topimage

2017-06

グリモールド・プレイスに向かったのは - 2011.06.19 Sun

不幸にもジョージの耳に呪いを当ててしまった記憶の後に出てきたのは、シリウスの寝室にひざまずき、手紙を読みながら涙するスネイプ先生の姿でした。

スネイプ先生がハリーに遺した記憶は、ほとんどが時系列に並んでいるようですが、この場面だけは違うようです。
これは、一つ前の囮作戦以前の記憶だと思われます。なぜなら、グリモールド・プレイスにスネイプ先生が入れたのは、マッドアイがスネイプ除け呪文を施す前だった、との作者の言葉があるからです。
ローリングさんはこう言っています。
Snape entered the house immediately after Dumbledore's death, before Moody put up the spells against him.(スネイプはマッド-アイがスネイプ除けの呪詛をかける前、ダンブルドアの死の直後に家に入った)
(ブルームズベリー社・ライブチャット:2007.7.30)

immediatelyは「すぐに、早速、ただちに」という意味なので、ダンブルドアの死後、かなり早い時期だと思われます。
スネイプ先生は、ダンブルドア殺害後、ドラコと共に校庭を走って逃げ、追いつきそうになったハリーと対峙する時に、ドラコも死喰い人も先に行かせました。
スネイプ先生は、後から一人で姿くらまししたのではないかと思います。

ドラコたちの向かった先は7巻1章で登場したマルフォイ邸ではないでしょうか。
スネイプ先生も間もなくマルフォイ邸に向かったと思いますが、先にグリモールド・プレイスに向かったのではないかという気がしています。
もしダンブルドア殺害後直ちにヴォルデモートに報告する必要があったとしても、遅れた言い訳として、今のうちに騎士団本部の家探しをする必要があった、とでも言えば良いわけですから。
だとしたら本当は何の目的で行ったのかが気になります。

直前まで騎士団の一員だったスネイプ先生にとって、この時期新しく知りたい騎士団の情報などなさそうです。
では、シリウスの家には何かリリーの手紙や写真などの痕跡が残っているのではないかと元々考えていて、本当に家捜し目的で行ったのでしょうか。
私としてはその目的で行ったと考えるのは抵抗があります。

7巻9章でハリーがグリモールド・プレイスに入った翌朝、以前ロンとともに使っていた寝室が荒らされているのに気付きます。シリウスの部屋もレギュラスの部屋も散らかっていました。
その探し方が、私のスネイプ先生のイメージではないのです。
洋箪笥の戸が開けっ放しだったり、ベッドの上掛けが剥がされていたり、何より、本を乱暴に振った痕跡があったことが。
これはやはりマンダンガスが金目のものを探して荒らした部屋に後からスネイプ先生が入って手紙を見つけた、と考えたいところです。
リリーの気配を探すために、このように荒々しく部屋を散らかしていったとは、考えたくないです。

一つ気になるのは、マンダンガスが6巻12章でホグズミードでハリーに会って以来(10月半ば以来)、姿を見せなくなったことです。
ということは、マンダンガスがブラック邸を荒らしていたのはスネイプ先生が騎士団を離れる半年以上も前、ということになります。
が、その間もし騎士団のメンバーがグリモールド・プレイスに集ったとしても(実際使っていたかどうかは不明)、やはり以前と同じ厨房くらいしか行かなかったのではないかと思います。
シリウス亡き後、ハリーの持ち物となった家を、勝手に上の階まで上がってくるような面々ではないと思うので。
だから、ハリーが見た荒れた様子は、その10ヶ月くらい前のマンダンガスの仕業と考えたいです。
ただ、スネイプ先生の心の底には、ブラック家には何かリリーにまつわる物があるのではないか、という思いが前からあったのではないかとは思っています。

ダンブルドアを殺したスネイプ先生は、スネイプ除けのような呪いが無かったとしても、騎士団のメンバーの誰かと鉢合わせする可能性のあるこの場所に、二度と足を踏み入れるつもりはなかったと思います。
でも、ダンブルドアを殺した直後だったら、騎士団のメンバーは皆まだホグワーツに居てダンブルドアの死を知ったか知らないかのこの時だったら、グリモールド・プレイスは無人であると知っていたと思います。

スネイプ先生は一人になりたかったのではないかと私は考えています。
スピナーズエンドではなくグリモールド・プレイスを選んだのは、心の底にある「ブラック家にはリリーに関する何かがあるかも?」というわずかな希望のためではなかったか、と考えています。ハーマイオニーがハリーとロンを連れて咄嗟に姿現しした場所がなぜかトテナムコート通りだったり、クィディッチ・ワールドカップがあった森だったりしたように、最初に思いついた場所だったのではないかと想像しています。

騎士団本部として使われたグリモールド・プレイスに、かつてスネイプ先生は何度も足を運びました。
が、一度も一緒に食事をしたことがないというスネイプ先生が、騎士団の会議の開かれる厨房以外の部屋に足を踏み入れるとは到底思えません。
けれど、シリウスの部屋は最上階(一体何回まであるかはわかりませんが、ハリーやロンが以前使った3階の寝室よりは上にあるようです)、そこまでスネイプ先生が上っていったのは、どうしてでしょう?

私は、無目的にただひたすら階段を上がっていったのではないかと考えています。
大切なダンブルドアを殺してしまった罪の重さに耐えかねて、苦しくてわけもわからず、ひたすら自分の足で息を切らして上っていったのではないかと想像しています。
そのままヴォルデモートの下に向かえば、閉心術を保てるかどうかわからないくらいに気が動転していたのだと思います。
ハリーが「臆病者」と呼んだ後に見たスネイプ先生の表情は、「異常で非人間的(demented, inhuman)」となっており、dementedは取り乱した、気が狂ったような、という意味がありますから、かなり動転していたことを示しています。
そのようなわけで、私は、スネイプ先生が自分を鎮めるために、ほとんど無意識のうちに一人になれる場所としてここを選び、階段を上り続けたのではないかと想像しています。自らの体を傷めつけるように、息が苦しくても立ち止まらず、ひたすら上っていく姿を思い浮かべては、胸を痛めています。

● COMMENT ●

非人間的

深いですね。7巻を読んだとき、私もシリウスの部屋の荒らされ様には違和感を感じました。プリンスがこんな粗雑な感覚を持っているとは思えませんし、家探しをする目的もよく分からないままでしたから。なるほど、マンガンダスの仕業と考えれば納得がいきます。
それにしても、グリモールド・プレイスに向かったときの胸の内まで考えたことはありませんでした。二尋さんの考察を読むにつれて、セブルスに対して申し訳ないという気持ちでいっぱいになりました。「非人間的」と表現されるほど気が動転していた、どれほど苦しかったか知れないのに…。ダンブルドアという存在を失くして、細く険しい道が更に厳しいものとなり、そこをたった一人で行かなければならなくなった、どれほど心細かったことでしょう。自分の置かれている状況がこれから最も辛いものになると分かっていたから、すがるように、心の支えであるリリーの面影を求めて、ほとんど無意識にあの場所へ行ったのでしょうね…。そして偶然見つけたリリーの手紙に進み続ける勇気を奮い起こし、ヴォルデモートの下へ戻ったに違いありません。セブルス、一人のときは人前では決して見せない悲しみと憂いの表情を浮かべていただろうと思うと涙がこぼれます。作者も、そんなに、ここまで切ない設定しなくたって…。

悲しくて沈んでしまいました。
気を取り直して、以下、全く関係のない妄想です。

トンクスはセブルスの教え子ですよね?オーラーになったぐらいですから、上級魔法薬の授業は受けたでしょうか。材料の分量を間違えたり、鍋をひっくり返したり、ドジは日常茶飯事だったでしょう。セブルスはきっと嫌味も言うけれど、トンクスが合格できるようにしっかりとフォローしたように思います。6巻でトンクスのパトローナスについてセブルスと会話するシーンがありますが、騎士団員同志という以前に教師と教え子という関係があることを感じました。

ルナがセブルスと直接関わるシーンはほとんど描かれませんでしたが、私は、ルナならセブルスの本質を何となく感じとっていたのではと思います。彼の死後(泣)「あたし、嫌いじゃなかったよ、校長先生のこと」と ぼそっと言ってくれるのではないでしょうか。というより言って欲しいです…。

二尋さん同じく、私もセブルスは指づかいがとても繊細で美しいと想像します。マグルの世界でもしもピアノを弾くことがあったらきっと似合うと思います。ショパンの流れるような悲しい曲を弾く姿を想像すると、うっとりです。

本編では描かれなかった姿を想像して、悲しみに耐えることにしています。大変失礼いたしました。

凄まじい形相

あの荒らされた部屋はスネイプ先生に拠るものとはどうしても考えられなくて、特にリリー関連の品をあてずっぽうに探して散らかした挙句そのまま放置するとは到底思えず、なんとかマンダンガスの仕業となるようこじつけて考えてみました(笑)
彼なら、金になるかならないか、という視点で家財道具などを見ますから、価値のないものはそのまま放っておかれて不思議はないですよね。

ダンブルドアを失った(しかも自分の手で息の根を止めた)ということが、スネイプ先生にとってどれほど辛く苦しかったか、しばしば考えています。6巻を読んだ時からその苦しみを強く感じていて、ダンブルドアの依頼の可能性を感じながら、そんなひどいことをダンブルドアがするはずない!と自分に言い聞かせていました。
「非人間的な顔」というのは私にはなかなかイメージしにくいのですが、inhumanの他の意味「残酷な」とか「冷酷な」を考えると凄まじい形相だったのだろうと思います。ハリーにとっては残酷で人間とは思えない顔に見えたのだろうな、と思っています。それほど苦しかったのだと思います(涙)
7巻を読んで結局依頼があったことがわかり、「なんでこんなことさせるのよ~」と声に出して泣きました。愛する人のことで、再び辛い思いをさせた作者が、私も恨めしいです。

トンクスに関しては、教え子だったと頭では理解しつつ、感覚として騎士団員としてのつながりしか感じていませんでした。
でも、そうですか、パトローナスの場面で、音ぷさんは教師と教え子の関係を感じたのですね。今度はそこを注意して読んでみます。
かなり優秀でないと闇払いにはなれませんでしたよね。
闇払いになるための必修科目には魔法薬学も含まれ、そして、スネイプ先生のNEWTレベルの魔法薬学の授業は、OWLでOが取れなければ受けらないことになっていましたから、トンクスはOの成績を取ったということになりますよね。理解力はともかく、うっかりミスなくきちんと調合し、こぼすことなく提出できたことに驚きます(笑) スネイプ先生もさぞかし苦労したことでしょう。

ルーナに関しては、私も同じことを考えていました。
ただ、レジスタンス運動をしていたネビルとルーナの会話に、戸惑います。
「君が戻ってきたら、そのときは革命だって、僕たち全員そう思ってた。スネイプとカロー兄妹を打倒するんだって」
(中略)
「そうでしょ、ハリー?戦ってあいつらをホグワーツから追い出すのよね?」(7巻29章p.288)
ああ、ルーナの言う、「あいつら」にスネイプ先生は含まれていませんように。
本質を見抜く力のあるルーナには、スネイプ先生の苦しみと深い悲しみを嗅ぎ取って欲しいです。

細い指、さぞかし美しかっただろうと思います。
楽器を奏でるスネイプ先生を素敵するのは楽しいですよね。

泣いてた理由

こんにちは
すごいです!私はこの場面、単純に失恋の痛手を思い出して泣いている所だと流してました(汗)
ガラリとイメージが変わりました。
失恋の痛手なんて今更ですよね(以前読んだ時には若い頃の記憶だと思ってたぐらいです。
約束とはいえダンブルドアを殺して、泣きながら飛びこんだグリモールドプレイスでリリーの手紙と写真を見つけて、「がんばんなきゃ」と気を取り直して出て行った・・・という事だったのか、と。手紙を読んでむしろ落ち着いてきた所だったのでしょうか。
手紙の内容は“幸せな家族”だったので当てられているみたいに私は感じていましたが、意外とどうでも良く、リリーの痕跡に力を貰ったのかな。
あるいは、こんなに幸せだったリリーの人生を自分が奪ってしまったのだから「ここで負けてはいけない」と自分を奮い立たせたのでしょうか。

スネイプ先生の死そのもの、よりももっとひどいと思ったのが、ダンブルドアを殺さなければならなかった事です。
これについてはハリーが「スネイプが止めを刺す前に死んでいた」と言っていますが、何を根拠に言っているのか分かりません。でも望みです。ハリーの根拠と私の望みを裏付けたくて「杖の所有者の法則」について本を読み返したり、考えたりしていますが、難しいです。矛盾しているところもあるような・・・。

泣いていたのは

こんにちは~
コメントありがとうございます。
えーと、本当のところはよくわかりません。
最初にお考えの「失恋の痛手を思い出していたから」かもしれません。
少なくとも、ダンブルドアには関わりはなく、あくまでリリーに対する想いのみで涙が出てきた可能性も十分あると思います。
ただ、グルモールド・プレイスに向かったのはダンブルドアを殺した苦しみが関係するかな、と私は考えているんですが。
で、泣いていることもまたひとつの考えがあって、それはまた次回に書くつもりです。

>スネイプ先生の死そのもの、よりももっとひどいと思ったのが、ダンブルドアを殺さなければならなかった事
全くその通りだと私も思います。
スネイプ先生に人を殺させるなんて、死の呪文を唱えさせるなんて、なんてひどい!
「スネイプが止めを刺す前に死んでいた」は、気になる言葉ですよね。
これはどういうことだろう?と私も思いましたが、私は「示し合わせた死だったので、とっくに心は死んでいた」という意味だと解釈してました。
もちろん、「本当に死んでいた」方がはるかに私も楽になれます。
これは!という新しい見解に辿りついたら、教えて下さい。

杖~

フッと思ったのですが。
最初に杖の法則ありきではなくて、杖の持ち主の図式の為に作者が後からこじつけているのでしょうか。
色々ツッコミ入れたくなる所がありますし。
私も[止めを刺す前に死んでいた」の意味は最初、物理的なことではなくて、「スネイプが殺さなくたってあと数分、いや数秒の命だった。」という事かなと思いました。でも一秒前か一秒後かが重要なのです。
で、これは一秒後であるという望みの為の見解なのですが、エクスペリアームスだけで杖が所有者を変えていたら今まで何かとやっかいだったと思うのです。
でもドラコのエクスペリアームスの後、ダンブルドアは誰にやられることもなく死んだので杖はドラコを所有者にした。
前の所有者が生きている時点でより打ち負かしているものがいればその人を認定すると思うのです。でも死んだ後だったので認定しなかった。
でもここの所も「計画的だったから打ち負かしたことにはならない」と言っているのと、35章では
ハリー:「先生がスネイプによるご自分の死を計画なさったのならニワトコの杖はスネイプに渡るようにしようと思われたのですね?」
ダンブルドア:「そのつもりじゃった」と言っているし、どっちやねん!て感じですが、この35章の計画的でも認識するらしい方を支持(?)したいです。一秒後が成り立つので。
それで、作者はエクスペリアームスだけでは無理があると思ったのでスネイプ先生が止めを刺す前にダンブルドアが死んだことにしたのでは。
そういう理由でもそれだったら嬉しい(?)のですけど。
で、でもハリーなんかドラコの手からもぎ取っただけでサンザシの杖を手に入れたし・・・。
あ~、難しい~

呪文の作用

こはちゃんさん、再度コメントありがとうございます。

杖の法則は矛盾だらけですよね。
おっしゃる通り、エクスペリアームスだけで杖が所有者を変えていたらやっかいだと思います。
そして私も、ハリーがドラコの杖の忠誠を勝ち得たのも、手からもぎ取っただけ、というのが本当に納得いかず、何度も読み返しては、もっと魔法使いらしい振舞いの末杖の忠誠を勝ち取ったとわかる場面があるのではないかと探してみたりました。
こんなことで、手にしてもいないニワトコの杖の所有権まで移動していたら、色々な場面で杖の所有権は移動して誰のものかわからなくなっているのではないかと思います。
だったら、ハリーが死ぬまでの間にニワトコの杖の所有権だって本人が気付かないうちに移動する可能性は大ありですよね。
そして歴史は繰り返す……。

スネイプ先生の呪文はダンブルドアの死の一秒前か一秒後か、これは重要なことですね。
もし既にダンブルドアが死んでいた時、死体に対してアバダケダブラの呪文がどのように作用するのか知りたいです。
死んでいる物には何の作用も与えないものなのか、吹き飛ばすくらいの作用はあるのか。
というのは、アバダの呪文の後、ダンブルドアは空中に吹き飛ばされたからです。
死体に対しては何の作用もなさそうに思うのですが。
ただ、7巻の禁じられた森で死んだふりをするハリーがクルーシオの呪文で空中に放り投げられていたのを考えると、実際死んではいなかったものの、「空中に放り投げられる」という作用に対してヴォルデモートが疑問を持たなかったことから、死体でもそのように反応する可能性があると思います。
だから、本当に一秒後だったかもしれません。

ただ、私にとってはスネイプ先生が本当に殺したかどうか、ということより、スネイプ先生が「自分が殺した」と思っているかどうかが重要で、もし仮に殺していなかったとしても、スネイプ先生が「自分は殺した」と思っているなら、それがスネイプ先生にとっての真実だと思っています。もし殺していなかったのなら、死後であってもダンブルドアにはぜひ、その点を正確に伝えて、スネイプ先生の重荷を取ってあげて欲しいです。

真実

最近お邪魔しまくりですみません。
そうですね、スネイプ先生にとっての真実も重要です。
1秒後だったとしてあのダンブルドアはその重要性が分かっているでしょうか。是非とも教えてあげて、「あ良かった~」と胸をなでおろしてほしいです、スネイプ先生。

楽にしてあげたい

いえいえ、来て下さって嬉しいです♪
むしろ、嘘でもいいから、スネイプ先生が生きているうちに、肖像画のダンブルドアは「実は既に死んでおったのじゃよ」と言って、スネイプ先生を少しでも楽にしてあげて欲しいです。読者の知らない場面で言っていますように。

7/7の23:41に拍手コメント下さった方へ

コメントありがとうございます!
こちらも読んで下さっていること、私の解釈に共感して下さったこと、嬉しく思います。
本当に、想像すると胸が痛みます。

お久しぶりです。コメント欄の『呪文の作用』や、音ぷさんや、こはさんとのコメントのやりとりを見ただけで、涙してしまいました。私も、同感です。ダンブルドアの一秒後の死が、例え真実だとしても、スネイプ先生がどう思っているかが真実に繋がります。結局自分が殺したと思い込んでいるなら、それは本人にとって真実になり、殺したことが重くのしかかりますから…。苦しいです、とても苦しいです。スネイプ先生が生きていてくれたらって思うと…涙が止まりません。少しでも幸せになって欲しかったと思い、居た堪れなくなります。この苦しい想いを分かち合いたくて…誰かに知って貰いたくて…定期的に足を運んでいます。あっ、私は以前日記にコメントさせて頂いた(当時、大学生だった)者です。通学時間に本を読むのを楽しみにしていた私が、第七下巻からは家でひっそりと読み進めたのを覚えています。夜中に声を押し殺して、泣きました。先生の生存を願っていたのに。…どうしようもなく…辛いです。映画公開で、真実を知らず浮足立っているファンに、知って貰いたいです。彼が、物語に出ている誰より勇敢だったことを。そして、原作を読んで貰いたいです…映画ではどうしても省かれる部分が多くて、彼の善良な部分を全て理解出来るとは思えません。こんなに先生は苦しかったんだという真実を知って欲しいのです。何だか、どんな言葉を並べても陳腐に思えますが…想いが伝われば幸いです。えっと…長々と失礼致しました。猛暑が続きますが、お体にはお気をつけ下さい。

重荷

以前「スネイプ先生とルーピン」という記事や日記にコメント下さったあいさんですね。
コメントありがとうございます!

スネイプ先生はリリーを失った時、十分苦しんだと思います。
「死」とは「殺人」とはどういうことか、その時身に沁みてわかったはず。
その後はなるべく死なせないよう救う努力をしてきたでしょうに、ここへ来て大切な師からの殺人依頼があるとは。
スネイプ先生がどんな苦しみの末に頷き、実行したか、依頼した本人はどれだけわかっていたでしょう。
少なくとも、頷かせた時の言葉だけでは、到底スネイプ先生の重荷を軽くすることはできなかったと思っています。
嘘でもいいから、スネイプ先生が納得できる言葉で、その重荷を軽くしてあげて欲しいです。心のケアをして欲しいです。

映画公開が迫って、世の中が盛り上がってきましたね。
今まで原作を読んだことが無く結末を全く知らない人たちの中にも、スネイプ先生の真実を知って心を動かされ、その魅力に気付く人は多いのではないかと思います。
映画のスネイプ先生も素敵ですが、本のスネイプ先生の奥深さは測り知れないものがあるので、そこはぜひ本を読んで、知って欲しいです。

早々に梅雨明けしてしまって、先が思いやられます。あいさんもお身体に気をつけて~

2012.9.15の20:49にコメント下さった方へ

初めまして。拍手とコメントありがとうござます!
多大なるお褒めの言葉をいただき、恐縮しています。
共感していただいてとても嬉しいです。

更新はゆっくりではありますが、止まっているわけではなく、コメントや拍手コメントも毎日のようにチェックしているんですよ。今月中にもう1回くらいは更新したいです。まだまだスネイプ先生のことは語り足りないので。
映画後全公開後だろうと、小説を読んでハマったのでしたら何も恥じることはありません。ぜひ今後もご意見伺いたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/286-40f21848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スネイプ先生の涙 «  | BLOG TOP |  » スネイプ先生と箒

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード