topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たことのない姿 - 2007.03.04 Sun

トイレで密かに泣いているドラコの姿を目撃して、ハリーは衝撃に立ち尽くしますが、気付いたドラコが杖を抜いたことから、攻撃の応酬が始まります。そして、ハリーはプリンスの教科書にあった、敵に対して用いると思われる呪文、「セクタムセンプラ」を使いました。
顔や胸から血を噴き出して倒れたドラコを見て呆然とするハリーと騒ぐマートル。そこへ飛び込んできたのは、スネイプ先生でした。

この場面、考えてみたい部分もいくつかありますが、まずはスネイプ先生の描写の絵的な美しさを味わおうと思います。

ドアがバタンと開いて憤怒の形相で入ってきたスネイプ先生。この憤怒の形相という部分、原文では‘his face livid.’となっています。lividは「激怒した」という意味ですが、「鉛色の」「青ざめた」という意味もあります(Yahoo!!辞書より)。普段土気色の顔が、鉛色になっていたかもしれない、と思うと、その感情の激変ぶりに驚かされます。それほど美しいというわけではありませんが(あれ?)

次にスネイプ先生は、ハリーを荒々しく押しのけ(Pushing Harry roughly aside) 、ひざまずいて(he knelt over Malfoy)います。
普段、どんなに言葉に毒があっても、動作が荒々しい場面はそんなに多くありませんでした。3巻でシリウスが逃亡した後に、病室のドアを猛烈な勢いで開けたことはありました。あと、開心術を撥ね返された時に、ハリーを突き飛ばしたことがありましたが、それは荒々しいというよりは、むしろ痛々しい感じがしました。
ハリーはドラコの脇に両膝をついていましたから、先生は自分もひざまずく過程で屈みながら押しのけたのだと思われます。押しのけたということは、ハリーもそんなに遠くに突き飛ばされたわけではなさそうです。スネイプ先生に触れるくらいの近距離でこの後のスネイプ先生の処置を見ているのだと思います。羨ましい…

荒々しくハリーを押しのける姿も稀ですが、さらにひざまずくスネイプ先生など、今まで出てきたことがあったでしょうか。
ドラコの倒れている床は、呪文によって破壊された水槽タンクのために水浸しです。そこへ大量の出血も加わって、大変なことになっていますが、そこにスネイプ先生もひざまずいているわけですから、当然先生の着衣もどんどん水分を吸っていると思われます。
水や血で重くなったローブに加え、ひざまずいてドラコの上に屈みこんでいるわけですから、かなりバランスが悪いのではないかと思います。ドラコの体のすぐそばに杖を持っていない方の手をついて支えていたのかもしれません。かなり身を屈めて顔を近づけていたのではないかと想像します。髪はカーテンのように垂れ下がり、表情はハリーにも見えないのかもしれません。まるで這い蹲るようなこの姿勢にも心ときめくものがあります。そしてその手もドラコの血に染まるわけです(だから何?)

杖で傷をなぞりながら、呪文を唱えるスネイプ先生。しかもその呪文は、歌うような呪文です。
スネイプ先生が歌!?
この部分を初めて読んだ時の驚きとときめきは、忘れられません。
「歌うような」と感じるくらいですから、単調な呪文ではなく抑揚があるもの、旋律のあるもの、ということでしょうか。大変貴重な描写です。
スネイプ先生は、さらにドラコの顔から血を拭い、呪文を繰り返しています。残りの血を拭った(wiped)とありますが、ロンのレポートにこぼれたインクをハーマイオニーが杖で吸い取ったようにしたということでしょうか。布などでふき取っている図の方が好み(汗)ですが、そんな余裕がでるのは、全ての傷が塞がってからという気がします。まだ杖を離すことなく、吸い取る形ですばやく拭い、すかさず二度目の反対呪文を唱えたのだと思います。

そして、傷が塞がると、ドラコを半分抱え上げて立たせています。
立つことができたドラコにも驚きますが、そこは置いておきます。
抱えて立たせるという図も、なかなか貴重な場面です。そもそも生徒に触れる場面があったかどうか思いだせないのですが、これほどのスキンシップはかつてありませんでした。
仰向けに倒れたドラコを抱え上げるには、背中に腕を入れて抱き起こす形ではないかと想像します。どの位置にスネイプ先生がいたか、ですが、横たわるドラコの右か左にいたと考えるのが自然な気がします。
頭側や、足側では傷の治療を行い難いでしょうから。右か左から抱え上げる時、私なら、肩の下と膝の裏側に腕を差し入れます。ドラコのぐったり具合にも依りますが、背中に片手だけ入れるのも、両手をそれぞれ両肩の下に入れて手前に起こすのも、腰を痛めかねません。
スネイプ先生はどうしたのでしょう。後で腰が痛くなっているスネイプ先生もかわいいですけど。
どちらにしても、ドラコが羨ましくて、ちょっとドキドキする場面でした。

スネイプ先生は今までのどの場面でも魅力的でしたが、この24章、かつて見たことのないようなスネイプ先生の描写が満載で、しかもその後もハリーとの長いやり取りがあるので、2章と並んでお気に入りの章です。

