topimage

2017-06

先生のくしゃみ - 2007.05.17 Thu

これは先日、日記に書いた記事なのですが、内容的にはこちらのブログ向きだと思ったので、一部こちらに移動しました。
2巻で見落としていた部分についてです。2巻は先生の出番が少ないと思って、じっくり読み込んでいない感じがあります。一番記事数も少ないし。そんなわけで、6巻の途中に突然割り込ませてみました。


マグル生まれの生徒などが次々襲われて、ハーマイオニーまで石にされた時、ハグリッドに秘密の部屋の入り方を問いただそうと、ハリーとロンが警戒中の校舎の中を透明マントを着て歩く場面。物音まではマントは消してくれず、特にロンが躓いた時が危なかったとあります。
「ほんの数メートル先にスネイプが見張りに立っていた。うまい具合にロンの『こんちくしょう』という悪態と、スネイプのくしゃみがまったく同時だった」(2巻14章p.384)

ス、スネイプ先生のくしゃみ!くしゃみ先生!
(苦沙弥先生といえば、「吾輩」の飼い主の偏屈な英語教師ですね)
うわあ、どんなくしゃみなんでしょう!
「クシュン」なんてかわいいくしゃみでは、悪態は隠せないかなあ。
「ハックション」でしょうかねえ、豪快に。
日本のおじさんのように、チクショーみたいな言葉が後にに付くような下品なくしゃみかしら?ひえ~~

この時は夕方6時以降は生徒は寮から出ることは禁じられています。
トイレに行く時も先生についていってもらわなければいけないようです。
ってことは、スネイプ先生にトイレについていってもらう幸運な生徒もいたってことですよね。いえ、そうじゃなくて、先生がちっとも休めない、ってことだと思います。
消灯時間が過ぎても廊下で見張りに立つスネイプ先生。
廊下は冷えるでしょうに・・・風邪をひいてしまったのでしょうか。
どうぞ、お大事に。

また、この時は先生や監督生、ゴーストなどが二人一組で行動していたようですが、スネイプ先生が誰と組んでいたか、大変気になります。
数メートル先のスネイプ先生の、さらに向こうにもう一人いたのでしょうか。血みどろ男爵かな。他のゴーストからは避けられそうだから。
それともフィルチでしょうか。包帯巻くのを手伝ってもらった仲だし。
それとも、一番弱い立場にある監督生の女の子でしょうか。スリザリンの。監督生同士では危険だから、やっぱり先生と組むと思うのですよ。
一緒にいた人が羨ましいです。

ああ、でもこの場面、なんかドリフのコントみたいだなあ。
これじゃあ、映画で先生が笑いをとる役に回されるのも仕方ないよ。

● COMMENT ●

今晩は。

一緒に組んだ人は一体誰でしょうね?
組んだ人は凄くラッキーですね(笑)
羨ましい。そう言えばフィルチとスネイプ先生は仲良いんですかね?スネイプ先生の包帯巻いたのもフィルチだし、包帯私が巻いてあげたいと読んだ時そう思いました。私が巻いたら泣きながらかもですが、だってスネイプ先生が傷いてるんですから。後フィルチって何かあると直ぐスネイプ先生に報告してるなと思いました。別に他の先生でも良いのに、例えば映画だと暴れ柳の時、報告するのはスプラウト先生でも良いと思うんですよ。あれ?でも、スネイプ先生がフィルチにハリーとロンを自分の所に連れて来いと言ったのかな?映画では描かれいませんが。

スネイプ先生のくしゃみ可愛いですね〜。
カッコイイし色気はあるし、何より可愛いですよね。何度もコメントすいません。

また、すいません。スネイプ先生のくしゃみはきっと、抑えぎみにクシュンだと思いますよ。鼻に手を当てて。完全に1人だったら、豪快なハックションだと思いますよ。

Re: 今晩は。

スネイプ先生と組める人は本当にラッキーだと思います。
グリフィンドールの監督性だったら、すごく嫌でしょうけど、安全であることは間違いないと思います。
フィルチと二人だけの時に手伝わせて包帯を巻く、というのは何かしら信頼関係がありそうな気配ですね。

車に乗ってホグワーツにやってきたハリーとロンを見つけたのは映画ではフィルチでしたが、原作ではスネイプ先生自身でした。スネイプ先生はハリーが汽車に乗っていなかったことに気付いていて、空飛ぶ車の記事でピンときたことから外で待っていたんです。この場面のスネイプ先生の描写がとても魅力的なのでお勧めです。

>アランさん

とても可愛いと思います。
自分の意志ではどうにもならず、出てしまうところが特に可愛いです(´▽`*)

Re: タイトルなし

イギリス人はそもそも音を立てないようにくしゃみする、といくつかのサイトで紹介していることを知りました。じゃあやはり抑え気味にクシュンだったのでしょうか。
でも、ロンの悪態が消されるとしたら、豪快なハックションだったのでは?という気もします。となると、そばに誰もいなくてイギリス人らしい心遣いをする必要がなかったのでしょうかね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/167-7e7fe86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホッグズ・ヘッドにいた理由 «  | BLOG TOP |  » 好い天気なのに

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード