topimage

2017-09

すれすれ - 2008.08.17 Sun

月明かりの狭い道に現れた二人の男たちが足早にどこかに向かっています。途中、壮大な鍛鉄の門が立ち塞がりましたが、敬礼のような姿勢を示しただけで通り抜けていきました。

1章の冒頭で現れた二人、私は絶対に一人はスネイプ先生だと思って読んでいました。というか、6巻でドラコと逃亡した直後の様子だと思っていたので、背の高い方の男がドラコだと勘違いしてしまいました。
そのように期待しながら読んでいてさえ、名前の出た瞬間、ドキッとしました。『セブルス・スネイプ』は全く魔法の言葉だと思います。

スネイプ先生たちは、閉じた門にも立ち止まる気配なく左腕を挙げて敬礼の姿勢をとって通り過ぎています。こうやって稲妻に撃たれた塔へ続く階段の障壁も通りぬけていったのだろうと思いました。

ヤックスリーは、6巻2章、スピナーズエンドでスネイプ先生の口からその名が出ています。背が高いようです。ヤックスリーが何かの気配に杖を抜きましたが、孔雀でした。ちなみにこの孔雀、原文では、pure white peacockとなっています。
純白の孔雀というところがルシウスっぽいです。
そして、孔雀程度の気配には、杖を抜かないスネイプ先生の落ち着きが誇らしいです。
けれど、さすがのスネイプ先生も客間も扉を開ける際は、ちょっと躊躇いました。遅刻気味なのを気にしてのことでしょうか。それとも、常からヴォルデモートの前に出る時は心の準備が必要だったのでしょうか。

最初一緒にいると思ったドラコは、既に席についていました。
逃亡後、しばらく経ってからの出来事のようです。
こうして見ると、ホグワーツの校門を出た直後、スネイプ先生とドラコはまっすぐこのマルフォイ邸に向かったように思えます。
その後、スネイプ先生のことは魔法省が行方を捜していますが、潜伏もせず、こうして情報収集に出歩いていたのですね。

最後に入ってきたスネイプ先生たちにヴォルデモートは
「遅い。遅刻すれすれだ」(7巻1章p.8)と声を掛けました。

この日スネイプ先生が与えた情報は、ダンブルドアの差し金でした。
後の33章でスネイプ先生はダンブルドアの肖像画とハリーの移動日について話していました。スネイプ先生、生徒たちのいなくなった学校に入り込んでいたんですね。先生方は誰も残っていなかったのでしょうか?学校の敷地内では姿現しも姿くらましもできないでしょうから、校門から校長室までの道のりはさぞかし遠く、緊張を強いられたことでしょう。
マンダンガスとは酒場で会って、錯乱の呪文をかけています。
これが同じ日かどうかわかりませんが、自信を持って情報を提供しているところを見ると、全てお膳立てが整ってからの報告のように思います。ホグワーツに行ったり、酒場に行ったりした後でマルフォイ邸に行ったと私は想像しています。

魔法省には追われ、死喰い人の会合には遅刻すれすれ、スネイプ先生はあらゆる方向からの危険に晒されていたのだと、つくづく思います。
本当に、いつも死と生との境すれすれのところにいたような気がして辛いです。

● COMMENT ●

こんばんわ

危機におかされながらも、
最後までリリーを愛し、
ハリーを守り続けたスネイプ先生。

セブルスが
死を恐れてなかったといえば
うそになりますよね…
最終巻の32章ではかなり恐れていましたから…

やはりすごい勇気の持ち主でした。

そしてココまでやり遂げたのは、
やはりすごい魔法使いだったからでしょう。

本当に忙しいスネイプ先生。敵を欺くには見方から・・とは言いますが本当に命がけですね。

「不死鳥の騎士団」でシリウスと喧嘩をしていた内容の中で「お前は部屋の閉じこもっているだけじゃないか」的なことを愚痴っていたことがあったように思います。シリウスの立場も冤罪・脱獄者というという厳しいものでしたが、そんな厳しい状況の相手に愚痴るということはスネイプ先生はそれに匹敵するかそれ以上の厳しい立場であったということでしょう。憎いシリウスだけに苛立ちを隠しきれなかったのでしょうか。

また、シリウスの家でいつリリーの手紙を読んだかについてはダンブルドア殺害後すぐとJKRさんは述べているそうですが・・・。沢山ある部屋で喧嘩相手のシリウスの部屋だけに入ったとは到底考え辛いのできっと有力な証拠を各部屋でさんざ探している中で偶然見つけたのだと思っています。

ということで一章でのヴォルテモートとのやり取り中、胸ポケットかどこか懐にリリーの写真を持ち(きっと亡くなったその時まで懐にあったに違いない)、閉心術で心も表情も見えない心の中はヴォルテモートへの復讐心で燃えていたのでしょうね。

知りたい

【永遠さん】
私もスネイプ先生は死を恐れていないわけではなかったと思っています。
スネイプ先生の行動の原動力は明かされましたが、私はスネイプ先生の勇気、強さについては、もっともっと深く知りたいです。
これから探っていきたいと思っています。

写真

【ゆうゆうさん】
シリウスとの口論、懐かしいです。愚痴だったのか、神経を逆撫でするつもりだったかわかりませんが、本音は出ていたかもしれないですね。
あの写真の場面も深く考えると疑問だらけですが、作者の言葉どおり捉えるなら、まさに今頃には持っていたかもしれないですね。
私も、写真は結局最期まで持っていたと思っています。切ないです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/210-0c1bbaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

閉心術 «  | BLOG TOP |  » 一人称

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード