topimage

2017-05

どっち?? - 2008.01.25 Fri

先日読み間違えた、と思った部分、もしかしたら読み間違いではなかったかもしれません。あの後、英語に詳しい人に英文を見せたら、傷を押さえようとしたのは、ハリーではないかと言ったのです。
で、今日は7巻を持参して英会話の先生にも見せました。
もう少し前の部分から、引用してみます。

He did not know why he was doing it, why he was aprroaching the dying man: he did not know what he felt as he saw Snape's white face, and the fingers trying to staunch the bloody wound at his neck.(UK版p.528)

英会話の先生は、傷口を押さえようとしているのは、最初のHeつまりハリーだと言います。heがいくつもあってわかりにくいが、この動作(血を止める)をしようとしている人とhis neckのhisは同一人物ではないと言うのです。もし、血を出している方の彼が傷口を押さえているのなら、his own neckとしてくるのではないだろうか、ということでした。
また、trying to staunchも実際その動作を行っていなくても、そうしようと思っているだけでその文章は成り立つということなので、ハリーの手が傷に触れているかどうかは関係ないとのことでした。
このままストレートに読めば、「なぜ傷口を押さえようと死にかけた男に近づいているのかわからなかった」と解釈すると言われました。

となると、またこの部分の持つ意味が違ってきますね。
ローリングさん独特の文章を英会話の先生は知らない、ということはありますが、先生の言う通りなんでしょうか?それとも逆でしょうか。あるいはここもどうとも解釈できるようにしてあるのでしょうか?

実際、7巻を読み終えた皆さんはどう思いましたか?
良かったら教えてください。
やっぱり、ハリーが『スネイプの血を止めようとしている自分をよくわからない』と感じている方がずっと救いはあるので。
でも、一番良かったのは、どっちにしてもすごい大間違いをしたのではなかった、ということだったりして。違っていたとしても、英会話の先生だって間違えるくらいなら仕方ないですよね。

You're...you're a witch «  | BLOG TOP |  » 初場面

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード