topimage

2017-08

原文の描写(3巻-1) - 2008.02.29 Fri



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
が、2巻は友人に貸したまま帰ってこないので、3巻を先に見ていきます。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
辞書の内容は私の判断で抜粋します。(やや美化される傾向あり)
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。妄想注意。
主観も入りますが、7巻の影響は入れないよう気をつけるつもりです。

使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【3巻5章】
Professor Snape, the Potions master, was staring along the staff table at Professor Lupin.(p.72)
stare...(驚き・恐れで)(目を大きく開いて)じっと見つめる、
     〔人などを〕じろじろ見る、にらむ
魔法薬学のスネイプ先生が教職員テーブルの向こう側からルーピン先生の方を睨んでいた。(p.123)

the expression twisting his thin, sallow face(p.72)
expression...表情
twisting ...<顔>をゆがめる、しかめる
thin...<人・顔などが>(病気・栄養不足などで)やせた、ほっそりした
頬のこけた土気色の顔を歪めているスネイプの今の表情には(p.123)
鬼気迫る感じがします。それにしても、thin, sallow faceって、不健康そう。

It was beyond anger: it was loathing.(p.72)
beyond...~を越えて、…より以上に、
anger...怒り、立腹
loathing...大嫌いなこと、強い嫌悪
怒りを通り越して、憎しみの表情だ。(p.123)

【3巻7章】
‘settle down, settle down',said Professor Snape idly.(p.94)
settle(down)...くつろぐ、ゆったり座る
idly...怠けて、何もしないで、むだに、無益に、ぼんやりと
「座りたまえ、さあ」スネイプ先生は気楽に言った。(p.162)
同じ言葉を二回繰り返していたとは今まで知りませんでした。確かに気楽な感じですが、idlyの言葉には、もっといい加減な印象を持ちました。

then gave Ron an unpleasant smile from beneath his long, greasy hair.(p.95)
unpleasant...不愉快な、不快にさせる、いやな、無礼な、悪意のある
それからロンに向かって、油っこい黒い長髪の下からニタリといやな笑い方をした。
ひゃあ!なんかゾクリとさせるものを感じさせます。黒髪の下のいやな笑いって。

in his most dangerous voice(p.95)
dangerous...危険な、危ない
独特の危険極まりない声で (p.163)
デンジャラスな声っていったい…

giving Harry the look of loathing he always reserved just for him.(p.95)
look...見ること、目つき、顔つき、表情
reserve...取っておく、使わずに残しておく、用意されている
いつものように、ハリーのためだけにとっておきの、憎しみのこもった視線を投げつけた(p.164)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/186-8e14b441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

聞くばかり «  | BLOG TOP |  » 鹿

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード