topimage

2017-08

後輩のイメージ - 2008.05.10 Sat

今年入職した新人のNちゃんが6巻まで読んでいると知って以来、質問してみたい事がありました。スネイプ先生をどう思うか、です。
そこで昨日、聞いてみました。
すると、「私、嫌いじゃありません」と言い、さらに続けて言います。
「スネイプ先生って、ずっと嫌な感じだったけど、実はハリーを守ってた人なんですよね。そういう人って好きなんです。」
う。それはまるで1巻を読んだ人のイメージみたい。
6巻まで読んだ一般の人は、もう少し別なことを言いそうです。
「6巻まで読んだんだよね?」
「読みましたよ」(満面の笑みを浮かべて)
「大変な出来事があったよね?」
「え?なんでしたっけ?」
(え?)
「スネイプ先生って、黒っぽくて変身する人ですよね?」と両手を肩の辺りでひらひらさせ飛ぶしぐさをします。
「変身はしないけど・・・こうもりにはたびたび例えられるかな。性悪なこうもりとか、育ちすぎたこうもりとか…」
「あれ?変身して飛びませんでした?」

あれれ?一体彼女何を読んでいたのでしょう?
ダンブルドアの死も知らないのかもしれないと思うとあからさまには聞けないし。
第一、最初に言った「「実はハリーを守ってた」も、「こうもりみたいに飛ぶ」のも、7巻のイメージに近いものがあります。
まあ、間違っていないので訂正しませんが、これでは7巻を読んだとしても、何も驚かないのでは?それとも予知能力?

原書の描写(3巻-13) «  | BLOG TOP |  » 登場しない場面

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード