topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I need Severus... - 2007.06.09 Sat

水盆の薬を飲み干して弱ったダンブルドアを連れ、ホグズミードに「姿現わし」したハリーは、なんとかして早くマダムポンフリーのところへ連れて行こうとします。
しかし、ダンブルドアが必要としたのは、スネイプ先生でした。
「必要なのは……スネイプ先生じゃ……」
「セブルスじゃ」「セブルスが必要じゃ…」(6巻27章p.399)
原文はもっと切迫しているというか、主語がある分、ダンブルドアの想いが強く感じられると思いました。
‘It is...Professor Snape whom I need...’
‘Severus’‘I need Severus...’(UK版p.542)
さらに、闇の印の上がった学校に戻り塔の上に降り立った際、ダンブルドアはまずスネイプ先生を呼びに行かせようとしました。
「セブルスを起こしてくるのじゃ」「何があったかを話し、わしのところへ連れてくるのじゃ。ほかには何もするでないぞ」(6巻27章p.404)

この後、結局ハリーはスネイプ先生を連れてくることは出来ませんでしたが、先生を単独でここに連れて来ることが出来ていたら、ダンブルドアはどのようなことをスネイプ先生に望んだのだろうか、と思いました。

指輪の呪いを受けた右手にすばやい処置を施してもらったように、今度もまたスネイプ先生に処置してもらおうと考えていたのでしょうか。
それとも、ここで既に、自分を殺すよう頼むつもりだったのでしょうか。
私はずっと、後者の方だと思っていましたが、今は前者のような気もしています。もし、スネイプ先生に予め自分を殺すよう依頼していたとしても、この時点では、ダンブルドアはまだ生き残るつもりがあったような気がしてきました。ホークラックスだってまだまだたくさん残っていますから、まだ表舞台から去るわけにはいかなかっただろうし。

ダンブルドアは、ドラコと1対1で話している時、選択肢を提示し、我々の側に来るよう説得していました。完璧にドラコを匿うことが出来ると言っています。
ダンブルドアを殺すことが出来なくても、完璧に匿ってもらえるなら、ドラコはヴォルデモートに殺されないし、スネイプ先生だって死ななくて済みます。とりあえず誰も死なない、という選択肢がダンブルドアにとっても第一選択であったのではないかと思います。
説得の言葉にわずかに杖を下げるように感じられたところを見ると、死喰い人達さえ乱入してこなければ、ドラコもその選択をしたかもしれません。ドラコがその道を選んでいたら、スネイプ先生の役割はまた違ったものになったかもしれないと思うと、とても残念です。


ダンブルドアがスネイプ先生を呼ぶ様子が最初は「スネイプ先生(Professor Snape)」だったのが、「セブルス」に移行していったのも気になります。ぐっと距離が縮まった感じです。ダンブルドアとスネイプ先生との会話なら当然ですが、ハリーに対しては常に、「スネイプ先生」と礼節をもって先生を呼んでいたのに、この場面でなぜ?
ダンブルドアが弱って地がでたのでしょうか。
ハリーとスネイプ先生が、ダンブルドアの中で同等なのを示した感じもします。愛しい教え子、という括りで。
というか私の願望です。

ダンブルドアが5巻で、ハリーを愛しく思いすぎた、と述べていますが、まるで今までそのようなことがなかったような口ぶりが気になっています。
ダンブルドアは、スネイプ先生のことも、愛しく思ってくれているのですよね?ハリー同様に、特別な存在で、過酷な運命を背負わせたことを申し訳なく思っているのですよね?
ただの駒だと考えているのではないですよね?
スネイプ先生の苦しみを承知した上で、先生を必要としているのですよね?(依頼があったと仮定して、熱くなっています

● COMMENT ●

妄想なのですが

ダンブルドアは誰のことも、敵のことであっても、決してただの駒としては見なかっただろうと思いたいです。

ダンブルドアはヴォルデモートやその賛同者を倒す・壊滅させるというより、理解、和解の道を探したかったのではないだろうかと思っています。
スネイプ先生はスパイとしてや、闇の魔術に対処できることで貴重だったけれど、戦術的に便利ということだけではなく、元死喰い人であるスネイプ先生を騎士団に入れ、ホグワーツに置いて、共通の困難に取り組み、話をすることで、ダンブルドアは死喰い人やそれに賛同する魔法使いたちとの妥協点を探ろうとしていたのではないでしょうか?

最初から最後までまとまりなく妄想でした(汗)すみません…
だんだんあのシーンに近づいてきてドキドキします。

ダンブルドアはジェームズやシリウスと同様にスネイプを信用して、そして二尋さんが書かれたように親身に愛されていたのでしょうか。そうですよね、きっと。

あのとき、スネイプ先生が駆けつけてきたら、まったく違った展開になったのでしょうね。ハリーの目の前でダンブルドアをよみがえらせる特別な魔法(薬?)を用いるスネイプ先生。でも、死喰い人が侵入したとなってはすでにそれもかなわなかったと思います(死喰い人がいる状況で、ダンブルドアに尽くすわけにはいきませんよね……)何かと考えさせられる場面です。わたしはもしここに駆けつけてきていたら、やっぱり助けてくれるように頼み、ハリーがそれを確認する、ダンブルドアが助かる、ハリーがスネイプ先生を見直す、という展開があったかも、と思いたいところです。

破滅の勧め

【鬼百合さん】
コメントありがとうございます!
ダンブルドアがスネイプ先生をどのように思っていたか、私にはいまだによくわからないのですが、他の先生方や不死鳥の騎士団員の一人一人に対して持っている感情とは、異なるような気がします。
一番近いのではないかと思うのが、ハリーやヴォルデモートに対する気持ちです。
二人は正反対の意味でダンブルドアにとって特別な人だと思うのですが、スネイプ先生もそうだったのではないかとなんとなく思っています。皆、共通点が多いので。

ヴォルデモートをどう思っていたかも気になります。私としては、ヴォルデモートを殺すことによって問題の解決をはかるのではなく、「愛」の力でヴォルデモートに変化を起こさせる方向に物語が進んで欲しいと思っていました。が、ダンブルドアは、23章ではっきりとハリーにヴォルデモートを殺さなければならないと告げ、「破滅させたい」とハリー自身が思うよう促しています。もちろん、そうしなければハリーが休まらないからなのでしょうが、意外と情に流されない人なのだと驚いています。スネイプ先生にも冷静に役割を与えていたのかもしれないと思うと、時々不安になります。どうなんでしょうね?
あのシーンについては、まだ考えがまとまらず、文章にできずにいます。難しい…
気長にお待ちいただけると幸いです。

愛していた?

【kmyさん】
コメントありがとうございます!
この場面、場合によってはkmyさんのおっしゃるような展開になったのではないかと、私も思います。右手の呪いだって、スネイプ先生がいなければ助からなかっただろうと言っていましたよね。まだまだ助かるつもりで、スネイプ先生を必要としていたのだと思います。
今回のロケットが偽物でなかったとしても、まだ3つのホークラックスが残っていますから、ダンブルドアだlってまだ諦めていないと思います。
でも、死喰い人の前ではさすがにスネイプ先生もダンブルドアを助けることは出来ないですよね。ヴォルデモート側だと言える理由はどこにもなくなってしまいますから。まだまだ当分二重スパイを演じる必要はありそうですし。

ダンブルドアは、ハリーを他の生徒とは違い、真に愛していたと思います。「one of them」ではなく一人の特別な存在として。
それと同等の愛情をスネイプ先生にも注いでいたと考えたいのですが、そうなると、スネイプ先生を愛したのは母ではなくダンブルドア?という可能性もでてきてしまい、矛盾に困っています。母にもダンブルドアにも愛された、ということでもいいのでしょうけど。

始めから

私は、もしダンブルドアがスネイプに自分を殺させることを最終的なプランとして考えていたとすれば、ホグズミードで「スネイプ先生を呼んできてくれ」とハリーに頼んだ瞬間から、すでにスネイプに自分を殺させることが目的だったと思います。もちろん自分が死んでハリーにバトンタッチするまでに可能な限りのホークラックスを破壊することが校長の作戦だったでしょうが、この時点で既に自分の体力が(薬の効果もあり、指輪の呪いも残留しているということもあり)限界に近づいていて、ここで殺してもらうのが一番よい、すなわち今を生き延びても再びホークラックスを壊しに行けるだけの力は自分には残らないだろうと計算したのだと思うのです。

なぜかというと、もし最終的にスネイプが裏切ったということをハリーまで含め敵味方全員に信じ込ませるのが計画だとすれば、ここでハリーの目前で(しかもホグズミードなら、どこに死喰い人に通じた者が潜んでいるか分からない人目のある場所で)スネイプに自分の治療をさせるのは得策ではないからです。校長の力を持ってすれば、弱っているとは言ってもパトローナスを飛ばすなり、ハリーに子供には読めないメッセージを託すなり、何らかの方法でスネイプに直接命令を下し、自分を密かに安全なところへ運んで治療してくれるように命じることもできたはずだと思います。ところが、そうせずに、ハリーがスネイプを堂々とホグワーツの門を通って迎えに行って連れて戻ってくることを頼んでいるということは、残念ながら、この段階で既に「オン・ステージ」の計画がスタートしていたと考えざるをえない気がします。

なぜ、ホグワーツが死喰い人たちに攻撃されているとロズメルタから聞いた途端に、ハリーとホグワーツへ飛ぶ計画に変更したのでしょうか。読み手は当然、そこで戦うためだと思って読まされるわけですが、戦えるぐらいならホグズミードまでスネイプに来てもらう必要はどこにもありません。私は、スネイプに自分を殺させる計画を実行する上で、最も適切な舞台が変更されたのだと思います。ホグワーツが平和な状態なら、そこへ到着してスネイプを呼ぶ形では目撃者はハリーと最高でも数人の先生のみになります。生徒たちは各自の寮ですし、もちろん死喰い人や一般人は1人もいません。ホグズミードなら、うまくすれば死喰い人側のスパイが潜んでいて校長暗殺を直に目撃してくれるかもしれませんし、そうでなくても道ばたでハリーが泣き叫べば、たちまち街中の人々が窓を開けて、暗殺の現場を目撃するはず。その上、ホグワーツ圏内と違ってアパレイトできるので、スネイプの逃走も容易になります。しかしドラコの最終計画がついに実行に移され、ホグワーツに死喰い人たちが侵入しているとなると話は違ってきます。そこで自分が死ねば無駄な犠牲を出さずに闘争が終了するということももちろんですし、それに明らかに、スネイプの裏切りを目撃させる相手として理想的なのは死喰い人たちです。加えて味方側のハリーもいれば申し分ありません。自分はもう戦う余力を持たず、ましてハリーを護るだけの体力はなくなっていながら、安全なホグズミードにハリーを残す方法を画策せずに一緒に決戦の場に飛び込んでいったのは、そしてスネイプを呼びに行きかけたハリーを塔の扉が開いた途端にフリーズさせて止めたのは、ひとえに「敵とハリーの目前で」しかし「可能な限りハリーに危険が及ばない形で」スネイプに自分を殺させる計画に沿って校長が行動していたからだと思います。

ドラコの処遇

zerlさん、コメントありがとうございます。
私もずっと、頑ななまでにスネイプ先生を必要としていたダンブルドアは、最初からこの時点で自分を殺すよう命じるつもりだったと思って読んでいました。
スネイプ先生にあくまで裏切り者を演じてもらうような舞台が用意されていたとするzerlさんの説も大変興味深いです。
でも、今回、一番引っ掛かったのは、ドラコにこちらの側に来るよう説得したことでした。完璧に匿えると説いて、ドラコが杖を降ろしかけましたが、実際にドラコがこちら側に来ると決意した場合、ダンブルドアはスネイプ先生に自分を殺させただろうか。ここでスネイプ先生に自分を殺させてしまったら、こちら側に来たドラコは誰が匿うのだろう?スネイプ先生は当然裏切り者の役割がありますから、ドラコは匿えない。不死鳥の騎士団が完璧に匿えると判断していたのだろうか。スネイプ先生がヴォルデモート側を演じつつ、ドラコに害が及ばないよう気を配る手はずだったのだろうか。
そんなことを考えた時、ダンブルドアはまだ生き残るつもりだったのではないかと思ったのです。また、ホグズミードでスネイプ先生に殺させた場合は、ドラコをこちら側に誘う説得すら出来なかったと思うのですが、私はダンブルドアがみすみす無垢な教え子をヴォルデモート側に回すようなことをするのか疑問に思いました。もちろん、あらゆることを秤にかけた上での冷静な計画というのも考えられなくはありませんが、
今学期中のドラコへの配慮を考えると、まだまだ死なないつもりだったような気がします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/171-c97c2f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嫌悪と憎しみ «  | BLOG TOP |  » ホークラックスを守る薬

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。