topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇の毒 - 2008.01.17 Thu

これは後々「開心術!!」で語ろうと思っていたのですが、今、どうしても書きたくて、少しだけ吐き出そうと思います。

今日「水深~」にいただいたコメントにお返事を書いているうちに思いついたら、居ても立ってもいられなくなりました。
ハリポタ界でリハビリをしないのは、回復が早すぎるから、と書いて、「でも5巻で蛇に噛まれたアーサーは入院期間が長かったので、リハビリする必要はあったかも」と付け足そうと思いました。が、まさにその蛇こそスネイプ先生を噛んだのだと思ったら、コメントにはとても書けませんでした。

アーサーの入院が長引いたのも、傷が治らなかったからです。蛇の牙には傷口が塞がらないようにする毒があったとアーサー本人が説明しています。
ああ、あれも伏線だったなんて!
噛まれた時のスネイプ先生の様子を細かく検証するのは邦訳後だとしても、あの時ハリーに出血を止めるのはやっぱり無理だったんだ...と思いました。私は読みながらハリーに助けて助けてと懇願していましたが...

1巻冒頭 «  | BLOG TOP |  » やっと

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。