topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりたいと思っているもの  - 2006.05.10 Wed

ペンシーブで見た父親の傲慢な姿にショックを受けたハリーは、事実を確かめようと、アンブリッジの暖炉を使ってシリウスやルーピンと話をしました。
そこで見たことだけで判断しないで欲しいと言うルーピン。シリウスも当時について語り始めます。「ジェームズとスネイプは、最初に目を合わせた瞬間からお互い憎み合っていた。(中略)ジェームズは、スネイプがなりたいと思っているものを全て備えていた―人気者で、クィディッチがうまかった―ほとんど何でもよくできた。ところがスネイプは、闇の魔術に首までどっぷり浸かった偏屈なやつだった。それにジェームズは(中略)どんなときも闇の魔術を憎んでいた」(5巻29章p.390)

ルーピンの言うように、この場面だけでは判断できないと思います。
でもシリウスの言葉は納得できません。
だいたい、シリウスの言うように、ジェームズの備えていたものは本当にセブルス少年がなりたいと思っていたのでしょうか。言い換えれば、セブルス少年はジェームズのように人気者でクィディッチがうまくなりたかったのでしょうか。

人気者でクィディッチが上手いことは15歳の少年にはとても大事なことだろうとは思います。ジェームズとシリウスは何をやらせても学校中で一番よくでき、みんなにかっこいいと思われていました。
きっと自分たちを基準に物事を考えるようになって、皆が自分たちを羨ましいと思っていると錯覚していたように思います。かっこいいと思ってちやほやしてくる生徒達とは違う反応をするということだけで、妬みだと思い込んでいただけではないでしょうか。ジェームズもシリウスもルーピンも。

入学前から闇を見ていた少年は、人気者であることやクィディッチの才能に対する妬みとは違うもっと深いところでジェームズを憎んでいたような気がします。
それが何だかはわからないのですが。愛情一杯注がれて育ったジェームズの無邪気さとか、闇の魔術を憎む無知さや純粋さとか、そのように健やかに育ったこと自体とか、思慮が足りなかったり残酷な部分も含めた少年らしさとか。
ああ、でもこうして書くと、人気者になりたくて妬んでいるとは思えませんが、闇を知らない無邪気な少年ではありたかったのかなとも思えてきます。健やかに育ちながら、それほどの努力をせずとも自分以上の成績を持っていたことは、妬ましかったかもしれないです。

ローリングさん、どういうつもりでシリウスにこのセリフ言わせたのかとても気になります。シリウスの言葉を借りてセブルス少年の気持ちを表したのか、シリウスの思い上がりを表したかったのか。
セブルス少年に、少しでもジェームズを羨む気持ちがあったとしても自覚はなかっただろうと思いますが。

● COMMENT ●

過去のコメント

深く考えたい部分ですね (kmy) 2006-05-11 09:19:53

スネイプ先生はなぜジェームズを憎んでいたのかということについて、考えさせられる記事でした。
クィディッチがうまくなりたいとか、人気者になりたいということではないということではないようにわたしも思います。もっとなにか根深いものがあるように感じられます。
もっと詳しく考えてみたいと思っています。(やっぱり少年時代の生活・家族などが関係ありそうですよね)






根深いもの (二尋) 2006-05-11 20:04:29

kmyさん、コメントありがとうございます。
実はこの記事、UPしようか迷ったんです。
考察になっていなどころか、自分の考えもまとまっておらず、
疑問のまま提示してしまっていいのかどうか。
でも素通りできなかったので思いついたまま書きました。
うまく言葉に表すこともできていないのですが。
本当に深く考えたいところだと思います。




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/115-c5d6788d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最後の頼みの綱  «  | BLOG TOP |  » 手の痺れ 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。