topimage

2017-11

原文の描写(1巻-4) - 2008.02.23 Sat



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
辞書の内容は私の判断で抜粋します。(やや美化される傾向あり)
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。前回に比べ、妄想増量傾向。
主観も入りますが、7巻の影響は入れないよう気をつけるつもりです。
だんだん主観が増えてきています。惑わされないようにしてください。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店(違う辞書を使った場合はその都度明記します)

【1巻14章】
Snape was sweeping about in his usual bad temper,(p.167)
sweep...さっと通る、さっそうと歩く
usual...いつもの、平素の
temper...気分、機嫌
スネイプは相変わらず不機嫌にマントを翻して歩いていた~(p.334)

【1巻16章】
Snape made them all nervous, breathing down their necks~(p.191)
nervous...神経質な、不安になって、興奮しやすい、緊張する、あがる
breathe...呼吸する、息をする
neck...首
breathe down a person's neck ...<人>の一挙一動を監視する、おせっかいをやく;<人>を背後からおどす
スネイプは(中略)生徒のすぐ後ろに回ってマジマジと監視するので、みんなドギマギした。(p.384)
あ、あの…すぐ後ろで監視って息が首にかかるくらいだったのですか!?
息は実際かかってるんでしょうか!そりゃドギマギしますよ!
「スネイプは生徒の首に息を吹きかけるので、皆興奮しやすくなった」
(いったいどういう状況?)



‘Good afternoon’,he said smoothly.(p.195)
smoothly...なめらかに、流暢に、口先うまく、穏やかに
「やあ、こんにちは」スネイプがいやに愛想よく挨拶をした。(p.393)
『やあ』がかわいいので特別にセリフも入れてみました。

he said, with an odd, twisted smile.(p.195)
odd...変わった、異常な、奇妙な(strangeより突飛さを強調)
twisted...ひねくれた、ねじれた、曲がりくねった
スネイプはとってつけたようなゆがんだほほえみを浮かべた(p.393)
スネイプ先生の笑顔、ハリー視点以外で見たいです。

【1巻17章】
,with a horrible forced smile.(p.222)
horrible...恐ろしい、身の毛のよだつような、とても不愉快な
forced...強制された、無理強いの、不自然な、こじつけの
苦々しげな作り笑いで(p.452)
これも先生の笑顔。原文の方が酷い言われよう(涙)

● COMMENT ●

breathe down a person's neck でイディオムですよ

コメント下さった方へ

お名前欄に書かれたのはお名前でなくタイトルではないかと思い、呼びかけに使いませんでした。

イディオムとは知りませんでした。
教えて下さってありがとうございます!
英語のこと、特に文法は全然わかっていなくて、辞書を写しているだけです。イディオムだと気付けば書きますが、気付かなければそのままです。お気付きの点があったら、お知らせいただけるとありがたいです。記事には追記しておきますね。
ただ、この場面は妄想するのも面白いところなので、私のコメントはこのままにしておきます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/185-5173e393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

譲れない点 «  | BLOG TOP |  » 解けなかった誤解

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード