topimage

2017-08

大演説 - 2005.05.14 Sat

初授業での大演説、以前は何とも思わずさらっと読んでいたのですが、今になると何か意味のある言葉のようにも思えます。特に「我輩が教えるのは、名声を瓶詰めにし、栄光を醸造し、死にさえふたをする方法である―ただしこれまでに教えてきたウスノロたちより諸君がまだましであればの話だが」(1巻8章p.203)の部分です。魔法薬(potion)には死にふたをする方法だってあると言っているんですよね。
4巻でヴォルデモートがユニコーンの血と蛇の毒から作った魔法薬で人の形に戻ったり、父親の骨やワームテールの肉、ハリーの血などを材料にした魔法薬から蘇ったりと、魔法薬が確かに死にふたをする役割を果たしているようです。6巻アダルト版の表紙に魔法薬の本が出ていることから、今後さらに魔法薬には重要な役割がありそうです。
これまでのウスノロたちよりましなら死にふたをする方法を教えるというのは、成績の特によい生徒達には教えるってことでしょうか。6巻表紙の本には、死にふたをする薬の作り方とその効果を打ち消す薬の作り方が出ているのではないかと推測しています。

● COMMENT ●

過去のコメント

魔法薬 (みどり) 2005-05-14 17:42:05

こんにちは!初めてきました!私はハリーポッターが大好きで、何度も読んでます。スネイプ先生は、かなり大きな役を持っていると思います。とくにこれまでの事を考えると、二尋さんの言うように、魔法薬はかなり重大な場面で出てきていますよね。また、スネイプ先生も陰での動きなどを見ていると、この先まだまだいろいろやってくれそうですね☆いろいろと長くなってしまい、しかも二尋さんの言ってることとかなり重なってしまって申し訳ありませんこれからよろしくお願いします!






はじめまして (二尋) 2005-05-15 00:48:53

みどりさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>スネイプ先生も陰での動きなどを見ていると、この先まだまだいろいろやってくれそうですね☆
はい、いろいろやってくれることを多いに期待しています♪

>これからよろしくお願いします!
こちらこそ、よろしくお願いします。またいらしてくださいね。




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/13-411dde4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教師らしさ «  | BLOG TOP |  » ハリーへの態度

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード