topimage

2017-11

隻眼の魔女像  - 2005.08.09 Tue

ホグズミードに行けないハリーは、ホグズミード行きを禁じられたネビルと、偶然四階の隻眼の魔女像の前で会います。そこへ折悪しくスネイプもやってきました。どうやら二人が待ち合わせをしたと思った様子で、ハリー達がその場を離れた後、魔女像を念入りに調べ始めます。

ここ、些細な場面ですが、とても好きです。魔女像の頭を手でなぞる先生。何かあるはずだと探っているのですね。仕草を想像するとかわくいくて仕方ありません。魔女像になって頭をなでてもらいたいくらいです。
その後、すぐに自分の研究室に戻っているところをみると、入り口は発見できなかったのでしょう。
でも、後にマルフォイからホグズミードでハリーの生首を見たとの証言があった時、すかさず四階の魔女像の前まで走ってきました。普通、玄関に走りそうなものですが、ピンときたのでしょうか。さすが頭の回転が早いです。
不思議なのはスネイプほどの先生が(また買い被っている?)調べても、隻眼の魔女像の秘密を暴けなかったこと。ムーニーやプロングズ達は学生時代にその秘密を探り出したというのに。

また、最初に先生はなぜ4階に来たのでしょうね?
以前の記事のコメントでルーピンの部屋は四階にあると教えていただきました。
ブラックのことでルーピンを疑っているスネイプ。ルーピンの部屋のある四階の見回りを、普段から欠かさないのでしょうか。人知れず頑張っていますね、スネイプ先生

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/45-66f67707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有名人ハリー・ポッター «  | BLOG TOP |  » クリスマスディナー 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード