topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローブとパンツ - 2006.04.30 Sun

ペンシーブのスネイプ先生の記憶の中。
ジェームズによってセブルス少年は空中に逆さ吊りにされました。
「ローブが顔に覆い被さり、痩せこけた青白い両脚と、灰色に汚れたパンツが剥き出しになった」(5巻28章p.356)

さて、この問題の場面、多くの人の関心はローブが捲れるといきなりパンツが見える、という点と、パンツが灰色に汚れていた、という点にあると思います。
まずはローブの下になにも履いていないのか、という点ですが、この場面でジェームズ達はその点に驚いている様子はなく、見ているハリーも同様に見受けられます。特に珍しいことではないようです。
4巻のワールドカップ前のキャンプ場で、魔法省の役人が年配の男性に必死でズボンを履かせようとしている場面があります(4巻7章p.129~130)この男性、「大事なところに爽やかな風が通るのがいい」と言い張るところから、ズボンを履く文化を持たないようです。マグルの服だと言ってネグリジェを着ようとしていますから、やはりネグリジェのようなスタイルで普段から過ごしているということだと思います。
制服リストにローブの指定はあっても下に履くズボンやスカートの指定がないのは、長いワンピースのようなローブ1枚で事足りるということでしょうか。寒かったら、マントを着ろと。マグル生まれの生徒など履きたい人は履いてもよし、その習慣がなければそのままでもよしという自由があるのかもしれません。そしてそんな人はいつでも大事な所には爽やかな風が吹き抜けているのでしょうか。スネイプ先生も!
ローブを着たまま箒に乗るのでしょうから、あまりタイトなものだと跨れません。やはりゆったり余裕のある衣服なのだと思われます。そのため逆さ吊りでたちまちめくれてしまったのでしょう。

さて、パンツの方ですが、この場面のパンツは原書でunderpantsとなっています。また、リリーに「洗った方がいい」と言われた時とジェームズが脱がそうとしている時はpantsとなっています。
underpantsはズボン下と下着のパンツ、pantsはズボン(米国)と下着のパンツ(英国)の意味を持つようですから(新英和中辞典:研究社、エッセンシャル英和辞典:旺文社)やはり下着のパンツで間違いなさそうです。そして、灰色に汚れたパンツはgreying underpantsと表現されています。
厳密に言えば、「灰色になっているパンツ」ではないでしょうか??
ここは以前、コメント欄で書いたように、外側からついた汚れだと解釈したいところです。つまり内部からの汚れなら灰色ではなく、黄色系統の色になるはずだということです(力説)
つまりパンツとローブが接触することにより、ローブの黒い染料がパンツに付着してしまったということです(さらに力説)
おろしたての青いジーンズが白い下着を青く染めるように。魔法界の染料だってそんな性質がないとも言えません。
要するに、灰色が与える印象はそんなに不潔ではない、ということです(願望)

といっても、彼が洗濯を怠っているという事実は変わらないかもしれませんが(泣)
上記のようにローブはあまりタイトではなさそうです。パンツとの接触の機会だって余り無いかもしれません。毎日こまめに洗濯していれば気付かない程度の黒い染料、洗濯を怠れば蓄積していく灰色の汚れ。そんなことから、リリーは洗濯していないことを見抜き、洗濯を勧めたのかもしれません。
ところで洗濯は自分でするものなのでしょうか。
普段着のローブは3着用意するよう、また衣類には名前を書くよう1年の時のリストに指定されていました。2巻12章p.320では、洗濯物置き場からハーマイオニーがローブをくすねてきています。ローブはしもべ妖精が洗っているのではないかと思われます。クリーニングに出すように洗濯置き場に出すため、間違わないように名前を書く必要があるとか。
では下着は誰が洗っているのでしょうか。やっぱり自分なのでしょうか。
セブルス少年が自分でパンツを手洗いするとは到底思えません。スコージファイなどの呪文でしょうか。トンクスによれば家事に関する呪文なるものも存在するようだし(5巻3章p.89)
残念ですが、セブルス少年、家事呪文すら面倒なほどの無精者なのかもしれません(泣)

