topimage

2017-11

原文の描写(3巻-6) - 2008.03.23 Sun



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店
(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【3巻11章】
~Snape,who took it reluctantly and tugged.(p.169)
reluctantly...いやいやながら、しぶしぶ
tug...…を強く[ぐっと]引く、引っ張る
スネイプがしぶしぶ受け取って引っ張った。(p.295)
クラッカーの紐をしぶしぶ受け取るスネイプ先生、目に浮かぶようです。

Snape's mouth thinned and he pushed the hat towards Dumbledore,(p.169)
thin...薄く[細く]なる
スネイプは唇をギュッと結び、帽子をダンブルドアの方に押しやった。(p.295)
thinって口(唇)が細くなる時にも使うのか。
でも、この帽子、誰かの悪意ある悪戯では…


【3巻14章】
Snape's black eyes flicked to the doorways on either side of them, and then to the one-eyed witch.(p.204)
flick...<物が>ぴくぴく動く、急に飛び出す
    さっと動く( 新グローバル英和辞典)
スネイプの暗い目がサッと走り、二人の両側の出入り口、それから隻眼の魔女像に移った(p.359)

Snape was running one of his hands over the one-eyed witch's head, examining it closely.(p.204)
run...<指・手など>を〔…に〕さっと走らせる、
examine...調査する、審査する
closely...綿密に、細かく注意して、念入りに、厳重に
スネイプは隻眼の魔女像の頭を手でなぞり、念入りに調べていた。(p.359)
ああ、ここはスネイプ先生、片手で魔女像の頭を触ってたのか!

He approached Harry at a swift walk, his black robes swishing, (p.208)
swift...迅速な、すばやい、
swish...ヒュッと音を立てる、<絹・衣服が>シュッシュッと音を立てる
黒いローブの裾を翻し、すばやくハリーに近づき(p.365)
おお!ここ原文では先生のきぬずれの音が聞こえているんだ!

There was a look of suppressed triumph about him.(p.208)
suppress...<笑いなど>を抑える、我慢する
triumph...勝利感、勝ち誇ること、勝利の喜び、勝利《vittoryより堅い語で、意味が強く、「決定的な勝利」 をいう》
スネイプは勝ち誇る気持ちを無理に抑えつけたような顔をしていた。(p.365)
ハリーの目を通さずその表情を見たかったです。

Snape's eyes were boring into Harry's.(p.208)
bore...穴が開くほど見つめる
スネイプの目が、ハリーの目をグリグリと抉るように迫った。(p.366)

snarled Snape, and he bent down, a hand on each arm of Harry's chair, so that their faces were a foot apart.(p.209)
snarl...<イヌなどが>歯をむいてうなる、がみがみ言う、どなる
bend down...<人が>体を曲げる、かがむ
foot...1フット(30.48センチ)
スネイプは歯を剥き出し、ハリーの座っている椅子の左右の肘掛けに手をかけて顔を近づけた。顔と顔が三十センチの距離に迫った(p.367)
近すぎる…いいなあ。

Snape's thin mouth curled into a horrible smile.(p.209)
curled...ゆがむ、丸まる、
horrible...恐ろしい、身の毛のよだつような、ひどくいやな、とても不愉快な
スネイプの薄い唇が歪み、恐ろしい笑みが浮かんだ。(p.367)
30センチの距離で見るスネイプ先生の笑顔!というか口元♪


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/191-0052fed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最期の言葉 «  | BLOG TOP |  » 肖像画

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード