topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血管の動き - 2008.06.17 Tue

4巻の描写の抜き出しにもいくつか思うところがありますが、今回、応えたのは、
a vein flickering horribly on Snape's greasy temple.(p.513)とそれに続くthe vein in his temple pulsing more rapidly.(p.513)でした。

血管(静脈)がぴくぴく動く、脈を打つ、というのはまさに生きている証。
3年あまり後には、この血管にも血液が行かなくなるのだろうと思ったら、息も荒くなってきます。
こんな風に外から見えるほど血管を動かしていた血液が流れ出てしまうなんて!
血管の動きも、こめかみに潤いを与えた皮脂の分泌も、怒りでレンガ色に顔を染めたのも、先生の活発な生命活動を表しているように見えます。つい最期と比較して、悲しくなってしまいます。

ホグワーツに残る «  | BLOG TOP |  » 原書の描写(4巻-3)

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。