● COMMENT ●

過去のコメント

Unknown (鬼百合 じん。) 2006-05-06 08:24:55

初めまして、鬼百合と申します。
ここの考察は教授好きとして大変勉強になり、またHarry Potterをピンポイントで読み返すきっかけにもなるので、時間のある時一気に何回かまとめて読んでいます。
ローブの件は非常に説得力があり、これについてはずっと疑問に思っていたので、解消されて嬉しかったです。

ところで洗濯ですが、私はやはり時々はやっていたと思います。
私はセブルスがただ単に怠惰なために洗濯を怠っていたとは思えません。彼にとっては、知識欲を満たすことの方が、清潔感を保つことより余程重要だったのではないでしょうか?






知識欲 (二尋) 2006-05-06 11:22:41

鬼百合さん、はじめまして。
教授好きな方の参考になっているというのは、とても嬉しいです。読んでくださってありがとうございます。
>知識欲を満たすことの方が、清潔感を保つことより余程重要だった
ああ!そうですね。
彼にとって最優先すべきは知識欲を満たすことですよね。
ただの無精者みたいに書いてしまって、スネイプ先生・セブルス少年に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

コメントありがとうございました。またぜひ、いらしてくださいね。






下着と洗濯 (きじゅ) 2006-05-06 23:50:35

お邪魔します♪
ネグリジェ姿の年配の魔法使いですが、わたくし、彼は下着も履いていなかったものと思っていました。だって、爽やかな風って。
海外ファンフィクションを読んでいても(おそらくこのネグリジェシーンからの想像で)、「高齢の魔法使いは、たいていローブの下に何も(下着も)付けていない」というような描写を何度か目にしたのです。つまり、スネイプ先生やハリー達若い世代は、ローブの下に下着を履いているが、ダンブルドアくらいのお年寄り世代にはそのような習慣はないものと思っていたのです(ダンブルドアは流行に敏感そうなので履いていそうですが)。風が吹いてめくれたら…とか、箒に乗るときは…とか、いろいろ疑問点はありますけれども。どうなのでしょうね。うふふ。

あと、ホグワーツの寮生活における洗濯ですが、イギリスのとある寮制学校では、「下着など簡単なものは自分で洗濯」するみたいです(参考サイト:http://www.alc.co.jp/sabrd/jh/report/33.html)。イギリスの学校がモデルだとしたら、ホグワーツも同様かもしれませんね。
セブルス君が下着を洗濯している図を想像すると、とてもほほえましいですね。たとえそれがスコージファイだとしても。だってパンツですよ。パンツに向かってスコージファイ!
なんだか楽しいです






下着 (二尋) 2006-05-07 12:00:53

きじゅさん、こんにちは~。
そうか、老魔法使いはパンツも履いていなかったというわけですね。
年代によって下着に差があるのは日本も同じですからあり得ますね。明治くらいまで、女性は御こし(腰巻)だけで爽やかな風が通っていたでしょうしね!
あと、パジャマを着ているならパジャマのズボンはどうなんだ、という文も書きかけたのですが、自分の首を絞めそうで削除しました。でも、それも年代間の差とするなら頷けますね。
スネイプ先生はナイトシャツだし、やはりズボンは履かないのかもしれませんね。

ああ、セブルス少年がパンツに向かって杖を振っている姿を想像するとかわいくてたまりません。
地道に手洗いしている姿もかわいいですが。
それよりスネイプ先生はどうしているんでしょうね?
1枚ずつこまめにやるより、何枚かまとめて、面倒くさそうに杖を一振りしているのかもしれませんねっ♪



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://legilimens.blog68.fc2.com/tb.php/112-00de0d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ開設1周年 «  | BLOG TOP |  » いじめ 

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。