topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネイプ先生の涙 - 2011.07.11 Mon

シリウスの部屋でスネイプ先生がリリーの手紙を読んでいる場面で、私が何より衝撃を受けたのは、スネイプ先生が泣いていることでした。

私はオフでスネイプ先生の話をする時、一時期「スネイプ先生は泣くと思う?」という質問をよくしていました。なぜ聞いたかというと、私は「泣かない人」だと思っていたからです。
人前はもちろん、陰でも泣かない人だと思っていました。

「泣く」というのは、交感神経が優位に働いていて急に副交感神経優位に切り替わった時、つまり緊張した状態から急に緊張が緩んだ状態になった時に起こる、と私は習いました。
で、スネイプ先生は常に交感神経優位な状態(緊張した状態)にあるようなイメージだったので(実際そんなはずはないでしょうけど)、泣くことなどないと思っていました。つまり、スネイプ先生はいつだって、一人になった時でさえ、緊張の糸を緩めることなどないと思っていたのです。
そんなイメージを7巻のこの場面を見るまで持っていました。
だから激しく衝撃を受けました。
スネイプ先生の緊張の糸が切れた!と思ったからです。

もしかしたら、この時までは本当にずっと緊張を保ってきたのかもしれません。
けれど、ダンブルドアを殺す、というあまりにも大きなストレスがかかって、これ以上ないほどの緊張状態となって、この家に飛び込んできて、無目的に階段を上がっていって、そしてシリウスの部屋で、思いがけずリリーの写真を目にして、その瞬間、プツンと切れてしまったのではないかと想像しています。

最上階のシリウスの部屋をどうして開けようと思ったか、そこはよくわからないのですが、スネイプ先生自身もやはり自分の行動に説明がつかないまま、目の前に現れたシリウスの部屋をなんの気なく、というか呆然としたまま開け、ぼんやり部屋の奥まで入り、そこで既に絨毯に散らばっていた羊皮紙の中から、リリーの文字の書かれた手紙を発見したのではないかと想像しています。

gの特徴を見なくても、リリーの文字をスネイプ先生が見間違うはずがありません。
シリウスに宛てた手紙にその文字を見つけ、笑顔で写っているリリーの姿に、とうとう堪え切れなくなったのだと思います。
手紙の内容というより、リリーの笑顔、リリーの文字、特に「愛を込めて(Lots of Love )」に、張りつめていたものが切れて泣いてしまったのではないかと想像しています。
ハリーが手紙を見て感じたように、リリーの温かな手が、一度はこの羊皮紙の上を動いて文字を、言葉をしたためた、という事実に想いを巡らせたかもしれません。
その、目いっぱい張りつめた状態から一気に気が緩んで、鼻先から滴るほどの涙を流したスネイプ先生の姿を思うと、切なくて私が身を捩ってしまいます。抱きしめて「辛かったよね、辛かったよね」と言ってあげたいです。

でも、その涙が却ってスネイプ先生を救ったようにも思います。
あのまま、緊張状態を保ったまま、感情を閉じ込めて死喰い人生活に戻っていったら、いくらスネイプ先生でも身が持たなかったのではないかと思います。
最近巷で言われる「涙の効用」もあって、その涙は、ストレスを軽減する働きをしたことでしょう。
そして、リリーの「愛」とともに笑顔の写真をお守りとし、スネイプ先生は再び独りで立ち上がったのだと思います。

● COMMENT ●

自分でも

二尋さんが思っていらっしゃった泣いていた理由はそれだったのですね。緊張の糸が切れたから。
 私自身が緊張の糸が切れた時に泣いた経験がないため掴みにくいのですが、少し暖かいイメージになります。
 ダンブルドアを殺してしまったスネイプ先生は体の全細胞が凍結したかのような状態だったと思います。でも「まだ終わっていない、行かなければいけない」と、どうにか自分を取り戻そうとしていたとは思います。そこは先生自分で頑張りそうです。
 リリーの痕跡という心の支えに出会うまでは、自分でもそれが必要だったこと気付いてなさそうですね。

 ~いくらスネイプ先生でも身がもたなっかた~ そうですよね。精神がまいってしまったかも。これ以上ないぐらいすり減った神経が少し回復したのですね。

理由

そうなんです。これが先日、「次回書くつもり」と言った理由なんです。
ちょっと特殊なので、ひと様にこの考えを押し付ける気は毛頭ありませんが。

私は緊張の糸が切れたときに泣いた経験が何度かあります。
病院実習で数週間強い緊張が続き、睡眠時間も毎日3時間くらいしか取れなくて、心身ともにギリギリの状態にあると感じていた時に、調べものがあって学校に行ったら、いつも厳しい先生がとても温かく迎えてくださって、その瞬間泣いてしまいました。(当時既に30代だった大人がです)自分でも極限状態にあるな、とわかっていましたが、そういう時突然優しくされると、涙が止まらないというか、制御不能になって号泣してしまいました。
スネイプ先生もそんな感じかな、と思っています。
ダンブルドアを殺した、という精神的に極限状態に追い込まれた時、リリーの笑顔や彼女らしい文体、文字は、突然優しくされたのと同じような効果があったのではないかと想像しています。

リリーが死んだ時は、ダンブルドアの部屋で傷ついた動物のような声を上げて嘆き悲しむことで精神のバランスを取り、ダンブルドアの時は、このシリウスの部屋での涙が同じ効果を発揮したのではないかと考えています。

先日、7巻33章を読み返したところ、スネイプ先生がダンブルドアに嫌悪と憎しみの表情を向けた理由が、私の中で覆りました。
 そうしたら色々と見方が変わってきたのです。この、手紙を読んで涙する場面はこういう解釈になりました。
 リリーに謝っているのだと思います。手紙の前半はハリーへの愛情であふれていますね。(10章)スネイプ先生の胸の内は強烈に痛んだと思います。「この子を守れない、ダンブルドアの恐ろしい計画を私が遂行している。私がこの子を死へと導いている・・・。」そして手紙の最後にはリリーの、ダンブルドアの人道的な人格を信じて疑わない文面があります。やるせないなんてものではないですね。

 私は今までスネイプ先生にとって一番辛かったのは、ダンブルドアを殺さなければいけなかった事だとずっと思っていました。でもそうじゃなかった。

 作中の、今まで解せなかったけれどスルーしていた部分も「ああそれでか」と納得出来るようになりました。(ちょっとした短い表現などですが)
 
 そして、スネイプ先生が肖像画になって戻ってきた時なり、ハリーが生き残れた事を知って、どれほど安堵したかと思います。




 
 
 

新解釈

こはちゃんさん、コメントありがとうございます。
以前、この記事にコメント下さった時とお考えが変わったということですね。
新しいお考えお知らせ下さってありがとうございます。

写真を破いてハリーとジェームズ側を捨てる、という部分を見ると、私はハリーに対する気持ちはそれほど重くないように感じるのですが、こはちゃんさんはきっともっと重いものに感じるようになったのだと思います。
読み返すたびに、解釈もどんどん変わっていきますよね。
時間をおいて読み返すと、私もまた新しい見方ができるようになるだろうと思っています。



それとこれ

そうですね・・・。ハリーに対する気持ちを問われると、そこはそうでもない、と思います。
 スネイプ先生にとって大事なのは、リリーの願いを叶えること。ダンブルドアは「リリーの死を無駄にせぬことじゃ」と言ってますが、2人の間ではその差があったようですね。ていうかダンブルドア分かってて騙してたようなものですが。 
 狸じいさん(すみません)のことは置いといてスネイプ先生の中では、それはそれ、これはこれなんだと思います。どう読んでもハリーのことは嫌いなようです。
 リリーの願いを叶えることが、たまたまハリーを守ることだっただけで。 ただ、屠殺されるべき豚のように育てられた事に関しては、それがハリーだろうと他の子だろうと、「何て非情な・・・!」という思いはあったと思います。

Re: それとこれ

なるほど、「それはそれ、これはこれ」という意味だったのですね。
ハリーを守ることと、(本人が傷つくわけではない)写真を破り捨てることは、別、ということですね、今わかりましたi-229
全く、おっしゃる通りだと私も思います。
リリーの願いだからハリーを守ったというのも。
また、屠殺されるべき豚、の件も同感で、ハリーでなくても衝撃を受けただろうと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/287-95fc3342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しばらくお休みします «  | BLOG TOP |  » グリモールド・プレイスに向かったのは

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。