topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原文の描写(1巻-2) - 2008.02.14 Thu



原書からスネイプ先生を描写する言葉を抜き出します。
カッコ内はUK版ペーパーバックのページ数です。
辞書の内容は私の判断で抜粋します。(やや美化される傾向あり)
青字は日本語訳の引用です。カッコ内は日本語版のページ数です。
私のコメントは緑字で書きます。前回に比べ、コメント増量傾向。
主観も入りますが、7巻の影響は入れないよう気をつけるつもりです。
使用する辞書:ジーニアス英和辞典第3版大修館書店(違う辞書を使った場合はその都度明記)

【1巻11章】
He limped over(p.134)
limp...(一方の足に体重がかからないように)足を引きずって歩く。
スネイプが脚を引きずりながら近づいて来た(p.265)
痛い脚を庇ってます(泣)

Snape was holding his robes above his knees.(p.134)
スネイプはガウンを膝までたくし上げている(p.266)
原文ではローブだったのですね!あれ?でもなんで複数?重ね着?

One of his legs was bloody and mangled.(p.134)
bloody...血だらけの、血まみれの
mangle...<体など>をずたずたに切る、<車など>を(押し)つぶす
片方の脚がズタズタになって血だらけだ(p.266)

Snape's face was twisted with fury~(p.135)
twist...<顔>を.ゆがめる、しかめる.
fury...激しい怒り、憤激(rageより強い)
スネイプは怒りに顔をゆがめ、(p.267)
並みの怒りではなさそうです。

He had his eyes fixed on Harry and was muttering non-stop under his breath.(p.140)
fix...<目、注意など>を(人・物・事に)じっと向ける、凝らす
mutter...つぶやく
non-stop...休みなしの(に)
under one's breath...小声で、息をひそめて
ハリーから目を離さず絶え間なくブツブツつぶやいている(p.278)

A sudden yelp told her~(P.140)
yelp...(犬の)キャンキャン鳴く声、(人の)悲鳴
    苦痛などで短い悲鳴をあげる(プログレッシブ英和中辞典)
鋭い悲鳴があがったので(p.279)
「キャッ」とか、「ギャッ」とかいう感じでしょうか?

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/183-28cfe0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛の表出 «  | BLOG TOP |  » I wish I were dead

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。