topimage

2015-08

かがんで脈を取る - 2015.08.17 Mon

今まで何度か話題にしてきたことですが、3巻で気絶させられた時のスネイプ先生の姿勢について、再度考えてみました。
これまで書いたことは、その都度文中からリンクするようにしてあります。(この問題についていかに私が関心を持っているかがわかってしまいますね)

まずは、日本語の描写をご覧ください。
「スネイプ先生はどうしますか?」
ハーマイオニーが首うなだれて伸びているスネイプを見下ろしながら小声で言った。
「こっちは別に悪いところはない」
かがんでスネイプの脈を取りながら、ルーピンが言った。(3巻18章p.491)

同じ部分の英語は
‘What about Professor Snape?’ said Hermione in a small voice, looking down at Snape’s prone figure.
‘There’s nothing seriously wrong with him,’ said Lupin, bending over Snape and checking his pulse.(UK版ペーパーバック大p.276)

以前、このブログでも、日記でも語っていますが、『proneの考察2008.4.23』『proneの衝撃2008.4.23』この場面の姿勢について改めて考えたいと思います。

“首うなだれて伸びている”という表現から、壁に激突したスネイプ先生が壁にもたれてうなだれている様子を想像したのですが、原文では「prone」といううつ伏せを表す言葉が使われているのに気付き、大きな衝撃を受けたのは、もう7年以上も前のことでした。

proneで画像検索すると、その姿勢が山ほど出てきますが、ほとんどが顔を下にしてうつ伏せになっている図です。
prone」(クリックで画像検索先に飛びます)

三人から同時に受けた武装解除呪文によって足元から吹っ飛び、壁に激突した先生は、ずるずると床に滑り落ちた時に足元から崩れるように座るように滑り落ちたのではなく、左右どちらかに傾いて滑り落ち、床に到達した時にうつ伏せになったのだな、と私はイメージを改めたのでした。

ところが、この記事を書いたずっと後、ポッターモアに描かれたこの場面のスネイプ先生は、壁にもたれてうなだれている姿勢でした!
prone.jpg
うなだれるスネイプ先生
非常に暗い絵ですが、部屋の隅で壁にもたれる形で半身起こしてうなだれているスネイプ先生の姿が描かれていました!
これは邦訳にあったように、“首うなだれて伸びているスネイプ”そのものだと思いました。

proneにはうつ伏せだけでなく、うつむき、という意味もあるので、そちらのイメージだったのでしょうか。画像検索で出てくるのはうつ伏せですが。
以前英会話の先生にproneについて尋ねた時も、二種類の姿勢を示してくれました。『個人授業2008.4.27』
ただ、ネイティブスピーカーのイギリス人の女性に尋ねたら、proneの単語を知らないと言ったので(『原書を再現2010.3.13}』)、やや特殊な言葉であるのは間違いなさそうです。

さて、今回問題にしたかったのは、もう一つあって、ルーピンの姿勢です。
かがんで脈を取っているんですね、ルーピンは。
かがむと訳された部分、英語はbend overで、それを画像検索すると、関係ない画像もたくさんヒットしてしまうので、bending overで検索してみました。「bending over
だいたい、「かがむ」の言葉でイメージする姿勢だと思います。膝は曲げないか軽く曲げる程度で腰を前に曲げる感じ。

で、何が言いたいのかと言うと、この姿勢で脈を取る時、一番自然なのが、壁にもたれた姿勢の頸じゃないか、」ということです。
床の上にうつ伏せになっているのなら、首も手首も床と同レベルのかなり低い位置にあり、しゃがまなければちょっと苦しいのでは?と思います。
ちなみにしゃがむに相当するのはsquat downではないかと思うのですが、その言葉で検索すると、こんな姿勢が出てきます「squat down」膝を曲げて腰を落とした姿勢、床上すぐ辺りの手首でも頸部でも脈が取り易そうです。

squat downという表現があるのにbend overを使ったのなら、ルーピンは、腰を曲げて、膝は曲げず(あるいは少し曲げて)、腰は落とさず、スネイプ先生の脈を取ったのではないでしょうか。

脈についても日記に書いたことがありますが(『息抜き2012.8.19』、手首より頸部の方が低い血圧を触知できるので、そういう意味でも、意識のない人の脈を取るには、頸の方が適しているのではないかと思います。

また、もし、proneを床にうつ伏せになっている図、だと解釈すると、うつ伏せになって頭から血を流している人間を、その場にずっと放置していたルーピン(とシリウス)の人間性まで疑わなければならなくなってしまうので、ここは壁にもたれたスネイプ先生の脈を、ルーピン先生が首でチェックした、と考えるのが妥当なのではないかと思います。

何度もイメージが覆されましたが、今は壁にもたれ、うなだれるスネイプ先生の頸に、ルーピン先生が腰を曲げ手を当て、脈を確認している図を想像しています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

拍手コメントについて

拍手コメントをいただいた時は、その記事のコメント欄にお返事いたします。

プロフィール

二尋

Author:二尋
スネイプ先生への愛を語らずにはいられません。         

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スクロール式になっています

前ブログからの訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード