topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の価値観 - 2009.11.15 Sun

ホグワーツ入学前のセブルスはマグルの社会に暮らしながら、既にマグルに対する偏見や軽蔑を持っていました。
それは子どもの心に自然に生じる類の価値観ではないと思います。

魔法力のたくさんあるリリーに対しては強い憧れを示しながら、全く魔法の力の無いペチュニアに対しては明らかに違う口調で『マグル』呼ばわりをするセブルス。
それはアイリーンの口調であり、価値観なのだろうと推察します。
自分の体験から見ても、母親の価値観というのは、子どもに(特に小さいうちには)強く影響を与えるものだと思うので。
だったら、アイリーンはなぜトビアスと一緒になったのでしょう。
元々は好きで結婚し、結婚したトビアスが妻に暴言を吐くようになってから、アイリーンはマグルを軽蔑するようになったのならわかります。
最初からの価値観では結婚には至らない気がします。
いずれにしても、息子にそのような価値観を植え付ける妻も、同じ価値観を内に持つセブルスも、トビアスが気に入るわけがないと思います。
そこで喧嘩になり、妻を怒鳴りつける。
セブルスはそんな暴力的な父親=マグルだと思ってしまい、偏見を深めていったのかもしれません。悪循環です。

セブルスが入学前からホグワーツやスリザリンへ憧れていたのも、母親譲りではないかと思います。
ホグワーツから手紙が来ることを「絶対だ」と確信している様子をハリーは印象深く見ています。
また、入学時のホグワーツ特急内で「だけど、僕たちは行くんだ!」「とうとうだ!僕たちはホグワーツに行くんだ!」(7巻33章p.424)
と言うセブルスのその興奮を抑えられない様子に、泣いていたリリーでさえ微笑んでいます。
そのように希望に満ちていたのは、ただ別な世界に逃げ出したかったからではなく、そこが素晴らしい世界であるとの認識があったからだと思います。それは、母親の生き生きとした説明があったからこそではないかと私は考えています。

お母さんの価値観が染みついた子ども時代のセブルスを誰が責められるでしょう?魔法使いの家に育った子は、ドラコもジェームズもみんな親の価値観そのままではありませんか。シリウスが違うくらいで。
親から聞かされたことを信じた素直な子が、スリザリンを強く希望してそこに振り分けられたとしても(本人の選択が影響しますよね)、「だから狡猾だ」、とは言えないと思うのです。(ますます組分け帽子の意味がわからなくなります)
純血主義のスリザリンにおいて、マグルに対する差別意識など修正されるはずもなく、そのままマグルを「穢れた血」と呼ぶことを誰が責められるのでしょうか。
むしろ、マグル出身が圧倒的に少ない寮が生じるような、そのような組分けを許してきた学校側に問題があるような気がします。新しい価値観が生まれようがないと思うのですが。

結局、手酷いしっぺ返しをくらい大事なものを失ってからスネイプ先生は変わっていきました。その変化の一因に、先生としての体験から来るものもあったのではないかと私は思っています。
様々な経験から人は学んでいくものです。
絶交するのは早すぎた気がします。

私としては、スリザリン寮で流され気味だったことを責めるより、まだしっかり母親の価値観に染まっている時点で、リリーを傷つけまいとして、「何か違うの?マグル生まれって」(7巻33章p.417)と聞かれて躊躇し「何も違わない」と答えたり、ペチュニアのことを「あいつはただの―」(7巻33章p.424)と言いかけながら素早く自分を抑えたセブルスの優しさの方を高く評価したいです。

● COMMENT ●

ちょっと前にも書きましたが…

こんにちは。KUMORIです<m(__)m>。

ちょっとも前にも書かせて頂きましたが、私の中ではアイリーンはしっかりと教えなければならない処は教えている、という感じです。
>リリーを傷つけまいとして、「何か違うの?マグル生まれって」(7巻33章p.417)と聞かれて躊躇し「何も違わない」と答えたり、ペチュニアのことを「あいつはただの―」(7巻33章p.424)と言いかけながら素早く自分を抑えたセブルスの優しさ
は私個人としては、お母さんから「自分が人にされて厭がる事は絶対にしてはならないよ」と言い聞かされていたのではないでしょうか。セブルスは母親の事を大切に思っていたと同時に、頼る大人が母親で、母親も自分を見捨ててしまうのを危惧していたのでは、と。もうここは私の、想像というよりは、妄想の範疇で申し訳ないのですが…。
私の中でアイリーンは「世間知らずのお嬢様」というイメージが強くて…。セブルス少年が汚れていたり、あまり栄養のあるものをとって無かったのは、もしかして、魔法や下手したら、僕妖精に家事をさせて、マグルの機器(洗濯機やらレンジやら掃除機等々)の使い方が、全くもって知らなくて、なお且つ、夫のトビウスが魔法嫌いの普通のマグルだった、というのが重なってしまった出来事かな、と思っていて。
じゃあ、なんでアイリーンはマグルと結婚したか、と訊かれてしまえば返事に困りますが…。うーん、子供を守るため、かな、と。アイリーン自身が純血で、これ以上純血と結婚すると、丈夫な子供生まれないのを危惧したのかな~、とお愛出たい私は考えました。

殆どが妄想の領域で申し訳ないですが…。

ありがとうございました

KUMORIさん、コメントありがとうございます!

ここでは、好きなだけ妄想を書いていただいていいんですよ。
私も、ここに自分の妄想を書いているし、色々な方も書き残して下さいました。
私と似ている妄想もあれば、違う意見や妄想もあって面白いです。影響を受けることもあれば、揺らがないこともあります。

アイリーンに対するイメージは、私達結構違うかもしれません。「自分が人にされて厭がる事は絶対にしてはならないよ」と言い聞かすことは私の中のアイリーンは決してしませんから(笑)
私のアイリーンは、結婚生活の不平不満を幼いわが子に愚痴るタイプで、息子がどう思うかなどお構いなしの人なんです。「昔は良かった」と言う時に目を輝かすので、息子はホグワーツに過大の憧れを抱いた、というのが根拠も何もない妄想ですが、さすがにこれは記事にするつもりはありません。記事に書くのは、もう少し根拠のある妄想なので。

あと、私としては、子ども時代も大人になってからも、セブルスの良い言動は、誰かに言いきかされたからとか言い含められていたから出てきた、とは考えたくない傾向があります。
お母さんがしっかりしつけたから良い行いができるというより、お母さんが自分の価値観を押し付けたけれど、自分の意思で抑えた、という方が好みなんです。
大人になってからも同様で、ダンブルドアに言われたから生徒を守ったというより、自分が守りたい存在であると考えたから守った、という願望があるんです。これは、私以外のすべての人と意見を異にしても、どうしても変えられない考えです。

セブルスがお母さん大好き、であったという点は同じです。
もっとも、6巻を読み終わった時は、スネイプ先生の行動の原因の多くがお母さんへの気持ちに由来すると考え、私の中のスネイプ先生は結構マザコンでしたが、7巻を読んでからその気持ちは少し薄れました。リリーがスネイプ先生の心の大半を占めていたことがわかったからです。
私としては、マザコンスネイプ先生の方が好みだったのですが、これはローリングさんの物語なので仕方ないです(笑)

アイリーンとトビアスの結婚はかなり謎ですね。
以前、チャットをした時も色々な意見が飛び交いましたが、これだ!というのはありませんでした。
そこに愛があったことを信じたいです。

たくさん書いてくださってありがとうございました。
おかげで刺激を受け、たくさん語れて嬉しかったです。

納得です

コメントレス、有難うございます<(_ _)>。

そうか。お母さんが躾けた、というよりは、「お母さんが価値観を押し付けたけど、自分の意志で動いた」とも考えられるのですね。
セブルス少年が、ホグワーツ特にスリザリンに瞳を輝かすのも、「お母さんの愚痴が唯一ない時」て考えられるのですね。今までそういった視点で見てこなかったので新鮮です。
あまりにどのキャラクターも悲惨すぎて、私がなるべく目をそむけているのかもしれません^^;。
スネイプ教授になってから
>ダンブルドアに言われたから生徒を守ったというより、自分が守りたい存在であると考えたから守った
というのに賛成です。立場もスリザリン寮監で、特にハーマイオニー等マグルの生徒たちの扱いは慎重にならざるを得なかったと思います。

スリザリン寮は書かれ方がかなり単純で、私も「??」と思ってしまう事があります。「純血」の中に、「誇り高い」という言葉が入ってるのかな?特にスネイプ教授には。原作で教授の授業で体罰を課す描写はなかったですよね。暴力に頼ることなく、言葉で根気よく話す、これも一つの自分に対する誇りの表れかな、と思います。

>ここでは、好きなだけ妄想を書いていただいていいんですよ。
との優しい言葉有難うございます<m(__)m>。遠慮せずに書かせて頂きます(←)

色々

KUMORIさん、再度コメントありがとうございます。

以前コメントをいただいた時に書いたかと思いますが、一つの場面でも色々な見方があるのはとても面白いことだと思います。
自分では特殊な考え方だと思わない、というか皆もそう考えていると思い込んでいるとそうでもなかったりして、別な見方に目からうろこが落ちる思いをします。
ローリングさんの物語だけど、やっぱり読む人それぞれの物語になっているんですね。
同じ場面から受ける印象の違いは読む人のバックグラウンドの違いなんかも影響しているのかな、と思います。
ここで私が書いていることは正解だと思っているわけではなく、やっぱりあくまで私の物語として語っています。

で、私はここで自分の物語を語っているわけですが、他の人の物語を見るのも大好きなんです。文章でも絵でも。
そういうサイトへも足を運びますが、こちらに書いていただくのも大歓迎なんです。なので、どうぞ遠慮なく書いていってください。

スネイプ先生の授業、本当に体罰は一度もなかったですよね。私もそこを大いに誇らしく思っています。そこにはきっと、やっぱりスネイプ先生のプライドのようなものがあった気がしています。

もう既読されているかもしれませんが

スネイプ先生の過去の家庭環境について考察するならば、本書と合わせて「毒になる親」を読むことをお勧めします。

この本は医療機関のセラピストが書いたAC関連の本です。
概要は、子供を虐げる親、すなわち「毒になる親」はどのようなものなのか、またそのような親の元で育った子供は何を感じ、どう育っていくのか、また、その親元から精神的に自立するのはどうすればよいのか…など、事細かに記してあります。

個人的には、虐待について本格的に知りたい人や、子を持つ親御さん方にも読んでもらいたい一冊です。

宣伝のようなコメントですみません。それでは失礼します。

ありがとうございます!

大懶獣 さん、はじめまして。

本のご紹介ありがとうございます!
その本は読んだことないです。
一応私も医療機関に勤めるセラピストですが、ちょっと分野が違うので。

また、私はスネイプ先生の家庭環境をその視点で考察するつもりはないんです。
先生をACと見る向きもあるようですし、そこを避けては通れないかもしれませんが、人物像については少し曖昧にしておきたいところが出てきたので。
最初は人物像をはっきりさせる目的でこのブログを始めたのですが、7巻が出てからは、考察というより、私の想いを綴る感じなんです。

ですが、子を持つ親としては読んでみるべきなのかもしれません。
いずれ読んでみようと思います。
お薦めくださってありがとうございました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/259-1dc72f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリーの目 «  | BLOG TOP |  » 無意識の動作

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。