topimage

2017-11

抱負 - 2007.12.12 Wed

33章の感想を書きました。
今日はそれだけで、燃え尽きました。
新しい悲しみが次々に襲ってきたけれど、書く事で少しすっきりしました。

でも長い33章は、とても語りつくせません。
本当は少年時代の服装や両親のこと、ダンブルドアとの関わりにも触れたかったのですが。
いつかまた、重箱の隅をつつくように、じっくりスネイプ先生の記憶を検証したいです。

蘇る言葉 «  | BLOG TOP |  » アーモンド型

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード