topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アモルテンシア - 2009.01.30 Fri

日記の方で、アモルテンシアのことを書いたら、もうちょっと書きたくなってきたのでこちらに書くことにしました。
今日はリリーの誕生日で、私は先日の「スネイプ先生お誕生会」でいただいた入浴剤「リリーの香り」を使おうと思ったのです。
実際の「リリーの香り」についてはそちらをご覧ください。

アモルテンシアについては、ハーマイオニーが説明しています。
「世界一強力な愛の妙薬です」(6巻9章p.280)
「そして、何に惹かれるかによって、一人一人違った匂いがします」(6巻9章p.281)

ハリーは、糖蜜パイや箒の柄のウッディな匂いと花のような芳香を同時に思い起こしました。
人だけでなく、食べ物、趣味なども含めて「惹かれるもの」の匂いを感じるようです。
本当の匂いが誰にもわからないと推測されるところが、真の姿がわからないボガートに似ていると思いました。
糖蜜パイと箒の柄と花の香が混じったら、変な匂いになりそうですが、これは好きなものを同時にイメージさせる働きがあるだけで、匂いの混合物を嗅ぎ分けているというわけではないのだと思います。
ハーマイオニーは刈ったばかりの芝生と新しい羊皮紙、そしておそらくロンの匂い(これも後に作者が具体的に言っています)を感じたようです。

アモルテンシアが初めて登場したのは、ハリーが6年最初の魔法薬学、N.E.W.Tレベルの魔法薬学の授業でした。
最初の授業でアモルテンシアなどを用意していたスラグホーンは、十数年前までの教師生活でも、同じ演出をしていたのだと思います。
つまり、セブルスが6年最初の授業を受けた時も、同じ魔法薬が用意され、生徒達は質問に答えたのだと思います。

ハーマイオニーがすでに知っていたように、セブルスも、魔法薬の名人だったと称されるリリーも、きっと基礎知識はあったと思います。
二人のうちどちらかが答えたでしょうか。
セブルスは知っていても答えなかったでしょうか。

6年最初の授業なら、最悪の記憶の場面より後ですから、もう二人は決別しています。
それでも、セブルスはアモルテンシアにリリーの香りを感じ取ったはず。
教室に入って、ひとつの鍋から立ち上る香りにリリーを思い起こした時、一体どんな気持ちだったでしょう?リリーへの報われない想いを再確認して打ちのめされたのか。リリーの感じた匂いを知りたいと思ったのか。


セブルスは、この時初めてアモルテンシアの匂いを嗅いだのでしょうか。
初授業の時までに嗅いだことがあったかどうかは、ちょっと疑問です。
ハーマイオニーも、知識の引き出しの中から答えただけで、実際見たことがあったわけではなさそうだし。
セブルスも、自分で作らない限り、出会う機会はなかったと思います。
では、自分で作ったか。
技術的には出来たと思います。好奇心も十分あると思います。
でも、愛の妙薬を作る、という発想はあったかどうか。
使用を想定しないで作る、というのは、ありそうですが、年頃の少年はむしろ作ることすら避けたい物のような気がします。

それでも、セブルスが彼の人生で、その薬を使おうとした形跡が一度もないのは確かだと思います。
あれほど想いが裏目裏目に出ていたのに。リリーが好きで、ジェームズもリリーが好きだと知っていて、それが意に反して口から出てしまうほど不器用だったのに。
結局自分の方には向かなかった視線を、薬で修正しようとは終ぞしなかったセブルス。その気高さに惚れ惚れします。
本当に、愛に対して誠実で真摯な態度だと思います。

● COMMENT ●

本当にそうですよね…。ヴォルデモートの母や双子から買った媚薬をハリーに贈った女の子、そしてスネイプをネタにリリーに関係を迫ったジェームズ等々、レイプやそれに近い行いをしているキャラクターがこれだけ沢山いる世界にあって、セブルスだけはその気配もないのが、さすが彼だなぁという気がします。2巻でもロックハートにバレンタインだから媚薬をと言われて、思いっきり苦い顔をしてましたしね。私の中でスネイプ先生は、ハーマイオニーのように声高に人権運動を唱えたりダンブルドアのように子供たちに笑顔を振りまいたりはしないけれど、芯のところで、人間の自由意思ということに関しては誰よりも大事にする人というイメージです。

それにしても糖蜜のタルトに箒の柄…(汗) そ、そんなこと書いてありましたっけ? 直裁的だなぁ。以前から「私の鍋を掻き混ぜて」の歌といい杖の取り合いで世界最強が決まるストーリー展開といい、6巻後半~7巻の内容はお下品メタファー大爆発だと思っておりましたが、6巻の冒頭から既に炸裂していたのですね。って、そんなこと思う私の頭が一番問題なんでしょうけど、それにしても木の匂いって。(笑) いやー恐れ入ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メタファー

RGさん、コメントと補足ありがとうございます。
補足がなければ、正直わかりませんでした。いや、本当に(汗)
日本文化での例で、ようやくわかりました。
少なくとも西洋の方はそのように解釈する可能性は十分あるということですね。

>芯のところで、人間の自由意思ということに関しては誰よりも大事にする人というイメージ
全くいつもながら、さらりと要点をついてきますね。
スネイプ先生のイメージ、私はなかなか文章にすることができないというか、はっきりしないものがあり、こうして一つ一つの事例を挙げてはここが好き、と記しているのですが、おっしゃる通りのことを私も言いたかったのだなあ、と思いました。

全く記憶にありませんでした

「アボルテンシア」が登場している所の内容について、殆ど記憶がありませんでした(あせ)。読ませてもらううち、なんとなく場面を思い出した次第です。
それにしても、どんな時であれ、私の思うスネイプ先生は、薬について優れた知識を持っていても、その力に頼って事をうまく運ぼうというように、意志に反して魔法をいいように利用しようなんて思う人ではないように感じています。
でも、初めてアボルテンシアについて知った時のセブルスやリリーの気持ちについては、どんな思いを抱いたのか、すごく関心がありますし、想像してみたいところですね。

まっすぐな人

ねねさん、コメントありがとうございます。
本当に、スネイプ先生は、調合が難しいとされる薬でもきちんと煎じることができるほどの実力者なのに、その力に頼って都合よく事を運ぼうとする方ではありませんね。そういうまっすぐなところが、本当に好きです。

学生セブルスもきっと嗅いだと思うんです。色々想像できそうです。私も想像を楽しもうと思います。

間違えて書いてましたね

「アボルテンシア」ではなく「アモルテンシア」でしたね、失礼しました。
薬の名前を間違えたりしたら、スネイプ先生にしかられてしまいますね。

そうでしたね

ミスタッチかな~と思って特に気にしていませんでした。
スネイプ先生自身に言い間違いとか、綴りのミスとかあったりするのも可愛いけれど、そんな隙、見せそうもありませんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/230-d3dd92db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閉心術2 «  | BLOG TOP |  » シャンプー

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。