topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原書の描写(3巻-10) - 2008.04.21 Mon



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店
(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【3巻19章】
there was a mad glint in Snape's eye that Harry had never seen before.(p.264)
mad...発狂している、気が狂った《◆重症でしばしば狂暴性を含む》、
   <人・動物が>〔激情・痛みなどで〕狂わんばかりの、荒れ狂った
glint...目の輝き
スネイプの目には、ハリーがいままで見たこともない狂気の光があった。(p.467)

He seemed beyond reason.(p.264)
beyond...<…の範囲・限界>を超えて
reason...理性、思考[判断]力、分別、正気
もはや理性を失っている。(p.467)

He clicked his fingers,(p.264)
click...…をカチリといわせる
スネイプが指を鳴らすと(p.467)
おお!指を鳴らす!親指と中指あるいは人差し指でパチンと鳴らす動作でしょうか?関節を鳴らす動作ではないですよね?

‘~’ hissed Snape.(p.265)
hiss...<人などが>〔…に〕(非難・不賛成などを表して)シーッと言う
スネイプがすごんだ。(p.468)

Snape shrieked, looking madder than ever.(p.265)
shriek...<人が>〔恐怖・苦痛などで〕悲鳴をあげる、金切り声を出す《◆screamよりかん高く、恐怖・苦痛の度合いが強い》
スネイプはますます狂気じみて叫んだ(p.468)
『叫ぶ』と一口に言っても声の高さ、苦痛の度合いによって単語が違うのですね。先生、この時はかん高い声で叫んでいたのか…

Snape was lifted off his feet and slammed into the wall, then slid down it to the floor,a trickle of blood oozing from under his hair.(p.265)
lift...<通例重い物>を〔…から〕持ち上げる、引き上げる、持ち上げて移動する、持ち上げて取る
slam...ドシン〔ガチャン〕とぶつかる、激突する
slide...<物が>(なめらかに)すーっと動く、滑り落ちる
trickle...したたり、しずく、細流
ooze...にじみ出る、流れ出る
スネイプが足もとから吹っ飛んで壁に激突し、ズルズルと床に滑り落ちた。髪の下から血がタラタラ流れてきた。。 (p.468)
日本語訳が二つの文にわかれていますが、原文は一文です。
原文で読むと、先生の体の重みをより感じられる気がします。壁に激突した時の衝撃も、より強く、鈍い音をイメージしました。そして気のせいか、文章から「物扱い」の気配を感じました(泣)
また、原文の単語を見た限りでは、日本語でイメージした時より出血量は少なく感じられます。でも、髪の下から血が見えたのだから、そんなに少なくないはずですが

 
He had been knocked out.(p.265)
knocked out...<強打・酒などが><人>を失神させる
ノックアウトされたのだ。(p.468)
スネイプ先生~(泣)

a lifeless Snape(p.265)
lifeless...意識不明の、元気〔活力〕のない、生命のない、死んだ
グッタリしているスネイプ(p.469)
グッタリのほうがマイルドな印象。それにしても、ひどい!

Snape's prone figure.(p.276)
prone...うつぶせの
figure...人の姿
首うなだれて伸びているスネイプ(p.491)
ええっ?ここproneだったの?proneと言えば、医学用語ではうつぶせの姿勢を表すんですが、辞書みてもそうみたい。今まで『首うなだれて』で壁にもたれて首を垂れている姿をイメージしていました。先生、実は床にうつぶせだったのでしょうか?その姿で放置って酷すぎる!

As though invisible strings were tied to Snape's wrists, neck and knees, he was pulled into a standing position, head still lolling unpleasantly, like a grotesque puppet.(p.276)
loll...<頭・手足が>だらりとたれる
unpleasantly...不愉快に、不快にさせる
grotesque...怪奇な、異様な、風変わりな《◆不自然に形がゆがみ、恐れまたは笑いをさそうものに用いる》
手首、首、膝に見えない糸が取り付けられたように、スネイプの体が引っ張り上げられ、立ち上がった。頭部がまだグラグラと据わり心地悪そうに垂れ下がったままで、まるで異様な操り人形だ。(p.491)
それが意識のない人にすることですか重ね重ね酷い(泣)

He hung a few inches above the ground, his limp feet dangling.(p.276)
hang...<物が>掛かる、ぶら下がる、垂れ下がる
limp...ぐにゃぐにゃした、弱々しい
dangl...だらりとたれる、ぶら下がる、ぶらぶら揺れる
脚をぶらぶらさせ、床から数センチ上に吊るし上げられていた。(p.491)全身の筋肉が弛緩してる…ぐにゃぐにゃだよ~(泣)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/195-849d42a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

proneの衝撃 «  | BLOG TOP |  » オーディオブック

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。