● COMMENT ●

歌うような・・・

めずらしいですよね@@!
ハリーは不死鳥の歌を思い出した、なんて文がありましたよね。スネイプ先生が不死鳥のように癒し(?)の呪文を唱える・・・。たまらんです!>▽<*ふと思ったのですが、スネイプ先生はあの時も見張っていたのでしょうか。なんかすぐに登場しましたよね。ということは、ハリーの行動も・・・。

歌う呪文

あの呪文は、汎用のものなんでしょうか、それともセクタムセンプラ専用の治癒呪文なんでしょうかね? つまり、セクタム専用のものなら当然それを開発したのは少年時代のセブルスのはずだと思うので。必要の部屋なりどこなりに1人で籠もって、ちゃんと効くやつが完成するまで延々と色んな調子で歌うような呪文を繰り広げる彼を妄想すると、もう可愛くて可愛くてたまらない…という、はい、それだけです。(笑)

次回

アーロサニカさん、zerlさん、コメントありがとうございます!
実は、お二人のおっしゃるそれぞれの点については、次回、思うところを語ってみようと思っていました。
ここでそれを書いてしまうと、次回のネタがなくなるので(笑)、やめておきますね。短いお返事でごめんなさい。

【アーロサニカさん】
早すぎる登場は、私も気になっていました。絶対、早すぎます!

【zerlさん】
私は、この反対呪文は、汎用のものではなく、先生が開発したものだと思っていました。
開発する姿を想像すると、本当に愛しいです。

まだ日本語版・英語版のどちらも確認していないのではっきりとは言えないのですが、二尋さんのあげた描写を読んでいると、ドラコは他のスリザリン生と比べても異常なほど、スネイプに大切にされているようですね。
こうして思えば、クリスマスの夜の会話でも、スネイプの態度はいつもより辛抱強かったような気がします(ドラコはあんなに乱暴な口をきいていたのに…)
ナルシッサが、ルシウスとセブルスは昔からの友人だと言っていましたが、友人の子どもだからでしょうか…。

次回のネタも既にあるのですね。楽しみにしております!

何かの意味

誓いがなかったにしても、以前からスネイプ先生はドラコを本当に特別扱いしてきましたよね。私には、その真意がよくわかりません。
それはやはり意味のあることとして、7巻で明らかにされるのか、ただの贔屓として、特に語られることもないのか気になります。

それにしても本当に、クリスマスの時のスネイプ先生は辛抱強かったです。あれは何かとても努力してそうなっていたのでしょうか。ストレスが胃にきそうで、かわいそうです。

次回のネタは、構想だけあって、まだ文章にはなっていないんです。頑張って書きますね。

こんにちは。

私はこのシーンを見た時、ドラコをみて凄く切なくなりました。同時にこのシーンに胸キュン♥してる自分もいました。ハリーはスネイプ先生のドラコを治療してる所を近くで見る事が出来るし、逆にドラコはスネイプ先生の治療してる所は見られないけど、超近くにスネイプ先生がいて身体を支えて貰って良いなと、自分だったらどっちが良いかなと考えました。管理人さんはどっちが良いですか?私はう〜ん、どっちかと言うとドラコかな?でもハリーも良いかな?結局決められません💦それにしても、スネイプ先生ドラコがいくらお世話になったルシウス先輩の子供だからと、言っても大切にし過ぎかなと、感じました。自分が寮監のスリザリンの生徒でお気に入りだとしても。前に他の方が破れぬ誓いの記事にもしかしてドラコはスネイプ先生の子供ではと、コメントしていましたが、もしかしたら、そうなのかなと最初は私も思いました。でもスネイプ先生はリリーをずっと愛してる訳だし、ちょっと下品な話になりますが、そう言う経験があったとしても、スネイプ先生は避妊とかちゃんとしてそうだし、そんなヘマしないと、思うんですよ。考えれば考えるほど分からなくなってきました。

Re: こんにちは。

アランさん、コメントありがとうございます。
傷を負った人を見て、切ないのと同時にキュンとする気持ち、私も覚えがあります。不謹慎だと思いつつ・・・

ドラコの立場とハリーの立場、どちらが良いか私もとても迷います。
今の気持ちは、少しドラコ寄りかな。今はスネイプ先生に触れて欲しい気分なので(笑)

7巻が発売される前、ドラコだけっでなく、ハリーやルーナも本当はスネイプ先生の子どもでは?と考えた読者は結構いました。
確か作者が否定したようには思いますがうろ覚えです。
スネイプ先生がリリー以外の女性に興味を持つことがあったかどうか、これは結構議論されています。
私としては、気持ちだけでなくリリー以外には誰にも関心を持たなかった方向が好みですが、真相は明らかにされる日は来ない方が、読者はより楽しめますね。

じゃあチェリーですかね?確かし明かされ無い方が良いかもですが、私は少しだけですよ?気になります。

チェリー、それはどうでしょうね(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/158-bb2b9be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早すぎる登場 «  | BLOG TOP |  » 陶酔感を誘う霊薬

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。