topimage

2017-05

初場面 - 2008.01.24 Thu

1巻でハリーが初めてスネイプ先生を見る場面、この最初の出会いもまた、7巻を読んでこその想いで読みました。

鉤鼻の先生がクィレル先生のターバン越しにハリーと目を合わせたとたん、ハリーの額の傷に痛みが走った(1巻p.187)


この場面、傷の痛みはこの際どうでもいいです。
スネイプ先生、入学してきたばかりのハリーと目を合わせたんだ、と思ったら、急に呼吸が乱れました。混んだ電車の中で立って読んでいたのですが。
組み分けの儀式、いや、それ以前からハリーの姿を探していたかもしれません。嫌われているとハリーが感じる目つきをしていたので、やっぱりジェームズを重ねていたと思うのですが、でも、やっぱりリリーの目も探していたのかもしれないと思ったら、切なくて切なくて。
その後ハリーはしばらくスネイプ先生を見つめていましたが、先生は二度とハリーの方は見なかったようです。
先生はこの時どれほどの激しい感情を押し殺していたのかと思うと、苦しくて身を捩りたくなります。

どっち?? «  | BLOG TOP |  » 生きる意志

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード