topimage

2017-08

原書の描写(3巻-9) - 2008.04.13 Sun



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店
(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【3巻18章】
sneerd a cold voice(p.262)
sneer...をあざけって言う〔表す〕
冷たい嘲るような声がした。(p.462)

Severus Snape was pulling off the Invisibility Cloak, his wand pointing directly at Lupin.(p.262)
pull off...…を(引っ張って)脱ぐ、はずす
point...〔…を〕ねらう〔at〕、さし示す〔at〕
セブルス・スネイプが「透明マント」を脱ぎ捨て、杖をピタリとルーピンに向けて立っていた。(p.462)
マントをすばやく脱ぐ動作や音を感じます。でもまだ『脱ぎ捨て』てはいないはず。次の章で『投げ捨て』るので。
的確に狙いを定めた杖腕は微動だにしないイメージです。


【3巻19章】
throwing the Cloak aside, careful to keep his wand pointing directly at Lupin's chest.(p.263)
throw...投げる、ほうり投げる
aside...わきへ〔に〕、かたわらに
careful...注意深い、用心深い、慎重な
スネイプが、杖をまっすぐルーピンの胸に突きつけたまま、「マント」をわきに投げ捨てた。(p.263)
carefulは特に訳されてはいないようです。

Snape was slightly breathless, but his face was full of suppressed triunmph.(p.263)
slightly...わずかに、いささか
breathless...息切れした
suppressed...<人が><笑いなど>を抑える、我慢する
スネイプは少し息切れしてはいたが、勝利の喜びを抑えきれない顔だった。(p.464)
息切れ!スネイプ先生、P.455で部屋に入ってきて、p.464で描写されるまでの間、結構長いルーピン先生の昔話を隠れて聞いていたのに、まだ息切れが治まってない!?最初、どれだけ息切れしてたんでしょう?マントの中でゼエゼエしてたら可愛いな。

his eyes now gleaming fanatically.(p.263)
gleam...<目が>〔喜びなどで〕輝く
fanatically...狂信的に、熱狂的に
スネイプの目がいまや狂気を帯びて光っていた。(p.465)

Snape pointed his wand straight between Black's eyes.(p.264)
straight...まっすぐに、一直線に、まともに
スネイプはブラックの眉間にまっすぐ杖を突きつけた。(p.465)

he whispered.(p.264)
whisper...ささやく、小声で話す
スネイプが低い声で言った。(p.465)
低い声というより小声?ささやき声?

Snape shouted, looking suddenly quite deranged.(p.264)
shout...叫ぶ、どなりつける、大声で言う
deranged...[通例be[become]~d]<人が>気が狂っている[狂う];錯乱している
スネイプが突然狂ったように、喚きたてた。(p.466)

A few sparks shot out of the end of the his wand,(p.264)
spark...火花、火の粉
shoot...<人・物が>素早く動く、勢いよく飛び出す、<銃などが>発射される
スネイプの杖先から火花が数個パチパチと飛んだ。(p.466)
スネイプ先生の描写ではなくてスネイプ先生の杖の描写ですが、先生の激情が表れていると思うので抜き出しました。


本日13時台にまとめて拍手下さった方、ありがとうございます!
そして、更新のたびに拍手をくださる方も、今まで拍手をくださった方も、ありがとうございます。とても嬉しく思っています。

● COMMENT ●

息切れと激情の件

「原書の描写」いつも興味深く拝見しています。
「マントに隠れてゼエゼエするスネイプ先生」を想像して思わず吹き出してしまいました(笑)。
ところで、このシーンの息切れ、興奮のためもしくは、それまでじっと息を殺していたからということは有り得るでしょうか?

杖から火花が飛ぶところは、改めて読むと、相当激しい気持ちだったのだなあと思いました。怒りのあまり魔法が抑え切れていないという印象を受けました。

複合的?

鬼百合さん、こちらにもコメントありがとうございます!また、いつも読んでくださってありがとうございます。
ああ!興奮のためとか、今まで息を殺していたからというのもありそうですね!尻尾をつかんだ喜びで興奮していたと。でもそれだとbutは使わないのでしょうか??
長い距離を走って、少なくとも到着時は相当息切れしていたはず。それを誰にも聞かれないように、マントの中で息を潜めるのは苦しかったでしょうね。まだ息が整ってなくて当然のような気がします。色々複合的な理由の息切れですね、きっと。

火花は、先生が自分をコントロールできていない証だと思いました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/194-955bdbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水泡に帰す努力 «  | BLOG TOP |  » severe

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード