topimage

2017-05

worst memory - 2008.02.05 Tue

先日の英会話でbest memoryを語ったことは先日の表の日記に書きました。
実はその時、もしworst memoryを聞かれたらどうしようかと考えていました。

私にとってのworst memoryは、人前では話したくありません。
一生口にしたくないくらい。だから、もし聞かれたら、「色々あるので英語の勉強に関する最悪の記憶を語ります」と英語で前置きするつもりでした。
でも、そんなこと聞かれませんでした。その場の空気が重くなるかもしれないので先生も聞かなかったので.はないしょうか。
多分、私だけでなく、誰にとっても最悪の記憶は簡単に他人に話せるものではないのだと思います。

5巻28章のスネイプ先生の最悪の記憶も、ファンの間ではどう最悪なのか、さんざん取り沙汰されました。
あれが最悪なのか、もっと本人にとって悪い記憶があるのではないか、と。
私は当時、ハリーに見せたくない記憶ナンバー1だと思いました。
が、7巻でやはり先生自身の最悪の記憶なのだと知りました。
この場面とこれに続く場面は、私は辛くて今でも直視できず、読み込むことができません。口を開けては何も言わずに閉じるセブルスの胸中を推し量りたいと思いながらも…

こんな他人にはとても言えないような辛い記憶をわざわざ取り出しておいたのに、ハリーに覗かれてしまって、可哀想なスネイプ先生。
できれば一生心の奥底にしまっておきたかったでしょうに。
その上、結局最期にその記憶を渡す羽目になってしまって(号泣)

体 «  | BLOG TOP |  » ファンアート

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード