topimage

2017-05

原書の描写(4巻-7) - 2008.07.19 Sat



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店
(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【4巻27章】
said Snape, in his usual voice.(p.563)
usual...いつもの、平素の
スネイプがいつもどおりの声で言った。(p.244)

his black eyes sweeping the classroom.(p.564)
sweep...<手足・目道具など>をさっと動かす〔走らせる〕
暗い目が教室全体をサッと見た。(p.246)

Slimy, oily, greasy-haired kid, he was.(p.577)
slimy...どろどろした、ねばねばした、不快な、いやらしい、へつらう
oily...油っこい、油のような、お世辞の上手い
greasy...油(脂)で汚れた、油(脂)を塗った、すべすべする
気味の悪い、べっとりと脂っこい髪をした子どもだったよ。あいつは。(p.264)
シリウスのセリフですが、スネイプ先生を表す言葉だったので抜き出しました。oilyとgreasyを同時に使っているということは、やはり何か違いがあって意識的に分けているのでしょうか。どっちにしてもoilyでgreasyな髪なんでしょうけど(涙)

【4巻28章】
Snape had just emerged from the hidden staircase behind the stone gargoyle.(p.605)
emerge...<人・物が>〔水中・暗闇などから〕出て来る、表に現れる
スネイプが石のガーゴイルの裏の隠れ階段から姿を現したところだった。(p.308)

leaving Snape standing next to the gargoyle and looking twice as ugly.(p.607)
ugly...醜い、見苦しい、不恰好な
あとに残されたスネイプが、ガーゴイルと並んで、ガーゴイルの二倍も醜い顔で立っていた。(p.310)
ハリーめ。ざまあみろ的気分だったのでは?

【4巻35章】
Snape followed him, looking into the Foe-Glass, where his own face was still visible, glaring into the room.(p.736)
look into...…の中をのぞく
foe...敵、かたき、敵対者
visible...目に見える、見てわかる
glare...にらみつける
スネイプがあとから入ってきて、自分の顔がまだ映っている「敵鏡」を覗き込んだ。鏡の中の顔が部屋の中をジロリと見た。(p.492)

Snape had returned with Winky at his heels.(p.496)
at O's heels...<人・事>のすぐ後に(続いて)
スネイプが足下にウィンキーを従えて戻ってきた。(p.496)
この図がとても好きです。厨房まで行くために梨をくすぐったり、ウィンキーを呼んだり、一緒に急ぎ足でやってきたり、想像すると可愛くてしかたありません。

Snpe said, stopping dead in the doorway. (p.739)
stop dead...突然止まる
doorway...出入り口
スネイプが戸口で立ちすくんだ。(p.496)

Filthy, dishevelled, Winky peered around Snape's legs.(p.739)
filthy...汚れた、不潔な
dishevelled(disheveled)...<髪が>ぼさぼさの、<服装が>だらしない、<人が>むさくるしい
peer...じっと見る、見つめる
汚れきって、よれよれのウィンキーが、スネイプの足下から覗き込んだ。(p.496)
スネイプ先生の描写ではありませんが、想像するとあまりにも可愛い図なので。ウィンキーはスネイプ先生の足の後ろに隠れるように立っていたのでしょうか。先生の長い脚と小さなウィンキーの対比が面白いです。
まさか、ウィンキー、スネイプ先生の脚に触れてながらこわごわ覗き込むような形だったのでは!?


Snape handed Dumbledore a small gkass bottle of completely clear liquid(p.740)
hand...<人が><人に><物>を(手)渡す
completely...完全に、徹底的に
スネイプがダンブルドアに、澄みきった透明な液体の入った小さなガラス瓶を渡した。(p.497)
スネイプ先生の、小さな物を持っている手が好きです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/205-abebe634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ «  | BLOG TOP |  » 傷だらけ

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード