topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原書の描写(3巻-12) - 2008.05.05 Mon



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店
(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【 3巻21章】
Nasty cut you've got there...(p.283)
nasty...<傷などが>ひどい
cut...切り傷
ひどい切り傷があるねえ……(p.506)
ファッジのセリフですが、スネイプ先生の状態を示していたので。
傷が見えているんですねぇ(泣)


Snape whispered, his eyes fixed on Dumbledore.(p.286)
fix...<物が>〔…に〕固定される、<注意などが>〔…に〕留まる
スネイプはダンブルドアを見据えたまま、囁くように言った。(p.512)
じっと見つめています…

Snape turned on his heel and marched through the door Fudge was still holding.(p.286)
turn on one's heel ...急に回れ右をする;ぷいと不機嫌に立ち去る
march...(堂々と)歩く、さっさと行く
スネイプは踵を返し、ファッジが開けて待っていたドアから肩を怒らせて出ていった。(p.513)
「踵(きびす)を返す」って英語も同じ表現なのですね。様子が目に浮かぶようです。

the castle doors flew open yet again, and Snape had come charging out of them,running towards the Willow.(p.296)
charge...〔…に〕突進する、かけ寄る〔at,toward,into〕
城の扉が再び開き、スネイプが突然姿を現し、「柳」に向かって走り出した。(p.530)
扉が複数なのは、二枚の両開きの扉を表しているのでしょうか。
原文では、柳に向かって一直線、わき目もふらずに駆けていった感じが強くしました。


~Snape skid to a halt next to the tree, looking around.(p.296)
skid...横滑りする、滑る、スリップする
halt...停止、休止
スネイプが木のそばで急に立ち止まり、周りを見回すのを~(p.530)
立ち止まり方が、より過激な印象。急ブレーキかけて滑った感じ?

Snape seized the branch~, prodded the knot, and vanished from view as he put on the Cloak.(p.297)
seize...急にぐいとつかむ;…を〔…から〕つかみ取る
prod...…を突く、…を突き刺す
knot...(木・板の)ふし、こぶ
vanishe...<目に見えていたものが>〔…から/…へ〕(突然または不可思議に)消える、見えなくなる
スネイプは(中略)枝を拾い、それで木のコブを突き、「マント」をかぶって姿を消した。(p.531)

then the unconscious Snape, drifting weirdly upwards.(p.298)
weirdly...不思議に、気味悪く
それから、気を失ったままのスネイプが、不気味に漂いながら浮かび上がってきた。(p.534)
時間をさかのぼって、遠くからの視点で見ていますが、表現はほとんど同じ(泣)

Snape had regained consciousness.(p.301)
regaine...取り戻す、回復する
スネイプが意識を取り戻した。(p.539)
やっと!

He was conjuring stretchers and lifting the limp forms of Harry, Hermione and Black onto them.(p.301)
conjure...…を〔…から〕魔法で出す
stretcher...担架
limp...ぐにゃぐにゃした、弱弱しい
form...姿、体、形、外観
担架を作り、ぐったりしているハリー、ハーマイオニー、ブラックをそれぞれその上に載せた。(p.539)
どうです?ブラックとの違いが明らかですね!スネイプ先生の描写ではなかったので抜き出しませんでしたが、最初に目に入ったはずのロンには既に担架を作ってあったのです。ずっと意識の無かった人が!意識を取り戻して真っ先にしたことがこれですよ!

then, wand held out in front of him, he moved them away towards the castle.(p.301)
hold out...<手など>を差し出す、伸ばす
それから、スネイプは杖を前に突き出し、担架を城に向けて運びはじめた。(p.539)

● COMMENT ●

せめて ネックカラーを…

担架を浮かべ 城に向かって 真っ直ぐに伸ばされた 杖腕!
素敵過ぎる(//∇//)
自分も ハリー達の呪文で 負傷してたのに…

シリウスも スネイプ先生を もう少し 丁寧に 扱ってくれなきゃ!(T-T)

スネイプ先生 ムチウチは 厄介ですから ご自愛下さいね。

心配です

そう、負傷してるんですよね!スネイプ先生。
切り傷もそうですが、結構長い時間意識が無かったので、脳しんとうを起こしたんじゃないかと思うのですが、その後頭を天井にこすりつけられたり、顎が胸にぶつかるようでは、脳への刺激も心配です。もちろん、首へのダメージも(always-Severusさん、 ムチウチの経験がおありでしょうか)
なのに、ハリーたちだけでなくシリウスまでも担架に乗せるとは、何て素晴らしい人なんでしょう!
スネイプ先生にはもっと自分の体を労わって欲しいです。
シリウスも、スネイプ先生を乱暴に扱うのは、意識のある時だけにしてもらいたいですi-241


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/197-f1072aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

罰当たりな言葉 «  | BLOG TOP |  » 続・声の使いわけ

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。