topimage

2017-05

セクタム・センプラ - 2007.03.17 Sat

セクタム・センプラで傷ついたドラコに向かって、杖を取り出し歌うような呪文を唱えるスネイプ先生。凄惨な光景のはずなのに、美しいスネイプ先生の様子ばかり想像されました。

この場面の呪文、傷を治す呪文でも、呪文を終わらせる呪文でもなく、「セクタム・センプラ」という呪いに対する反対呪文ではないかと思いました。counter-curse(反対呪文)と明言されているので。
レビコーパスとその反対呪文のリベラコーパス同様、スネイプ先生が開発した呪文だと思います。

リベラコーパスの場合は、レビコーパスと書かれた部分の下に読みにくい字として書かれていました。
だいたい、ハリー・ポッターに登場する呪文のたぐいは、ラテン語とか英語とか、何か語源になっているものがあるようです。
Levicorpusは、空中に浮かぶという意味のlevitateと、身体を表すcorpusから作られたのでしょうか。あるいは、levitate自体、ラテン語など別な言語由来なのでしょうか。私にはわかりません。
ローリングさんの思考回路はそのままスネイプ先生の思考回路に繋がるのではないかと思うのですが、つまりスネイプ先生も呪文を開発する際、あらゆる原語の組み合わせなどから、今までにない効果をもつ呪文を作り上げていったのだと思います。
レビコーパスは、何回もバツ印で消したり書き直したりしているので、「身体を浮上させる」という意味を持つ言葉の組み合わせを検討していたのではないかと想像しています。
その反対呪文のリベラコーパスですが、Liberacorpusはliberalが「自由な」の意味があります。
浮上させた身体を自由にする、という意味を持ち、かつ同じLで始まるこの言葉で初めて効果を持つのだと考えています。

同様に、セクタム・センプラも、ある程度の効果を狙って開発したのではないかと思います。
sectumはラテン語で「切る」、sempraはラテン語で「いつも、常に」を表す言葉を基にしていると、「ハリー・ポッター6巻を英語で読もう!」さんで教えていただきました。
ちなみに2巻で登場したリクタス・センプラ(Rictussempra)の語源は、Rictusがフランス語で「引きつった笑い」、ラテン語で「大きな口」だそうです。(ポッターマニアさんより)「常に引きつって笑っている」状態にする呪文なのですね。この時、この呪文を解いたのは、フィニート・インカンターテム(呪文よ終われ!)でしたが、この呪文は同時にハリーにかかっていたタラントアレグラ(踊れ!)も解いたのでした。
そう考えると、この呪文でも呪い全般を終わらせる効果もありそうですが、セクタム・センプラとは呪いのレベルも違うような気がします。闇の深さが違うというか、そんなイメージから、やはりそのための反対呪文でなければ効かないような気がします。

敵を「常に切れている」状態にしようとスネイプ先生は、そのような意味を持つ色々な原語の組み合わせを考えたのでしょうか。その反対呪文となれば、それなりの意味を持つ言葉をやはり探し出してきたのではないかと思います。その効果は、「出血が緩やかになる」「傷口が塞がる」ようですから、そんな意味を持つ言葉だったかもしれません。

「常に切れている」という意味の言葉を開発しようと思ったセブルス少年の心情を思うと、冷水を浴びせられたような気持ちになります。
相手を見えない刀で切ったように、鋭く深く傷つける言葉を探していたセブルス少年は、いったい誰にその呪文を使うつもりだったのでしょうか。誰ということもなく、自分を襲う敵全てから身を守る術として、いざという時に備えたのでしょうか。攻撃のためにしろ、防御のためにしろ、その必要性を感じていたセブルス少年には、「呪文を開発する喜び」だけでは済まされない思いがあったに違いなく、痛ましさに泣けてきます。
そしてその呪文を開発したということは、やはりどこかで、誰か、あるいは何かを相手に試したということだと思います。例えば小動物などを相手にひっそり試し、思ったような効果を発揮した時、すぐに反対呪文を見つけられなかったら。自分のやっていることに、何も心を動かされない、ということだけはあって欲しくないです。先生だって、痛みを感じていたのですよね?

さて、この場面でのスネイプ先生様子で気になるのは、やはり「歌うような」と表現されたことです。これは、ハリーが聞いてそう思ったのでしょう。レビコーパスに対し、リベラコーパスとあるように、その反対呪文はそんなに長い呪文だとは思えません。短い呪文ではあったけれど、それがハリーには「歌うように」聞こえたのだと思います。そこにスネイプ先生の、自作の呪文に対する愛を感じると同時に、ハリーに聞かせる意味もあったのではないかと思いました。本当にハリーに聞かせたくないと思ったのなら、無言呪文で対応すればよかったのですから。
スネイプ先生の唱えた呪文は、読者には明かされませんでしたが、ハリーには「歌うように唱える反対呪文」として心に刻み込まれたはずです。後々、ハリーもこの呪文を思い出し、真似して唱える日が来るかもしれません。

● COMMENT ●

呪文の作り方

そういえば、魔女が唱える呪文は回文でできているって、聞いたことあります。
>自作の呪文に対する愛を感じると 同時に、ハリーに聞かせる意味も あったのではないかと思いまし  た。
う~ん、なるほど・・・。しかし、最後の方で、ハリーがスネイプ先生に対して、スネイプ先生が開発した呪文を飛ばしていましたよね。あの時スネイプ先生はかなり怒っていました@@!「父親と同じように、自分が開発した呪文を使うな」と。私は素直に言葉のままとらえていたのですが、あれはもしかして、「騎士団として動いているのだから、邪魔をするな」という意味だったのでしょうか。

自作の呪文

>魔女が唱える呪文は回文でできている
そんなふうに言われているんですね!知りませんでした。回文になっていると、それだけ魔力が高そうなイメージです。

自作の呪文をハリーが使って怒ったところ、私はスネイプ先生に向けて使ったからだと解釈していました。
その呪文を使ったことに対して怒ったというより。
でも、言われてみれば、「自作の呪文への愛」と「ハリーに伝える」ということは同列には扱えないような気がしてきました。愛が勝っていたのかなあ。
最後の部分にいては、まだなんとも考えがまとまらない、というか今回の記事を書いていて、ますますスネイプ先生のことがわからなくなってきているので、どう解釈していいかわかりません(汗)
上級魔法薬の本が、ハリーの手に渡ったのが偶然なのか、スネイプ先生の意図があってのことなのか、そこに行き着いてしまいます。

反対呪文は本当に『歌う』のでは?

「セクタム・センプラ」という呪いに対する反対呪文は本当に歌うように唱えるのでは?と思っています。
攻撃呪文な訳ですよね、「セクタム・センプラ」は。とすると、攻撃するのと反対の心持を以って唱えるのが反対呪文としても効果が上がるのでは無いか、と考えます。つまり本当に歌うように唱えるのではないのでしょうか。
スネイプ教授は、口調はともかく(あの芸術的な嫌味は傍観者として聞くのは好きです)、まるで「俺(の行動)から学べ」とばかりに生徒を目の前にしているときは適切な行動をとります。なので、この場合も「歌うように」唱えるべき呪文なのではないかと考えます。
スネイプ教授はこの呪文に対しては愛情を持っているとは私は感じませんでした。寧ろ後悔の念が強いのでは、と思っています。自作の呪文が悪用された、それを防ぎえなかった自分・悪用されることを想定できなかった愚かさ等に後悔しているような気がします。故に「父親と同じように、自分が開発した呪文を使うな」と怒るのでは?彼は開発したこと自体には後悔はしてはいないと思います。自衛の為に、と必要に迫られて開発したのでしょうから。しかし、その呪文を使われることによって自分の愚かさ・無力さを再認させられる→猶更の怒りが湧く、となるのではないかと思います。

挨拶なしにすみませんでした。

いきなり挨拶もなしに語ってすみませんでした。不快に思われたらすみません。

大人な先生

クミコさん、はじめまして!
反対の心持を以って唱えるのが反対呪文としても効果が上がるのでは無いか、とのご意見、なるほどと思いました。今まで登場した呪文とその反対呪文について思い返してみたのですが、特にそのような記述は見つけられませんでした。が、実際同じ内容の呪文を唱えるにしても、反対の心持であれば、やはり効果は上がるような気がします。緊急事態で、より高い効果を狙って、感情もコントロールして唱えたとも考えられなくもないと思います。

クミコさんのお考えになるスネイプ先生は、自分を省みる余裕のある大人だと思いました。
私は、スネイプ先生が大好きでありながら、彼には少し大人になりきれない部分があると感じています。
そこも含めて愛しているのですが。
自作の呪文に対する愛着は感じても、開発に対する後悔のようなものは、私は感じ取れていませんでした。これは私のイメージであって、このあたりはファンの間でも見解は分かれると思います。実際はどうなのでしょうね。
自衛のために必要に迫られて開発したと考える一方で、純粋に闇に憧れていたり、知的好奇心のみのセブルス少年、というものも私の中では存在しています。そして、まだ私の中のスネイプ先生は統合されていません。何度も読み返し、いただいたコメントなど皆様の考えるスネイプ先生像を拝見しながら、じっくり考えていこうと思っています。もしかしたら、7巻を読んでも、ずっと課題として残るのではないかという気もしています。
ご意見お聞かせくださり、ありがとうございました。先生の人物像を考える参考にさせていただきたいと思います。
よかったら、また語っていってくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/160-d6bd211c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

追及なし «  | BLOG TOP |  » 早すぎる登場

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード