topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリザリン贔屓  - 2005.06.20 Mon

ハリー2年生最初のクィディッチ練習の日、グリフィンドールの練習時間であるにもかかわらず、スリザリンチームが練習にやってきます。新シーカーのドラコを教育する目的でスネイプが練習を許可する旨を記したメモを持って。

スリザリン生以外からはみんなから嫌われているというスネイプ。スリザリン生はどの程度スネイプを慕っているのでしょう。また、彼に愛寮心(造語)はあるのでしょうか。

私にはスリザリン生はスネイプをうまく利用しているだけのように思えます。目的のためには手段を選ばない狡猾な寮生ですから、先生も利用しようという訳です。
意外と「まことの友を得る」と言われるようにスリザリン生同士は特別な絆で結ばれているのかもしれず、その中には寮監も含まれているかもしれません。でも、確かに他の寮に対しては強固な連帯感を見せますが、寮生同士は打算的な繋がりがあるような感じがしています(スリザリンのイメージが寒々しすぎる)。
それに先生自身、寮生に慕われてうれしいとか、利用されて傷つくとかそんな感情なさそうに思います。
自分の寮を愛しているのでしょうか。単に他の寮を嫌っているだけなのかも。
スネイプには何も愛そうとはしない、自分すら愛そうとしないというイメージがあるので。切ないです。

またスネイプも、ドラコを贔屓するのはルシウスに対して何か考え(企み?)があるからなのかと少々勘ぐっています。死喰い人をやめたのにルシウスとの繋がりは5巻現在まだあるようですから。この点については今後4巻・5巻で更に考察していくつもりです。

でも、5巻でシーズン最初の試合の前、スリザリンの練習のために頻繁に競技場を予約してグリフィンドール生が練習できないようにしたり、相手チームの選手に呪いをかけた寮生がいても知らん振りだったりとドラコ以外でも露骨に贔屓しているところをみると、単純にクィディッチに熱くなっているだけなのかもしれません。そんな先生もかわいいいじゃないですか!!(ポリシーなし)

仮トラックバック
スネイプ先生を考える 憂いの篩

● COMMENT ●

過去のコメント

Unknown (りん) 2005-06-20 23:31:44

こんばんは!また遊びに来ました!
意外と教授は、実はクディッチの選手になりたかったのかも知れませんね(笑)
自分が学生の頃、叶えられなかったその夢を今託してるのかも知れないですね!←男のロマンかしら?(笑)
情熱のスペインならぬ、情熱のスネイプ…(笑)
今、情熱のスペインって書いた時点で頭の中に、フラメンコを踊る教授がよぎりました(爆)もちろん、口に薔薇を加えてます!(笑)
あと、私も思いますが教授は卒業していったスリザリン生がどのくらいいようとも、特に何も思っていなさそうな感じはしますね!
でも、そんな風にクールに装っていても純情な心の、いや、初心な心を持った人だと思います!(笑)







情熱のスネイプ (二尋) 2005-06-21 23:04:40

りんさん、コメントありがとうございます。
りんさんのお名前からりんさんのHPに飛びません。折角入れていただいたURLが間違っていたのでしょうか?

>意外と教授は、実はクディッチの選手になりたかったのかも知れませんね(笑)
先生にクィディッチ選手は似合いませんが、そうかもしれませんね。3巻でルーピンもジェームズのクィディッチの才能を妬んでいたと言っていましたものね。

>頭の中に、フラメンコを踊る教授がよぎりました(爆)
熱いですね~。

>でも、そんな風にクールに装っていても純情な心の、いや、初心な心を持った人だと思います!(笑)
そういう部分もあると思います。なかなか複雑な心を持った人だと思っています。心とは複雑で重層的なものだと先生もおっしゃっていることだし。






「まことの友」 (kmy) 2005-07-04 09:39:06

「まことの友を得る」ということば、気になりますね。
マルフォイ軍団らは「まことの友」になりうるのでしょうか? スネイプ先生自身、「まことの友」がいるのでしょうか。






続きです。 (kmy) 2005-07-04 09:42:27

書いている途中でEnterを押すというミスを犯してしまいました。すみません。
スリザリンに関しては「狡猾」なところばかりクローズアップしてしまいがちで、読者としてもスリザリンはあまりよいところがないと思ってしまいますが、今後、スリザリンって実はこんないいいところが!という展開があったら面白いしびっくりしますよね。二尋さんの記事を読んで、そういうことが意外とあるかも、とちょっと期待してしまいます。






狡猾 (二尋) 2005-07-04 22:30:19

kmyさん、コメントとトラックバックありがとうございます。
いらして下さって本当にうれしいです。
すみません、コメントを確認する機能が無いのでEnterで投稿されてしまうようです。

「まことの友」というのはもしかして、欺き欺かれという環境の中で育まれるメッセージなのでしょうか(笑)スリザリン生同士打算抜きの友達に発展していくといいと思います。

>スリザリンに関しては「狡猾」なところばかりクローズアップしてしまいがちで
実際そうですよね。11歳で入学した子どもを「狡猾」の資質があると振り分けてしまう組分けにも疑問です。
ハリーポッターの本を知らない人に組分け帽子の歌のスリザリンの部分を話したら「詐欺師の寮?」と聞かれました・・・・
そんな、善と悪にはっきり分けることなどできないと思います。スリザリンの長所を今後見せて欲しいと思っています。

デスイーター仁義

 スリザリンは意外と本当に仲間思いだと思った場面があります。7巻4章の追跡の所でデスイーターが落下した仲間を救出しにいったところです。デスイーターって仲間がやられても放っておきそうなイメージを持ってました。
 裏切り者に対してはデスイーターなりに憤りを感じていそうです。「デスイーターの風上にもおけねえ」とか会話してそう。
 ルーピンが「クィディッチの才能を妬んでいた」と言った所、ルーピンはシリウスとハリーの手前、何か言い淀んで思ってもないことを言ったような感じがします。

今は

こはちゃんさん、コメントありがとうございます。
随分古い記事がお目に留まったものだと思いました。
で、自分で読んでみて驚きました。
今、私は記事のようには全然考えていないからです。
スネイプ先生は、心底スリザリン生から慕われ、尊敬されたと思っています。
スリザリン生も、デスイーターも、基本は他の人と違いはないと思います。
ルシウスやナルシッサがドラコを深く愛しているように、やはり仲間を大切に思う気持ち、人間的な気持ちは同じような気がします。ちょっと進む道が違うだけで。

この記事に限ったことではありませんが、書いた当時とは全く違う考えに変わっていることが少なくありません。1年前に書いた7巻についての記述さえ、今は「違う」と思うことがあります。
考え直すきっかけではありますが、いつまでも晒しておくのが恥ずかしくなってきました。

すみません

今は考え違うかな、と思う所とかなんとなく察しながら時々以前の記事を読ませていただいてます。
 なので残しておいてほしいと願いますが、またついコメントしてしまったらすみませんm(--)m
 

いえいえ

こはちゃんさんが謝る必要などありません。
ただ、自分でもこんなこと書いてたんだ!と驚いてしまって。
結末を知らなかったとは言え、なんて失礼なことを…。
最近、昔の記事を全然読み返していないのですが、結構変なこと書いていそうで怖いです(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/27-911db520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミセス・ノリス石化事件  «  | BLOG TOP |  » 退校処分 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。