topimage

2017-08

寝室 - 2008.10.22 Wed

スネイプ先生が校長になったことで、ダンブルドアの部屋だった校長室が、そのままスネイプ先生の部屋となったようですが、スネイプ先生はどこで寝ていたのか気になりました。

この校長室はかつて、事務室としてだけでなく寝室としても使われていたようです。
最初にこの部屋を訪れた時、ハリーはそのように考えています。
「ここはダンブルドアの住居(すまい)に違いない」(2巻11章p.304)

また、5巻で夜中にこの部屋をハリー達が訪れた時、ダンブルドアは
「雪のように白い寝間着の上に、見事な紫と金の刺繍を施したガウン」(5巻22章p.79)を着ていました。
事務室に続いた寝室があるのだろうと思います。
ただ、ベッドの描写がないところを見ると、すぐには目につかないところにあったのかもしれません。
ブリティッシュヒルズで見学したマナーハウスでは、領主の部屋は寝るスペースとオフィスが繋がって、というかほぼ一体化していました)

スネイプ先生も、この校長室で寝ていたのでしょうか。
以前ダンブルドアが使っていたベッドで?
それとも、事務所としては使っていたけれど、寝室としては使わず、自分が十数年愛用した地下室のベッドで眠っていたのでしょうか。

代々の「闇の魔術に対する防衛術」担当教師の部屋には移らず、恩師であるスラグホーンが魔法薬学の教師となっても明け渡さなかった地下の部屋は、スネイプ先生が固執する何かがあるような気もします。
けれども、ホグワーツに死喰い人が入りこみ、ヴォルデモートに掌握されてしまった状況においては、やはりスネイプ先生も、歴代校長たちからの情報がすぐ入り指示も迅速に出せる校長室で寝ていた、と考えるのが妥当ではないかと思いました。

33章を読む前、真相を知らない状態では、殺したダンブルドアのベッドで眠れるはずがないと思っていましたが、本人の望みを叶え、本人ともコミュニケーションが取れる状態では、その点は気にならなかったでしょうか。それともやはり悪夢にうなされたでしょうか。
私は後者を想像します。
ただ、ダンブルドアに父親的な感情を持っていたのではないかとも思っているので、もしかしたらそんな安らぎを得られるベッドであったかもしれません。

円形の校長室には歴代校長たちの肖像画がかかっています。寝息やらおしゃべりやらは、スネイプ先生のベッドにも聞こえたでしょうか。スネイプ先生は寛げたのでしょうか。
7巻を読む前から、私はスネイプ先生が熟睡できていないのではないかと感じていました。
7巻で、ハリーをずっと陰で守りそれを悟られないようにしていたことがわかってみると、やはりハリー入学以降は気の休まる時はあまりなかったように思えます。そして、7巻になってからは、もう熟睡は不可能だったような気がします。
ちょうど中世の荘園の領主が、急襲に備えて長座位(足を投げ出して座った姿勢)で高く積み上げた枕に凭れて眠ったように、最後の方は、スネイプ先生も横になることすらなかったような気がします。いつでも起き上がれるように。

寝室は、地下室でも塔の上の校長室でもどっちでも良いのです。
スネイプ先生が生きている間に、心から寛げて安らかに眠れる時間があったのなら。
死んだことによって初めて安らかな眠りが得られた、などということがありませんように……

● COMMENT ●

家具は入れ替え

校長室に限らず、先生方の事務室や住居の家具は、個人の好みの家具を持ってこられるのではないでしょうか。
以前の所有者のものは処分するなり、魔法でミニチュアにしてどこかに飾ることも出来ると思います。
歴代の校長のミニチュアドールハウスが飾られるコーナーというのがあったらいいなあ、なんて思いますが、スネイプ先生は、陳列を拒否しそうですね(汗)

確かに!

家具は入れ替えてましたね!
なぜか、ちょっとがっかりな感じもします(笑)
でも、スネイプ先生が愛用の品々を持ち込んだのか、ダンブルドアの品々を何か残したのか、想像するのも楽しいです。

スネイプ先生のドールハウス良いですね!確かに先生は拒否しそうですが。
そう言えば、去年ハロウィンパーティで、物語に忠実に再現したという校長室のミニチュアが展示されていました。今年もあったら、別な視点で見られそうです。
スネイプ先生の校長室の描写がもっとあればそんなものを作ることもできたかもしれないですね。

はじめまして

はじめまして。えりといいます。原書7巻を読み終えた頃からサイトやブログを訪ねさせてもらっています。
私はスネイプ先生をいつも信じていた訳ではなく、かなり遅くなってからスネイプ先生はヴォルデモート側ではないかも、と考え始めたクチでした。ようやく7巻になり潔白が証明されたときは彼が本当の意味での主人公だったのやも、と感じ入りました。

二尋さんは行間を読んで記事を書かれているので、更に読みたくなります。ただ…全部読み直すには時間がかかりそうですが(笑)
記事一つ一つを読んで、なるほど~と新しい発見があって楽しみです♪

スネイプ先生の素晴らしい動画を見つけ、お知らせしたいと思ってコメントしました。YouTubeなのですが、もしページを開いて頂けたら、右にある「概要」をクリックして歌詞が読めるので見てみて下さい。スネイプ先生の人生が凝縮されているようで、驚かされます。
では、また遊びに来させて頂きます!

http://jp.youtube.com/watch?v=glyKzArMjDk

はじめまして!

えりさん、はじめまして!
今までスネイプ先生を特別好きでなかった方でも、7巻を読むと心を動かされるのではないかと期待していました(笑)
サイトやブログの記事を丁寧に読んで下さって嬉しいです。
7巻を読み終わってから1巻から読み返すと、さらに新しい発見がありそうですね。時間はかかりますが、新たな発見を求めて私もまた読み返したいと思っています。

動画をお知らせ下さってありがとうございます。
最近パソコンを新しくしたら、スピーカーが内蔵されていなくて、買ってくるまでは音が聞こえません。また、「概要」をクリックすると「詳細」に変わるのですが、歌詞はどこに出ているのか、わかりませんでした(汗)
スピーカーを買ってからゆっくり楽しもうと思います。せっかくお知らせ下さったのに、ごめんなさい。

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします!

歌詞

YouTubeの件、説明がきちんとできてなくてすみませんでした!
歌詞は下記です。イタリア語?の歌詞と括弧内は英訳の歌詞です。
実はあの動画の映像自体を注目してるのでなくて、歌詞があまりに私のスネイプ先生観と合っていたので、歌詞、そしてそれに合わせて流れるメロディーが美しくて、載せさせてもらったのでした。
スピーカーの件、残念ですね・・・音環境が順調に整うといいですね♪

ascia ch'io pianga (Let me weep)
mia cruda sorte, (my cruel fate),
e che sospiri la libertà. (and let me sigh for liberty.)

Il duolo infranga queste ritorte(May my duel break these chains)
de' miei martiri sol per pietà.(Of my tortures, only for pity's sake.)

ありがとうございます!

えりさん、長い文章の入力、大変だったと思います。
ありがとうございます。
やはりメロディーを聴かないとどうにもならないのですね。
まさかスピーカーが内蔵されていないとは思ってもみませんでした。一体どんなスピーカーを買ったらいいのか家族の誰にもわからないため、まだ買ってなくてなかなか聞けません。
無事聞くことができたら、新しくコメントをこの記事に追加しますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/217-6efac821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴代校長たち «  | BLOG TOP |  » 正当な校長

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード