topimage

2017-06

クリスマスプレゼント - 2006.12.24 Sun

6巻のハリーは、隠れ穴でクリスマスの朝を迎えたので、プレゼントも隠れ穴のベッドの足元にありました。その日のクリスマスランチの席についたのは、ウィーズリー一家とハリー、ルーピン、フラーで、ウィーズリーおばさんは、フラー以外の全員分のセーターを編んだようです。
ということは、前の晩から泊まっているルーピンも、目覚めた時プレゼントを発見したということですね。
スネイプ先生は毎年プレゼントを貰っているのでしょうか。
子どもの時も、大人になってからも。

スネイプ先生は学生時代、クリスマスをどこで過ごしていたのでしょう?不仲に見える両親の存在自体が曖昧で、クリスマスを自宅で過ごしたのか、学校で過ごしたのか、わかりません。
私は、スピナーズ・エンドが自宅だと思っているのですが、今年スピナーズ・エンドがスネイプ先生とワームテール以外の人の気配がなかったことから、両親はいつからか不在になっていると思われます。それが最近のことなのか、先生が学生時代からのことなのかはわかりませんし、そもそも生きているのかどうかもわかりません。
学生当時、両親がいたとしても、スピナーズ・エンドの貧しそうな労働者の家から、何キロも離れたロンドンのキングズクロス駅まで、わざわざ迎えに来てくれるほど、セブルス少年を待っていたようには、私は思えません。部屋の隅で幼い息子を泣かせたままにしていがみ合う両親ですから。
リドルやハリー同様、セブルス少年も自宅に帰るよりホグワーツで過ごすことを望んだような気がしています。

ハリーがホグワーツで最初にクリスマスを迎えた時、プレゼントは期待していませんでしたが、ロンほどの高さはないものの、ベッドの足元にプレゼントを山を発見していました。
ハーマイオニーやハグリッドなど親しい人からのものや、ロンが自分の母親にハリーがプレゼントを貰うあてがないことを知らせたために送られてきた手作りのセーターやらお菓子がありました。
透明マントだって、父親の遺品として入学時に渡すことをせずにクリスマスに贈ったのも、ダンブルドアの配慮かもしれません。
そんな風に、両親のいないことを気遣うロンやダンブルドアのような存在があったり、純粋に贈り物をしたいと思ってくれる友達ができたハリーは、本当に幸せです。今まで足りなかったものが一気に満たされたのではないかと思います。

学生時代、入学当初から、多くの呪いを知っていることを他寮の生徒にまで知られていたり、憂いの篩の中でも明らかに嫌われ者とハリーが感じる状態にあったセブルス少年に、クリスマスプレゼントを用意しようと思う友達がいたのかどうか、疑問です。せめて両親のどちらかからの贈り物があったことを望みます。それもなければ、校長からとか。

何も期待しないで目覚め、やはり何も用意されていなかったことを知り、期待していなかったはずなのに、ベッドの足元に視線を送ってしまった自分に苛立つセブルス少年を想像するのはあまりにも辛いです。
それよりもっと辛いのは、本当に期待も失望もしない、何も感じないセブルスです。
だいたい、普段の学校での様子や家庭環境から、ダンブルドアならプレゼントの有無を察することもできそうです。足元に何もないベッドで目覚める生徒を放置するでしょうか。
きっと1つはセブルス少年もプレゼントを手にしたのではないかと思います。そっと手に取り、包みを開ける時、少しはわくわくする思いを抱いたのではないでしょうか。誰かに愛されたことのあるスネイプ先生ですから、プレゼントを受け取る喜びを知っていたと思います。
知っていて欲しいです。

6巻のスネイプ先生が、どこでクリスマスを過ごしたかは不明ですが、やはり寮監として学校に残る必要があったかな、という気はします。ホグワーツの静かな地下の自分の部屋で、またはスピナーズ・エンドの古いベッドで、寒い朝目覚めたスネイプ先生の足元にも、誰かからのプレゼントが届いていますように。
今も、スネイプ先生のことを気にかけ、スネイプ先生の受け取る様を想像しながらプレゼントを用意し、贈る喜びを感じる人がどこかにいますように。
受け取った先生も、そのことを嬉しいと感じていますように。

● COMMENT ●

ナルシッサがルシウスの昔からの友人、と言っていましたから、もしかしたらプレゼントのやりとりくらい…あって下さい…と思っています。年齢はルシウスやナルシッサが一回り上らしいので、フクロウ便で?
両親からは全く想像がつきません。ダーズリー一家ですらおざなりのプレゼントはくれていましたけど、まさか親子間であの一家とハリーより疎遠にしていたのでしょうか?

今年は穏やかにクリスマスを過ごしていたと思いたいです。スネイプに安息を…!

プレゼント

鬼百合さん、コメントありがとうございます!
そうですね、昔からの友人ですから、そんな付き合いもあったかもしれませんよね。いつからの付き合いなのか、全然見当もつきませんが。
そうそう、ルシウスの年をどこかで見たきり、わからなくなっていましたが、一回り上なのですか!セブルス君が11歳の時に既に成人しているルシウスは、『友達』という感じはしないですね。

親子の関係もイメージしにくいです。母親に愛されたのではないかと思う反面、十分満たされてもいないような気がするので、死別したか、父親に追い出されたかな、と思ったり。楽しい想い出があるといいのですが。

はじめまして!

はじめまして;スネ日記の薬菜です。


スネイプ先生の生き方・・?をみると考えさせられるものがありますよね;

ああいう風に振舞っていても、芯はきっと純粋なひとだと思います!

そんな先生が早く幸せになる日が来てほしいですね(;・∀・)


PS
もしよろしければリンクさせてもらいたいのですが、よろしいですか?
迷惑だったらごめんなさい><

はじめまして

薬菜さん、はじめまして。

>ああいう風に振舞っていても、芯はきっと純粋なひと
なかなか真意がわからないのですが、やはり見た目のままではないと私も思います。誰にも見せない弱さとか、純粋さはあると思います。
本当に先生には、幸せになって欲しいです。

リンクのお申し出、嬉しいです。
どうぞご自由にリンクしてください。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密コメントくださった方へ

お久しぶりです。コメントありがとうございます!
この記事を書いた当時、セブルスの学校においての交友関係が色々わかっていませんでしたが、今となっては、やはり何人かがプレゼントをくれただろうと思っています。
リリーも、5年生まではくれたことでしょう。(憂いの篩のいじめの場面は、O.W.L試験の日のことなので、5年生の出来事です。多分6月)
ルシウスも少なくとも在学中はくれただろうと思います。
セブルスが死喰い人になった正確な時期がわからないのですが、確かに入ったわけだし、ルシウスも同様ですから、きっと二人の交友関係も続いていただろうと思います。
プレゼントも豪華な品が届いていたかもしれませんね。

そうですね、学校側には、いじめられていたセブルスを守ろうとしていた気配が感じられませんね。先生方はジェームズ達に手を焼きながらも、評価は決して低くはありませんでした。
陰の部分は見えなかったのでしょうか。とても残念です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/148-40b83b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【セブルス・スネイプ】について

セブルス・スネイプ統合依頼このページはに出されています。統合についての議論は:Category‐ノート:ハリー・ポッター登場人物でお願いします。セブルス・スネイプ (Severus Snape) は、小説『ハリー・ポッター』シリーズ、及びその派生作品に登場する架空の魔法使いである

スネイプ先生の部屋の暖炉 «  | BLOG TOP |  » 大流行

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード