topimage

2017-09

死喰い人  - 2005.07.05 Tue

スネイプが死喰い人になった理由は今のところ全く明らかにされていません。なぜ死喰い人になり、なぜ辞めたのか、非常に興味のあるところです。
私はスネイプがヴォルデモートの僕として、その威を借りて、人々に恐怖を与えることを目的として死喰い人になったとは思っていません。自分自身の興味のために近づいたのではないかと考えています。

スネイプは入学したとき既に7年生の大半の生徒より呪いを知っていたと、4巻でシリウスが語っています。家庭で教え込まれたのか、独学で学んだのかわかりませんが、闇の魔術に興味を持っていたのは確かなようです。5巻での最悪の記憶の中では、闇の魔術に対する防衛術のOWLの試験中は夢中で答案用紙に向かい、試験後も問題用紙に没頭していましたから。
また、ヴォルデモートは4巻で“俺様の目指す物”として“死の克服”であるとし、ハリーを殺そうとした呪いが跳ね返っても実験のどれかが功を奏して“死ななかった”と言っています。以前から実験を行っていたということですね。
スネイプはヴォルデモートが行っている実験に魅せられて死喰い人になったのではないでしょうか。実際4巻では古い闇の魔術により魔法薬の中からヴォルデモートは蘇っています。スネイプは学生時代だけでなく、死喰い人時代にも闇の魔術や魔法薬の知識を得ていたかもしれません。実験にも参加していた可能性もあります。
ですが、知的好奇心で近づいたものの、死喰い人として人を殺す命令にも従わねばならず、地獄を見たかもしれません。4巻でカルカロフは、死喰い人の中でも“ヴォルデモートの命令を実行している主だった支持者”の一人としてスネイプの名前を挙げています。かなり危ない仕事をしていたと思われます。そんな中で割り切れない思いを募らせていったのでしょうか。心の中でヴォルデモートと決別する決定的な事件があったのではないかと思うのですが、それが何なのか、今は妄想も思いつきません(汗)


● COMMENT ●

過去のコメント


Unknown (kmy) 2005-07-08 16:57:19

二尋さん、こんにちは。
スネイプ先生自身が闇の魔術に魅せられていたらしい、ということは生い立ちにもなにか関係があるのかな、と思っています。
魔法薬に関しての知識は他を抜きん出ていると思いますから、死の克服実験の研究に関与していたかもしれませんね、記事にあるように。
スネイプ先生は謎が多いだけに、(勝手な)想像を楽ししめますが、なかなかわからないことだらけです。






Unknown (二尋) 2005-07-09 00:31:54

kmyさん、コメントありがとうございます。
私も生い立ちに関係あるのでないかと思っています。僅かに見えただけの子供時代なのに、色々思い巡らせています。
想像するのは楽しいので、今後謎が解明されるのが楽しみだったり、そうでなかったり。複雑な気持ちです。

いつから死喰う人だったのでしょうか?

すみません。
死喰う人=× 死喰い人=○ です。

>s.sさん

うーん。いつからでしょう?
リリーに「汚れた血」と言った日(O.W.Lの試験日だったので5年生の6月?)、リリーに「あなたと大切な『死喰い人』のお友達のこと―ほら、あなたは否定もしない!あなたたち全員がそれになろうとしていることを、否定もしない!」と言っています。
この時点ではまだなっていないのか、リリーが知らないだけなのか、ちょっとわかりません。成人してから、卒業してから、という線が妥当に思いますが、ドラコが6年生の時には腕に印がありそうなそぶり(明言されていませんが)なので、学生時代から片足入れている、という状況もないわけではないと思います。結局、よくわかりません(汗)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/32-6b9355a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命懸けの任務  «  | BLOG TOP |  » パトローナス 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード