topimage

2017-05

5月2日 - 2009.05.02 Sat

今ちょうど検証している部分、7巻32章は5月2日の出来事のようです。
最後の戦いが5月2日だとローリングさんが明言していたので、ホグワーツへの攻撃が開始された時(31章途中、ハリーがレイブンクローの髪飾りの話を灰色のレディーから聞き出し、ハグリッドに会ったあたり)から5月2日になり、36章までが5月2日に相当するのだと思います。

たった一日のことが数章に渡って書かれているのですから、本当に長い一日だっただろうと思います。
この5月2日が始まってそれほど時間が経たないうちにスネイプ先生は最期を迎えることになります。
ヴォルデモートが、「俺様は三時間前に、セブルス・スネイプを殺した」(7巻36章p.533)と言ってから間もなく、太陽の先端が顔を出しました。
夜明けの三時間前に、スネイプ先生は殺されたことになります。

ホグワーツはスコットランドにあると言われています。
首都エジンバラで計算すると、5月2日の日の出は、サマータイムで午前5時28分になります。
では、死亡推定時刻は、その3時間前の約2時半くらいでしょうか。
ただ、エジンバラはスコットランドでも東にあるので、西側ならもう少し遅くなるはずです。ハリーが貝殻の家(場所は不明、映画の撮影地はウェールズ)を発った5月1日は、6時に起き出して「夜明けは肌寒かったが、」(7巻26章p.202)という記述があるので、場所によっては6時くらいの夜明けもあり得ると思います。
となると、先生が亡くなったのは、夜中の2時半から3時位でしょうか。
ちょうど草木も眠る丑三つ時ですね。
先生は永眠してしまったけれど…
サマータイム時のイギリスと日本の時差は8時間になるので、日本時間では、午前10時半から11時頃に相当します。
今年、この時間はスネイプ先生を語り合うことに使いました。
有意義に過ごすことができました。

ところで、今日のエジンバラの予想最低気温は6℃、最高気温は11℃です。寒いです。(東京は16℃~24℃です)
血の海の冷たい床に一人で横たわっている先生を想像するのは、忍びないです。

大出血しながら、残された力を振り絞って使命を果たそうとしたスネイプ先生の最期は壮絶なものでした。
それでも、一番最後の言葉が、自分のためのものであったことに、ほんの少し安堵します。素直な気持ちを表現できたこと、そして願いを伝える時間が残されていたことに。
私は、スネイプ先生がまだ生きるつもりだったと思っています。
ただ、賢い人ですから、これが最期だと悟ったとは思います。
なんとか使命を終えて、そのまま力尽きず、自分のための言葉を絞り出したスネイプ先生が、抱きしめたいほど、愛しいです。
もっと自分のために時間を使って欲しかった、もっと自分に優しくしてあげて欲しかった、でも最期に自分のためにすごく頑張ったね、と認めてあげたいのです。私の気持ちは届きようもありませんが。

今、夕方の4時なので、イギリスでは朝の8時です。
あの日、8時だったらもうヴォルデモートに勝利していたはず。
真実を知ったホグワーツの住人たちの温かい手で、既にスネイプ先生の亡骸が温かい場所に安置されていますように。
物語の世界で、せめて死後であっても、スネイプ先生が自分に向けられた愛を感じ取る機会があったことを、強く強く望んでいます。

記念の日に、哀悼の意とたくさんの愛を込めて書きました。

● COMMENT ●

救われました

こんばんは。
今日は、お昼までチャットをROMしながら7巻を読んで過ごしました。
さっきまで、スネイプ先生の死が、ただ可哀想で、悲しくて泣いていたのですが、今は別の涙を流しています。
>最期は自分のために…
そうですね、その通りだったと思います。よく頑張ったと思います。本当にそうだと思います。
もちろん、生きていてくれれば、もっとよかったのですが…。

私は、今日、やっとスネイプ先生を見送れた気がします。(愛は変わりません)
ありがとうございました。

この後のチャットも、楽しみにしています。

自分のために

チェリさん、コメントありがとうございます。チャットへの参加とROMもありがとうございました。

スネイプ先生の死は私には到底納得できるものではありませんが、スネイプ先生の態度が立派だったことは誇らしく、素直だったことは愛しいです。
スネイプ先生には、自分を大切にして欲しいと、7巻を読む前からずっとそう思っていました。だってそう見えなかったから。
だから、最期の瞬間を自分のために使ってくれたことが嬉しかったんです。
とはいえ、まだまだ納得できないことが多いので、これからも語っていきますね。

拍手コメント下さった方へ

こちらこそ、ありがとうございました!
はい、私は先生が生きるつもりだったと考えています。
でも、そう考えない方もたくさんいらっしゃるし、私自身もどんどん考え方が変わっていきますから、今後どうなるかもわかりません。
お考えをたくさん書いてくださったこと、本当に嬉しく思っているのですよ。
また、いつでも書いていってくださいね。

8/15に拍手コメントくださった方へ

拍手とコメント、ありがとうございます!
スネイプ先生を大好きな方に読んでもらえて嬉しいです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/240-4bf34864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無抵抗 «  | BLOG TOP |  » ダンブルドアの意図

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード