topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組分け帽子の判断基準 - 2005.05.08 Sun

ローリングさんが、各寮の寮監はその寮の出身であると言っていたと思いますが(ちょっとうろ覚え)、すると当然スネイプはスリザリン出身ということになります。
ここで気になるのは組分け帽子の歌。「君の頭に隠れたものを組分け帽子はお見通し」(1巻7章p.175)と言い、本人も知らない資質を見抜くような口ぶりです。スリザリン寮生は「どんな手段を使っても目的遂げる狡猾さ」(1巻7章p.176)「野望を何より好みけり」(4巻12章p.275)などの資質を持っているようでが、では今のスネイプ先生は狡猾で野望を好むのでしょうか。
誰でも単純にどこかの寮の資質のみを持ち合わせているとは思えませんし、人は変わっていくものです。帽子は何を基準にどこまで未来を見通して選んでいるのでしょうか?
グリフィンドール出身のピーターがジェームズ達を裏切った行為に勇気は見られないし、スネイプが死喰い人をやめたのは勇気ある行為だと私は思います。帽子がさらに未来まで見通して組分けしたのなら、ピーターは今後勇気を示し、スネイプは野望を達成するため手段を選ばない狡猾さを示すことになるのでしょうか。スネイプについて考えるとき、この点でいつもつまずいてしまうのです。狡猾にひっかかる…

ダンブルドアが「自分がほんとうに何者かを示すのは、持っている能力ではなく、自分がどのような選択をするかとういこと」(2巻18章p.489)と言っているように自分がどこの寮に入りたいかが明確になっている生徒(ドラコ、ハーマイオニー、ロン)は希望通りに、どこに入りたくないかだけ明確なハリーや、何も考えていない生徒はその資質を考慮して判断しているのかもしれません。
スネイプがスリザリンに組分けされたのは、闇の魔法に対する憧れから、多くの闇の魔法使いが輩出されたスリザリンを希望したからだと考えたいです。あるいは、組分け時の俊敏・狡猾・野望・機知に富む才知で判断されたと。決して今後、ダンブルドアを裏切るようなことはないと信じたいです。そうでなければ、誰もが組分けされた寮で将来までも決まってしまうことになってしまうので。

仮トラックバック
スネイプ先生ってどんなひと? その1 海の地図

● COMMENT ●

過去のコメント


スリザリンとしてのスネイプ先生 (どんぐり) 2005-05-14 18:22:59

二尋さん、こんにちは。トラックバックありがとうございます。
そしてブログ開設おめでとうございます。
まるごとスネイプ先生のブログなんてステキですね。
ブログタイトルもスバラシイ。先生の心の中を覗いてみたいですよね。
これからもちょくちょく寄らせていただきます。

記事の「組分け帽子の判断基準」ですが、組分け帽子は遠い未来をも見渡せているような気がします。
でもその未来というのはたったひとつではなくて、たくさんの「可能性」なのではないかと。
ピーターに関しては3巻のダンブルドアの言葉もありますし、今後勇気を伴った行動をしてくれると期待しています。

スネイプ先生について。
「どんな手段を使っても目的遂げる狡猾さ」はともかくとして、少なくとも「野望」の資質はすでに見せているのではないでしょうか。
それはヴォルデモートの持つような「野望」ではなく、「野心」と言うべきものですが。
ダンブルドアに却下され続けていても、毎年「闇の魔術に対する防衛術」の教授を希望している先生。
ホグワーツの入学時、すでに呪いに精通していたという彼は防衛術でもかなり自信を持っているはず。
毎年次々と辞めていく教師たちを見ては、自分ならうまくやれるのにという思い=野心をきっと抱いているに違いありません。

どちらにしろ、私もスネイプ先生は自分の意思でスリザリンに組分けされたと信じています。
ハリー視点で普段は悪のように描かれていますが、ダンブルドア陣営に身を置き、いざとなったら頼もしい存在になるのがスネイプ先生だと思っています。






ちょっと不安・・・でも信じたい (二尋) 2005-05-15 00:48:26

どんぐりさん、コメントとトラックバックありがとうございます。
来てくださってうれしいです。
まるごとスネイプ先生のため、最初の記事のみトラックバックさせていただきました。

>これからもちょくちょく寄らせていただきます。
ありがとうございます。よろしくお願いします♪

>組分け帽子は遠い未来をも見渡せているような気がします
やはりそう思いますか。私もピーターは今後勇気をみせてくれると思いますが、帽子がそこまで考えたとすると、スネイプをどこまで信じてよいかわからなくなってしまうんです。

>毎年次々と辞めていく教師たちを見ては、自分ならうまくやれるのにという思い=野心をきっと抱いているに違いありません。
つまり、純粋にもっとよい指導ができるという教育者としての自信ですか。または、膨大な知識や技術を発揮する場が欲しいとか。
なぜ、毎年「闇の魔術に対する防衛術」を教えたがっているのか私はまだよく分からないのですが、何か心の闇が隠されている様に思えてちょっとこわいです。

>ダンブルドア陣営に身を置き、いざとなったら頼もしい存在になるのがスネイプ先生だと思っています。
ぜひ、そうであって欲しいです!!




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/4-c99ede9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初登場シーン «  | BLOG TOP |  » 管理人のこと

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。