topimage

2017-08

7巻の場合 - 2008.03.14 Fri

7巻の名場面を選ぶことは、日本語訳が出るまで無理だと思っています。何しろ、正しく理解できているかどうかさえ覚束ないのですから。

それでもいくつか候補に挙げることくらいはできそうです。
32章の‘Look...at...me...’のところとか、33章の記憶の中のどれか一つ、リリーの手紙や写真に人知れず涙を流す場面とか、雌鹿のパトローナスを出し‘always’と言ったところとか。

今日は、そんな7巻の場面の数々を電車の中で思い浮かべながら帰宅しました。
どこも切なくて選べないと思いながら、全く無防備に最期の描写を思い出したら、息が止まるかと思いました。
本当にうっかりしていました。あの場面はなるべく思い出さないようにしていたのに。
スネイプ先生の手が床に落ち、動かなくなる場面を思い浮かべることは、今でもびっくりするくらい深々と胸を抉られる心地がします。
あの場面、日本語版で読む時に正視できるかどうか、自信がありません。

鼻 «  | BLOG TOP |  » 原文の描写(3巻-4)

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード