topimage

2017-05

映画最終作 - 2008.01.14 Mon

今日知ったのですが、ハリー・ポッター最終巻の映画は、2作に分けて上映される可能性が出てきたようですね。ぜひぜひ、そうして欲しいと思います。

今までだって2作に分けて欲しかったです。特に「炎のゴブレット」以降。
だって、どう考えてもスネイプ先生の出番は十分ではなかったし、7巻を知った今、省略すべきでない場面もいくつかあったと思います。
やっぱり4巻ではダンブルドアに命ぜられて秘密の任務に赴くところは必要だったと思うし、腕の闇の印も見せるべきだったと思います。
また、「不死鳥」ではリリーに向かってあの決定的な言葉を言わせなかったのも、今となっては重大な過失に思えます。
最終作でよほど丁寧にスネイプ先生を描かないと、映画だけを観た人は消化不良をおこしそうです。
私はホークラックスを捜し求めるハリーたちの冒険は前半に、32章以降を後半にして欲しいです。でなければ、ホグワーツに戻ってくる29章あたりからでも。
とにかく、スネイプ先生の記憶はそれだけで1本の映画が出来るくらい、じっくり描いて欲しいものです。過大な期待かもしれないけれど…

気になる訳 «  | BLOG TOP |  » 蓋

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード