topimage

2017-08

ハリーへの態度 - 2005.05.11 Wed

初めてハリーがスネイプと目を合わせた時、ハリーは早くもその目付きから嫌われていると感じ、初授業では、憎まれていると感じています。初めて正式に顔を合わせた11歳のハリーに対しスネイプの態度はあまりにも大人気なく、最初に読んだ時には嫌な奴だと思ったのは確かです。
5巻まで読んでファンになった今読み返しても、弁解の余地はあまりないように思いますが、あえて弁解します。
3巻でルーピンを見る目付きがハリーを見る目付きとそっくりだという表現があることからジェームズとハリーを同一視しているようです。ジェームズから受けた心の傷(トラウマ)のため感情を制御できないのかなと思います。どうも5巻で垣間見たジェームズ達との関係や命にかかわるような暴れ柳事件などからみて、相当深い心の傷を負っているように思われます。命にかかわるような事件に遭遇した場合やいじめを受け続けた体験はPTSDになるとも言われています。ダンブルドアも5巻で傷が深すぎて治らないこともあると言っていますし。まだまだ明らかにされていないいくつかの出来事がトラウマになっているかもしれません。自分の意思でどうにかなるものではない気がします。彼もまた被害者なのです。ハリーにとっては迷惑この上ないでしょうが。

もう一つ気になるのは初授業でのうつろな目という表現。もしや、閉心術を使っている?との疑問です。もし、常に閉心術で心を閉ざしているとしたら、ハリーに対する態度は気持ちとは裏腹な行為なのでしょうか。
この疑問については今後ゆっくり考えていくつもりです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/12-8126956e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大演説 «  | BLOG TOP |  » 初登場シーン

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード