言い方の問題というより、信頼関係の問題でしょうか。

このセリフの中で気になるのは、「有名人(または有名な)ハリー・ポッター」と3度言っていること。
なぜわざわざ「有名」をつけるのでしょう?嫌みでその点を突くというのは、そこが気になっているからだと思います。ハリーが有名であることを鼻に掛けていると本気で思っているのでしょうか。
自己中心的な考え方は13歳の子どもでは誰でもあり得ることだと思います。そこに「有名人」を持ってくるのはジェームズがそうだったと考えているからでしょうか。ジェームズの自由奔放な振る舞いを「クィディッチの才能がある有名人」ゆえの傲慢な態度と考えていたのでしょうか。いずれにしても、ハリーの「行い」だけでなく「有名人」であることも気に食わないように思われます。
先生、有名になりたかったのかなあ。

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さった方へ

続けてのコメントありがとうございます!

はい、私も今はそう思います。
そして、やはりそこにはリリーへの想いが入ってくると思います。
有名であることを鼻にかけるような態度だったジェームズを、結局はリリーが選んだから、そこにこだわるのではないかと。
リリーはもちろん、ジェームズのそういう部分に惚れたわけではないでしょうけど、スネイプ先生にとってはそこが鼻につくのだろうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/46-1ee5b854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スネイプの恨み «  | BLOG TOP |  » 隻眼の魔女像 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード